舩橋晴雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舩橋 晴雄(ふなばし はるお、1946年(昭和21年)9月19日 - )は、日本官僚。元国土交通審議官。シリウス・インスティテュート代表取締役。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『イカロスの墜落のある風景――欧州経済史紀行』(創世記、1983年)
  • 『鎖国の窓――異文化の受容と拒絶』(東急エージェンシー出版部、1986年)
  • 『日本経済の故郷を歩く――蓮如から龍馬へ』(中央公論新社、2000年/中公文庫(上下)、2013年)
  • 『あらためて経済の原点を考える――日本人の知恵と経済倫理』(かんき出版、2001年)
  • 『新日本永代蔵――企業永続の法則』(日経BP社、2003年)
  • 『「企業倫理力」を鍛える――誇りある会社をつくるシリウス・メソッド』(かんき出版、2007年)
  • 『古典に学ぶ経営術三十六計』ウェッジ、2008年
  • 荻生徂徠の経営学 祀と戎』日経BP社、2010年
  • 『経済六変 歴史から読む60の知恵』日経プレミアシリーズ(新書)、2010年
  • 『中国経済の故郷を歩く』日経BP社、2014年
  • 『純和風経営論』中央公論新社、2015年
  • 『平安人物志 若冲・応挙・蕭白らを生んだ時代とその精神』中央公論新社、2016年
  • 『藝術経営のすゝめ 強い会社を作る藝術の力』中央公論新社、2018年