福田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 進(ふくだ すすむ、1948年昭和23年)8月26日 - )は、日本大蔵財務官僚奈良県吉野郡出身。

人物[編集]

1971年に大蔵省入省。同期入省者に、藤井秀人財務事務次官)、寺澤辰麿(国税庁長官)、高木祥吉金融庁長官)、坂井隆憲などがいる。

主として主税畑でキャリアを積んだ。財務省退官後、損害保険協会副会長を務め、麻生内閣の内閣官房副長官補に就任。なお、右翼活動家(防共挺身隊に関係する)福田進とは別人物。

経歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『東大人名録,第1部』1986年発行、51ページ
  2. ^ (日本語) 内閣官房副長官補 福田進”. 内閣官房ホームページ (2008年). 2012年8月19日閲覧。
  3. ^ a b c d [1]丸紅

外部リンク[編集]


先代:
大武健一郎
国税庁次長
2001年 - 2003年
次代:
村上喜堂
先代:
大武健一郎
財務省主税局長
2004年 - 2006年
次代:
石井道遠
先代:
坂篤郎
内閣官房副長官補(内政担当)
2008年 - 2010年
次代:
佐々木豊成