日本不動産研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般財団法人 日本不動産研究所
Japan Real Estate Institute
種類 一般財団法人
略称 JREI
不動研
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区海岸1-2-3
汐留芝離宮ビルディング19・20階
設立 1959年
業種 不動産シンクタンク
法人番号 2010405009567
事業内容 不動産に関する理論的・実証的研究
鑑定評価
コンサルティング業務
代表者 理事長 福田進
従業員数 526人(2013年7月1日現在)
関係する人物 中島康典(顧問)
外部リンク http://www.reinet.or.jp
テンプレートを表示

一般財団法人日本不動産研究所 (にほんふどうさんけんきゅうしょ、英文名称:Japan Real Estate Institute、略称:JREI)は、東京都港区虎ノ門に本社を置く、不動産の鑑定評価などを行う民間団体。「不動産に関する理論的及び実証的研究の進歩改善を促進し、その普及実践化と実務の改善合理化を図ること」を目的に掲げているが[1]、公益法人ではなく、不動産鑑定評価やコンサルティングなどを収益事業として展開しており[2]不動産鑑定業者一級建築士事務所補償コンサルタント建設コンサルタントなどの事業者登録を行なっている[3]

沿革[編集]

不動産鑑定業務は、戦前から日本勧業銀行法の定めに基づいて日本勧業銀行が担っていたが、1950年に同法が廃止され、日本勧業銀行が普通銀行へと転換した後、新たに鑑定業務を担う機関として1959年に財団法人日本不動産研究所が設置された[1]。その後の法人制度の改革により、2011年一般財団法人へ移行した[1]2016年、本社を虎ノ門から汐留芝離宮ビルに移転。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c よくあるご質問 組織について”. 一般財団法人 日本不動産研究所. 2013年10月11日閲覧。
  2. ^ 平成24年9月期 事業活動のご案内 (PDF)”. 一般財団法人 日本不動産研究所 (2012年9月30日). 2013年10月11日閲覧。
  3. ^ 研究所について 研究所概要”. 一般財団法人 日本不動産研究所. 2013年10月11日閲覧。