福田晋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 晋(ふくだ すすむ、1957年 - )は、日本の農業経済学者九州大学教授。宮崎県宮崎市出身[1]

1980年九州大学農学部卒業。1986年九州大学大学院博士課程修了。

学位[編集]

  • 九州大学農学博士(1986年)論文は 「九州における農業土地基盤整備事業の経済的効果に関する研究」[2]

職歴[編集]

  • 1985年 日本学術振興会特別研究員
  • 1988年 宮崎大学農学部 講師
  • 1992年 宮崎大学農学部 助教授
  • 2001年 九州大学大学院農学研究院 助教授
  • 2009年 九州大学大学院農学研究院 教授
  • 2017年 九州大学大学院農学研究院長・農学部長

研究分野[編集]

  • 食料流通学
  • 農業経済学[1]

著書[編集]

  • 『東アジアにおけるフードシステムの交差』(2004年、九州学術出版振興センター)ISBN 978-4901822022
  • 『食品の安全・安心の経済分析』(2008年、九州学術出版振興センター)ISBN 978-4901822084
  • 『西日本複合地帯の共生農業システム―中四国・九州』(2009年、農林統計協会)ISBN 978-4541036186
  • 『東アジアにおける食を考える―信頼できるフードチェーンの構築に向けて』(2010年、九州大学出版会)ISBN 978-4798500225

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 創刊70周年企画-人口減 未来図”. 宮崎日日新聞 (2010年1月7日). 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]