佐々木豊成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Toyonari Sasaki.jpg

佐々木 豊成(ささき とよなり、1953年昭和28年)4月1日 - )は、日本の大蔵財務官僚

財務省理財局長2010年平成22年)から2013年(平成25年)4月3日[1]まで、内閣官房副長官補を経て、同年4月5日から2016年1月12日まで内閣官房副長官補付内閣審議官TPP政府対策本部国内調整総括官[2]。退官後、一般社団法人生命保険協会代表理事副会長、ウシオ電機株式会社取締役

人物・経歴[編集]

佐賀県出身。ラ・サール高等学校卒業。父親の「医者になるよりも、国のために何か大きな仕事に就いたほうがいい」という言葉が影響で弁護士国家公務員を目指し、東京大学法学部へ進学[3]司法試験国家公務員上級甲種試験の両方に合格。1976年昭和51年)東京大学法学部第1類(私法コース)を卒業して[4]、大蔵省に入省する(配属先は大臣官房秘書課[5])。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 内閣官房副長官補の任命について”. 首相官邸ホームページ (2013年4月2日). 2014年3月9日閲覧。
  2. ^ (日本語) 甘利内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成25年4月5日”. 内閣府ホームページ (2013年4月5日). 2014年3月9日閲覧。
  3. ^ 公務員40年を振り返って 東進タイムズ 2019年12月1日号
  4. ^ 『東大人名録,第1部』1992年発行、46ページ
  5. ^ 『大蔵省名鑑 1997年』時評社、1996年12月発行、47頁
  6. ^ 財務省 幹部名簿(平成15年7月31日時点)Archived 2003年8月1日, at the Wayback Machine.)
  7. ^ (日本語) 佐々木 豊成 - 内閣官房副長官補”. 内閣官房ホームページ. 2014年3月9日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ 「TPP総括官の推薦願取り下げへ 佐賀知事選で自民支部」朝日新聞2014年12月1日
  10. ^ TPP国内調整総括官に宮内氏を起用 政府対策本部
  11. ^ 生保協、顧問に佐々木氏迎える日本経済新聞
  12. ^ a b 2020年3月期 有価証券報告書2020(2020年3月期) PDF(985KB)ウシオ電機
  13. ^ 副会長および委員会委員長の内定について一般社団法人生命保険協会

外部リンク[編集]

先代:
福田進
内閣官房副長官補(内政担当)
2010年 - 2013年
次代:
古谷一之
先代:
新設
内閣官房TPP政府対策本部国内調整統括官
2013年 - 2016年
次代:
宮内豊