室長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

室長(しつちょう)とは、企業官公庁省庁など、組織部署における一室の責任者を指す呼称である。

概要[編集]

官職ないし役職としては中間管理職に相当し、組織の中堅幹部である。一定の業務を束ねる室の事務指導・監督的立場にある者をいう。ほぼ組織に関わりなく序列が決まっている部長、課長、係長などと異なり、位置づけは組織によって(特に官庁と民間で)大きく異なる。

日本の公務員等においては課長と課長補佐(もしくは室長補佐、上席係長など)の間に置かれる場合が多い。本省勤務の国家公務員では俸給7級・8級に該当し、これらは高級官僚と呼ばれる範疇である。中央省庁における室長級分掌官には企画官、専門官などがある。

民間企業においては部長と課長の中間、または部長と同格というケースが多く、その場合は部よりも人数的にやや小規模なセクションを室と称するケースが多い。室長の下に課がいくつか置かれたりすることもある。秘書室長、社長室長のように小規模であっても中枢部門を統括したり、室長取締役(場合によっては室長常務取締役、室長専務取締役も)というケースも上場企業をふくめ多数見られる。こうした、組織の最高幹部待遇としての室長は官庁ではほとんど例がない。この官民の差は、課長という役職が特に中央官庁では民間のそれに比べて相対的に高い(数百人を束ねることも少なくない)こととも関連している。

出典[編集]