シニア・バイス・プレジデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シニア・バイス・プレジデント英語: senior vice-president、略語:SVP)は、外国、特に米国法人企業および、その日本の支店若しくは子会社外資系企業)等において、法人 (corporation) の代表者であるプレジデント (president) を補佐又は代理する上席の役員の名称、若しくはシニア・バイスプレジデントとして選任された人物のことである。

概要[編集]

米国法人 (corporation) のシニア・バイスプレジデント (SVP) は、非営利法人であっても営利法人(株式会社)であってもプレジデント (president) を補佐する役員 (officer) であるバイスプレジデント(VP)のうち、上席のバイスプレジデント(VP)に付与される名称である。

シニア・バイスプレジデント (SVP) は、通常、エグゼクティブ・バイスプレジデント (EVP) に次ぎ、コーポレート・バイスプレジデント (CVP) 若しくはバイスプレジデント (VP) より上位の職位である。

会社のSVPは日本語では、直訳で上席副社長または上級副社長と訳されることがあるが、日本における社長に準じる地位としての副社長よりも下の役職である。会社によって異なるが、役員としては比較的若手がなる業務担当執行役員に付けられることが多いようである。

米国のSVPは英国のエグゼクティブ・ディレクター (executive director; ED)、又はディレクター (director) に相当する。 日本の会社においては、常務または専務英訳として使用される場合が多い。

関連項目[編集]