大武健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大武 健一郎(おおたけ けんいちろう[1]1946年(昭和21年)7月10日[2] - )は、日本官僚。元国税庁長官。ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授。東京都出身[3]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『図説日本の税制 平成4年度版』(編著、財経詳報社、1992年)
  • 『法人税関係法規集 平成5年版』(監修、税務研究会出版局、1993年)
  • 『データで示す日本の大転換――「当たり前」への回帰』(かんき出版、2005年)
  • 『税財政の本道――国のかたちを見すえて』(東洋経済新報社、2006年)
  • 『平成の税・財政の歩みと21世紀の国家戦略』(納税協会連合会、2006年)
  • 『大変!』(かんき出版、2009年)

脚注[編集]

  1. ^ a b TKC全国会のすべて
  2. ^ a b c d e f 大塚ホールディングス株式会社第1期有価証券報告書
  3. ^ a b 大武健一郎「〔講演〕大変!―しなやかに、ねばり強く―」『証券レビュー』第49巻第6号(2009年6月)
  4. ^ 昭栄株式会社第80期有価証券報告書
先代:
寺澤辰麿
国税庁長官
2004年 - 2005年
次代:
木村幸俊