迫田英典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

迫田 英典(さこた ひでのり、1959年10月11日[1] - )は、日本財務官僚

山口県豊北町(現下関市豊北町)出身[2]山口県立山口高等学校卒業[2]1982年東京大学法学部卒業、大蔵省入省[2][3]竹下内閣内閣総理大臣秘書官補、金融庁信用機構室長、2002年徳島県庁企画総務部長[4]東京国税局徴収部長、関東信越国税局[5]主計局次長、2014年財務省大臣官房総括審議官を経て、2015年7月理財局[3]2016年6月17日、第47代国税庁長官[5][6]

2017年3月24日、参議院予算委員会武内良樹と共に参考人招致された[7][8]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]