田中修 (中国研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 修(たなか おさむ、1958年 - )は、日本の中国研究者、財務官僚。元税務大学校長。東京都出身。

経歴[編集]

1977年東京都立西高等学校卒業[1]1982年 東京大学法学部第2類(公法コース)卒業、大蔵省入省(大臣官房文書課)。入省同期に片山さつき福田淳一佐川宣寿迫田英典ら。

1985年7月には運輸省運輸政策局総合計画課の総合交通係長として出向し、1987年7月より足利税務署長として1年間地方勤務を行う。翌1988年7月には国税庁調査査察部の課長補佐。1996年から1999年まで外務省在中国日本国大使館経済部に一等書記官、2000年には同参事官として勤務。帰国後、2000年 財務省主計局主計企画官(財政分析担当)。2001年 財務省主計局主計企画官(財政分析、政策評価担当)。2002年 財務省主計局主計官(内閣、司法・警察、財務係担当)。2003年 信州大学経済学部(現・経法学部応用経済学科)教授。2005年 内閣府政策統括官(経済財政運営担当)付参事官(予算編成基本方針担当)兼内閣府「道州制特区」推進担当参事官。2007年 財務総合政策研究所研究部長。2010年 財務総合政策研究所次長。2015年 財務総合政策研究所副所長兼財務省大臣官房政策評価審議官。2016年 財務総合政策研究所副所長兼税務大学校校長。2017年 退官、財務総合政策研究所特別研究官(中国研究交流顧問)。2018年4月奈良県立大学特任教授。2018年12月日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター上席主任調査研究員。2019年4月拓殖大学大学院経済学研究科客員教授[2][3]

著書[編集]

  • 『中国第十次五ヵ年計画―中国経済をどう読むか?―』蒼蒼社.2001
  • 『新中国事情』大蔵財務協会.2001
  • 『検証 現代中国の経済政策決定-近づく改革開放路線の臨界点-』日本経済新聞出版社,2007(第20回アジア・太平洋賞受賞)
  • 『2011~2015年の中国経済―第12次5ヵ年計画を読む―』蒼蒼社 2011
  • 『世界を読み解く経済思想の授業 スミス、ケインズからピケティまで』日本実業出版社,2015
  • 『日本人と資本主義の精神』ちくま新書 2017

脚注[編集]

外部サイト[編集]