小西洋之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小西 洋之
こにし ひろゆき
生年月日 (1972-01-28) 1972年1月28日(45歳)
出生地 日本の旗 徳島県徳島市
出身校 徳島大学医学部(中退)
東京大学教養学部
コロンビア大学国際・公共政策大学院修士課程
前職 国家公務員郵政省総務省
所属政党 民主党→)
民進党野田グループ
称号 学士(教養)
修士
公式サイト 小西ひろゆき公式サイト

選挙区 千葉県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年 - 現職
テンプレートを表示

小西 洋之(こにし ひろゆき、1972年1月28日 - )は、日本政治家、元郵政総務官僚民進党所属の参議院議員。2010年、2016年参議院選挙当選。2期目。

来歴[編集]

徳島県徳島市に生まれ、生後間もなく千葉県習志野市へ転居。徳島市立高等学校卒業後、徳島大学医学部に入学するも2年で中退し、東京大学教養学部に入学した。東大在学中に国家公務員を志望し、1年留年して翌年に合格。1998年、大学を卒業。郵政省に入省し、通信政策局総務課に配属された。郵政官僚時代はITベンチャー支援をはじめ、情報通信政策などの関わり、農林水産省経済産業省への出向も経験した。2002年人事院の研修制度によりアメリカ合衆国コロンビア大学国際・公共政策大学院修士課程に入学し、2004年に修士号を取得した。帰国後は総務省に復職し、併せて東京大学で医療政策人材養成講座を受講し、医療政策研究に従事した。2010年、総務省情報流通行政局衛星・地域放送課課長補佐を最後に退官[1]

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙民主党公認で千葉県選挙区(定数3)から出馬、初当選。得票数535,632票でトップ当選。

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙民進党公認で千葉県選挙区(定数3)から出馬、二度目の当選。得票数472,219票で3番手の当選。

政策・主張[編集]

安保関連法案[編集]

文書に賛同した19人は衆議院議員では、小西のほか、民主党の篠原孝生方幸夫・社民党の吉川元、参議院議員では民主党の蓮舫小川敏夫藤田幸久相原久美子有田芳生石橋通宏難波奨二野田国義大島九州男田城郁徳永エリ森本真治・社民党の吉田忠智福島瑞穂又市征治だった[2]

「昭和47年政府見解の読み替え」に関する質疑[編集]

2015年3月、安倍内閣の行った「7.1閣議決定」(2014年7月1日)の根拠が、「昭和47年政府見解」であり、同見解内に記載されている「外国の武力攻撃によって」との文言を、「同盟国に対する」も含むと勝手に読み替えたものであることを、情報公開請求手続き等により解明したと主張している[3]。2015年3月24日の委員会質疑では、(昭和47年政府見解の)「同盟国に対する外国の武力攻撃ということもここに概念的に含まれるというふうに考え出したのは、横畠長官、あなたが初めての法制局長官ということでよろしいですね」、と横畠裕介内閣法制局長官に質問した。これに対し横畠長官は「同様に考えていた者がいるかは存じませんが、この昭和47年政府見解そのものの組み立てから、そのような解釈、理解ができる。」と答弁した[4]

NHK経営委員の交代を要求
2014年3月12日、参議院予算委員会の質疑において、日本国憲法を批判していたNHK経営委員の長谷川三千子について「こういう方がこの世にいるのかと驚いた」「NHK経営委員として適格ではない」と批判した。それに対し、安倍晋三首相は「居丈高にならず落ち着いて聞いてほしい」「自分と考え方の違う人の存在を許さないという狭量な考え方は、極めて危険と言わざるを得ない」と答弁した[5]
また上記の質疑において、安倍政権下で任命された経営委員の顔ぶれについて、戦後初めて経営委員会に東北地方の代表者がおらず、全国各地方の公平性の考慮を規定している放送法に違反するとして長谷川三千子、百田尚樹両経営委員の罷免を要求した[6]

日本国憲法[編集]

参議院予算委員会における安倍首相への質疑
2013年3月29日、参議院予算委員会において安倍晋三首相に対し、日本国憲法の中で最も大切な条文を挙げるよう切り出し、「包括的な人権保障、包括的な人権規定と言われる条文は何条ですか」と質問した[7]。これに答えられなかった安倍から「クイズのような質問は生産的ではない」「そういう子供っぽいことはやめて」と言われたが[8][9]、小西は「私は知っています。今総理が答えられなかったことは、大学で憲法学を学ぶ学生が1学期でみんな知っていることですよ」「憲法13条が分からないというのは、これは驚愕の事実ですよ、総理。あきれます」と反論した[8]
また自由民主党が発表している憲法改正草案について「目的、内容で憲法十三条を公益及び公の秩序と変えるのか」と質問し、参考人質疑における参考人の説明の中で名前の出た芦部信喜に関し、安倍に「今述べられました芦部信喜さんという憲法学者、ご存知ですか」と尋ねた。安倍の「私は存じ上げておりません」という答弁に対し、「では、高橋和之さん、あるいは佐藤幸治さんという憲法学者はご存知ですか」と重ねて質問したが、安倍は「申し訳ありません、私は余り、憲法学の権威ではございませんので、学生であったこともございませんので、存じ上げておりません」と答弁した[8][10]。安倍の答弁に対し、「憲法学を勉強もされない方が憲法改正を唱えるというのは私には信じられないことなんですけれども。今私が聞いた3人は、憲法を学ぶ学生だったら誰でも知っている日本の戦後の憲法の通説的な学者です」と述べ、安倍の「認識不足」を批判した[8]
憲法9条にノーベル平和賞を
2014年5月22日、野党7党及び無所属国会議員計60名によって提出された、駐日ノルウェー大使館を通じてノーベル賞委員会に対し、日本国憲法第9条ノーベル平和賞を授与するよう求める文書に名前を連ねた[11]

その他[編集]

人物[編集]

姉と妹2人の4人兄弟。既婚。趣味は空手[13]テニスサッカー等。ニックネームは「コニタン」[14]

発言・行動等[編集]

参議院予算委員会における発言
2015年3月20日の参議院予算委員会において、集団的自衛権の行使を容認する2014年7月の憲法解釈変更の閣議決定について、「安倍晋三首相が行ったことは法令解釈ではない。日本の法秩序を根底から覆すクーデターだ」「憲法を何も分からない首相とそれを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団」と発言した。直後に岸宏一予算委員長から「発言中に不適切な言質があるとの指摘があった。十分気をつけて発言をお願いしたい」と注意を受け、「日本の法の支配を思うあまり不適切な発言があったらおわびしたい」と述べた[15]が、「不適切な発言があったらおわびしたい」と謝罪したと報じた産経新聞の21日付の記事について「謝罪はしていない」「『後日の議事録の調査で不適切発言が確認されたのならおわびする』と述べただけ」と「謝罪」については否定した[16]
平和安全法制の採決の際の行動
採決の際自民党議員などが反対派議員の採決妨害を阻止するため議長席を囲んだ際、小西は議長席に飛び込んだが、自民党の佐藤正久に拳で払いのけられた。これについて、小西は顔を殴られたと主張している[17]
安保法制をめぐるtwitterでの「自衛隊員は他国の子供を殺傷する使徒」発言
2015年9月30日、小西は自身のtwitterに「自衛隊員の母親の望みも虚しく、自衛隊員は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になるのである」と記したが、非難を受け削除した。翌10月1日のtwitterで「自衛隊の集団的自衛権行使を受ける国の子供達は自衛隊員を『恐怖の使徒』と思うだろう。違憲立法から自衛隊員を救わなければならない」との投稿に差し替えた。[18]
テロ等準備罪をめぐるtwitterでの「国外亡命覚悟」発言
2017年04月19日、自身のtwitterで「共謀罪が成立すると本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」との表現で法案を批判した。この発言に対して民進党の野田佳彦幹事長は、「(小西は)とかく表現が過激になりがちなので、全体としてこの問題を含めてよく指導していきたい」と、党の立場から苦言を呈した[19]

政治資金[編集]

自著の買取[編集]

2014年に自費出版した自著の購入代として約319万円を支出している[20]。2015年9月9日には、小西の著書「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり」約1200冊分の購入代金19万4千円を出版社に支出し、同年11月と12月にも再び同書購入代金計約260冊分約42万円を支出している[20]。さらに、2015年に別の出版社が発行している「日本を戦争する国にしてはいけない」約320冊の購入代金23万5千円を支出している[20]

産経新聞の取材に対して、小西は、「出版不況の中、著者が買い取りしないと出版できない。安い印税は入っているが、まっとうな政治活動だと思っている。政党交付金は使っていない」と述べている[20]

年譜[編集]

著書[編集]

  • いじめ防止対策推進法の解説と具体策 2014/3/5
  • 私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり ―専守防衛の力と「安保法制」違憲の証明 2015/8/18
  • 日本を戦争する国にしてはいけない~違憲安保法案「ねつ造」の証明~ 2015/8/26

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール
  2. ^ 米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら 産経新聞 2014年4月21日
  3. ^ http://konishi-hiroyuki.jp/annpo/小西ひろゆき公式ホームページ
  4. ^ http://konishi-hiroyuki.jp/wp-content/uploads/g0324.pdf小西ひろゆき公式ホームページ「平成27年3月24日参議院外交防衛委員会 議事録」
  5. ^ “批判一辺倒の民主・小西氏を安倍首相諭す 「考え違う人を許さないのは狭量、危険」”. 産経新聞. (2014年3月12日). http://www.sankei.com/politics/news/140312/plt1403120006-n1.html 2015年3月1日閲覧。 
  6. ^ “東北代表不在は放送法違反=NHK経営委人選で民主議員指摘”. 時事通信. (2014年3月12日). http://archive.fo/y1rTt 2015年3月1日閲覧。 
  7. ^ 2013-03-29 第183回国会 参議院 予算委員会 8号 kokalog - 国会議事録検索 #kokalog
  8. ^ a b c d 参議院会議録 第183回国会 予算委員会 第8号 平成25年(2013年)3月29日
  9. ^ “「そういう子供っぽいことやめて」首相、民主・小西氏にあきれ顔”. 産経新聞. (2013年3月30日). http://www.sankei.com/politics/news/130329/plt1303290005-n1.html 2015年3月1日閲覧。 
  10. ^ “安倍首相「有名な憲法学者」の名にポカン「芦部信喜知らないって…」支持者もドン引き”. J-castニュース. (2010年3月30日). http://www.j-cast.com/2013/03/30171884.html?p=all 2015年3月1日閲覧。 
  11. ^ “憲法9条にノーベル平和賞を”. 時事通信. (2014年5月22日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201405/2014052200880&g=/ 2015年3月1日閲覧。 
  12. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧))
  13. ^ konishihiroyukiのツイート (14091998532)
  14. ^ プロフィール-参議院議員:小西ひろゆき(小西洋之)公式サイト”. 小西ひろゆき 公式WEBサイト. 2015年10月7日閲覧。
  15. ^ “「憲法を何も分からない首相とそれを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団…」民主・小西氏が発言し謝罪 参院予算委”. 産経新聞. (2015年3月20日). http://www.sankei.com/politics/news/150320/plt1503200023-n1.html 2015年3月30日閲覧。 
  16. ^ “民主・小西氏、謝罪報道に「謝罪していない」と反論 参院予算委での「狂信的な官僚集団」発言”. 産経新聞. (2015年3月21日). http://www.sankei.com/politics/news/150321/plt1503210024-n1.html 2015年3月30日閲覧。 
  17. ^ [1]
  18. ^ 民主・小西洋之氏「自衛隊員は他国の子供を殺傷する使徒」→ツイッター削除し「自衛隊員を救わなければ」に変更 産経新聞 2015年10月2日
  19. ^ 民進・野田佳彦幹事長、小西洋之氏に「よく指導していきたい」 「国外亡命覚悟」ツイートに苦言 産経新聞 2017年04月24日
  20. ^ a b c d “「菅直人を応援する会」事故損賠、山尾志桜里氏「ガソリンプリカ」…ザル法でやりたい放題のセンセイ”. 産経新聞. (2017年1月2日). http://www.sankei.com/premium/news/170102/prm1701020026-n5.html 2017年6月2日閲覧。 

外部リンク[編集]