高橋衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 衛(たかはし まもる、1903年2月26日 - 1986年4月26日)は、日本の台湾総督府大蔵官僚政治家参議院議員経済企画庁長官

経歴[編集]

福井県武生市出身。高橋茂平の長男として生まれる。武生中学第四高等学校を経て、1927年3月、東京帝国大学経済学部経済学科を卒業。1926年11月、高等試験行政科試験に合格。1927年4月、台湾総督府属となり財務局に配属。新竹州内務部教育課長、総督官房審議室、兼台湾総督府秘書官などを歴任。1937年3月から1939年2月まで欧米各国に出張した。

1939年7月、台湾総督府財務局主計課長に就任。太平洋戦争を迎え、1942年11月から翌年10月まで海軍ボルネオ民政部タラカン支部長を務める。その後、台湾総督府財務局長を経て、台北州知事として終戦を迎えた。

戦後、1946年6月、大蔵事務官に転じ神戸税関長心得に就任。広島財務局長を経て、1949年6月に初代国税庁長官に就任し、シャウプ勧告による税制改革を実施した。1952年12月に退官。

1953年4月、第3回参議院議員通常選挙全国区自由党から出馬し初当選。その後、福井地方区に転じ第5回第7回参議院議員通常選挙で再選され3期務めた。1971年6月の第9回参議院議員通常選挙に出馬したが落選。

参議院議員としては、参院自由民主党国会対策委員長などを務める。また、第2次岸内閣農林政務次官第1次佐藤内閣第3次池田内閣国務大臣・経済企画庁長官に就任した。

その他、日本税理士連合会会長、日本学協会の設立準備委員会監事、武生郷友会理事長を務めた。1986年6月26日死去。享年83。

参考文献[編集]


公職
先代:
宮澤喜一
日本の旗 経済企画庁長官
第14-15代:1964年 - 1965年
次代:
藤山愛一郎