福田淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 淳一(ふくだ じゅんいち、1959年〈昭和34年〉10月18日[1][2]-)は、日本財務官僚

岡山県出身[3]。妻は高石邦男文部事務次官の娘であり、篠沢恭助の紹介で見合い結婚した[4]

神奈川県立湘南高等学校卒業[5]旧司法試験合格[5]東京大学法学部卒業[5]1982年大蔵省入省[3]。82年入省組は、渡辺美智雄蔵相の変わり者を採用すべしとの発案で、中島義雄秘書課企画官の裁量で多様な人材が採用されたが、1名の自殺者、1名の病死者、大蔵省接待汚職事件での1名の逮捕者、同事件での処分を受けた退職者1名などが出た。当時の秘書課長を務めた小粥正巳は、後年「人間の評価っていうのは難しいな」と述べている。82年入省同期組には、片山さつき(自民党参議院議員)、迫田英典(元国税庁長官)、佐川宣寿(元国税庁長官)、遠藤俊英(金融庁長官)、田中修(元税務大学校長)などがいる[6]

2004年財務省主計局主計官(厚生労働係担当)。

2006年財務省主計局法規課長

2008年財務省大臣官房総合政策課長。

2009年財務省大臣官房参事官

2011年財務省主計局次長

2014年財務省大臣官房長

2015年財務省主計局[5]

2017年7月5日から財務事務次官を務め、森友学園問題では、佐川宣寿国税庁長官の聴取を行った[7]

2018年4月、複数の女性記者セクハラを行っていたと報じられたことについて、麻生太郎財務大臣より訓戒処分[8]

2018年4月18日麻生太郎財務大臣に辞任の申し出を行う[9]

2018年4月24日閣議で辞任が了承され依願退官[10]

2018年4月27日、矢野康治官房長が会見で、十分な反論・反証がなされていないことを理由にセクハラ行為が認定されたとして、減給20%・6カ月の懲戒処分に相当すると発表した[11]

退官後、SBI大学院大学委託講師として、「経済政策の理論と実際」や「財政と社会保障の理論と実際」を講じた[12]

セクハラ報道[編集]

2018年4月12日発売の週刊新潮で、福田を取材していたテレビ朝日の女性記者に対してセクハラ行為を行っていたと掲載した[13]。週刊新潮は、福田が飲食店内において記者に対して「抱きしめていい?」、「胸触っていい?」、「手縛っていい?」などといった発言を繰り返していたとYouTubeで音声を公開している[13]。報道について、財務大臣麻生太郎は福田本人からセクハラについて釈明があったとした上で、緊張感を持って行動するように注意したことを明らかにした[13]

財務省は銀座総合法律事務所の加毛修日本弁護士連合会副会長らに調査を依託し、加毛弁護士らにより、匿名でのものをも可とする形で情報提供の呼びかけがなされた[14]。同年4月23日には、内閣府男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門調査会(会長:辻村みよ子明治大学教授/東北大学名誉教授)において「あってはならない人権侵害」であるなどとする緊急声明が発表された[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成30年12月21日(本紙 第7415号)
  2. ^ 「福田淳一」前財務次官を救った「弁護士資格認定制度」(デイリー新潮)
  3. ^ a b “財務次官 福田淳一氏 組織で力、荒波に挑む”. 日本経済新聞. (2017年7月6日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO18527100V00C17A7EE8000/ 2018年3月12日閲覧。 
  4. ^ 「週刊新潮」2017年8月17・24日夏季特大号 掲載
  5. ^ a b c d “毎日フォーラム・霞が関ふるさと記 神奈川県(1)”. 毎日新聞. (2016年6月15日). https://mainichi.jp/articles/20170309/org/00m/010/028000c 2018年3月12日閲覧。 
  6. ^ 「大蔵『57年入省組』呪われた16年ー逮捕あり、自殺あり、退職あり…」「週刊文春」(98.5.28)
  7. ^ 「「逮捕者出かねない」…森友改竄、『地検vs財務省』『官邸vs法務・地検』の暗闘」ZAKZAK
  8. ^ 「セクハラ疑惑次官、調査・処分せず=不祥事相次ぐ財務省」時事通信2018/04/12-19:57
  9. ^ 「セクハラ疑惑の福田財務次官が辞任へ 麻生財務相が発表」」朝日新聞デジタル2018年4月18日
  10. ^ 「政府福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑」毎日新聞2018年4月24日
  11. ^ 「福田前次官のセクハラ認定、「懲戒処分に相当」と財務省」ロイター通信April 27, 2018
  12. ^ 「教員詳細」SBI大学院大学
  13. ^ a b c “セクハラ報道の事務次官処分せず 麻生氏「反省あった」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年4月12日). https://www.asahi.com/articles/ASL4D45Z2L4DULFA00F.html 2018年4月13日閲覧。 
  14. ^ 顧問弁護士「匿名も情報受ける」財務次官セクハラ疑惑の調査で佐賀新聞4/18 15:39
  15. ^ 「政府調査会、セクハラ疑惑で財務省批判」2018.4.23 20:55 共同通信