福田淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福田 淳一(ふくだ じゅんいち)は、日本財務官僚

岡山県出身[1]。妻は高石邦男文部事務次官の娘。篠沢恭助の紹介で見合い結婚した[2]

神奈川県立湘南高等学校卒業[3]旧司法試験合格[3]東京大学法学部卒業[3]1982年大蔵省入省[1]。82年入省組は、渡辺美智雄蔵相の変わり者を採用すべしとの発案で、中島義雄秘書課企画官の裁量で多様な人材が採用されたが、1名の自殺者、1名の病死者、大蔵省接待汚職事件での1名の逮捕者、同事件での処分を受けた退職者1名などが出た。当時の秘書課長を務めた小粥正巳は、後年「人間の評価っていうのは難しいな」と述べている。82年入省同期組には、片山さつき(自民党参議院議員)、迫田英典(元国税庁長官)、佐川宣寿(元国税庁長官)などがいる[4]

2004年財務省主計局主計官(厚生労働係担当)。

2006年財務省主計局法規課長

2008年財務省大臣官房総合政策課長。

2009年財務省大臣官房参事官

2011年財務省主計局次長

2014年財務省大臣官房長

2015年財務省主計局[3]

2017年7月5日財務事務次官

森友学園問題では、佐川宣寿の聴取を行った[5]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b “財務次官 福田淳一氏 組織で力、荒波に挑む”. 日本経済新聞. (2017年7月6日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO18527100V00C17A7EE8000/ 2018年3月12日閲覧。 
  2. ^ 「週刊新潮」2017年8月17・24日夏季特大号 掲載
  3. ^ a b c d “毎日フォーラム・霞が関ふるさと記 神奈川県(1)”. 毎日新聞. (2016年6月15日). https://mainichi.jp/articles/20170309/org/00m/010/028000c 2018年3月12日閲覧。 
  4. ^ 「大蔵『57年入省組』呪われた16年ー逮捕あり、自殺あり、退職あり…」「週刊文春」(98.5.28)
  5. ^ 「「逮捕者出かねない」…森友改竄、『地検vs財務省』『官邸vs法務・地検』の暗闘」ZAKZAK