高木祥吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 祥吉(たかぎ しょうきち[1]1948年(昭和23年)5月22日 - )は、日本大蔵金融官僚金融庁長官ゆうちょ銀行社長日本格付研究所社長を歴任。徳島県出身[1]

人物・経歴[編集]

徳島県徳島市南前川町出身。父は助任川周辺の材木店街に店を構える材木商。小学校時代に徳島市北前川町に転居。小中学校時代の得意科目は体育で、ローラースケートを好んで遊んでいたが、余り勉強はしなかった。高校時代に数学が好きになり、他の授業は聞かずに2年生までに高校の全範囲を終えた。数学科への進学も考えたが、親の勧めで東京大学法学部に進学。東大紛争のため講義が少なく、独学で公務員試験の勉強を行い合格。東大紛争のため卒業が遅れ、1971年6月に東京大学を卒業し同年大蔵省入省。金融庁長官を最後に退官し、 日本郵政公社副総裁、ゆうちょ銀行社長などを歴任した[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

同期[編集]

脚注[編集]

公職
先代:
森昭治
日本の旗 金融庁長官
2002年 - 2004年
次代:
五味廣文
ビジネス
先代:
(新設)
ゆうちょ銀行社長
初代:2007年 - 2009年
次代:
井澤𠮷幸