杉本和行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉本 和行(すぎもと かずゆき、1950年昭和25年)9月13日 - )は、日本財務官僚弁護士内閣総理大臣事務担当秘書官財務省大臣官房総括審議官大臣官房長主計局長財務事務次官みずほ総合研究所理事長を経て、2013年3月から2020年9月まで公正取引委員会委員長を務めた。

人物[編集]

兵庫県姫路市出身[1]東大紛争が激しさを増し、入試が取り止めになったため、京都大学に入学する。しかし、入学式の時からバリケードができており、1年間授業が開講されなかったため、再受験し、東京大学文科一類に入学し直す[2]東京大学法学部第1類(私法コース)卒業[3]。東大在学中に司法試験国家公務員上級甲種試験に合格。進路で多少の迷いがあったものの、「官界、とりわけ大蔵省(当時)は国内関係から国際関係まで幅広い分野の仕事ができる」と感じ[2]1974年4月 大蔵省(現・財務省)に入省する。大臣官房文書課配属[4]森喜朗内閣総理大臣事務担当秘書官主計局次長(末席)、主計局次長(次席)、主計局次長(筆頭)、大臣官房総括審議官大臣官房長を経て、2007年7月10日に主計局長2008年7月4日より財務事務次官となる。2009年7月14日に退官し、その後は東京大学公共政策大学院教授、弁護士みずほ総合研究所理事長、伊藤忠商事株式会社社外取締役などに着任。企業の役員のほか、研究や法律の分野を中心に活動。2013年3月5日に公正取引委員会委員長となり、2020年9月12日まで約7年半務めた。

ケンブリッジ大学に留学時、隣のカレッジに留学中の北尾吉孝(現SBIホールディングス社長、当時野村證券)と議論を戦わした。津田廣喜前次官に「心臓に毛の生えたずうずうしさ」と評された。

2021年4月の春の叙勲瑞宝大綬章受章[5][6]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

同期入省者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「杉本和行・公正取引委員会委員長」独白! わが摘発方針
  2. ^ a b プレジデント,第46巻、第18~27号』2008年発行、172頁
  3. ^ a b 『東大人名録,第1部』1986年発行、51頁
  4. ^ a b 人事異動 伊藤忠商事
  5. ^ 令和3年春の叙勲受章者名簿(瑞宝大綬章受章者) - 内閣府
  6. ^ 『官報』号外第99号、令和3年4月30日
  7. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1980年発行、485頁
  8. ^ 『大蔵要覧 昭和58年度版』1982年12月発行、58頁
  9. ^ 『大蔵要覧』大蔵要覧出版社、1984年発行、42頁
  10. ^ 『月刊官界,第19巻、第1~4号』行政問題研究所、1993年発行、100頁
  11. ^ 『財務省人事(4月26日付)』朝日新聞、2001年4月28日朝刊、3総合
  12. ^ [1] みずほ総合研究所
  13. ^ [2] 時事通信
  14. ^ “公取委員長に杉本氏が就任 5カ月ぶり空席解消”. 日本経済新聞. (2013年3月5日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS05040_V00C13A3EE8000 2013年3月6日閲覧。 
  15. ^ “公取委、杉本委員長再任 「新たな時代の競争政策を」”. 日本経済新聞. (2013年3月6日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO27768440W8A300C1EE8000 2013年3月16日閲覧。 
  16. ^ 特別職国家公務員の再就職状況の公表について(令和2年4月1日~令和3年3月31日令 和 3 年 9 月 24 日 内閣官房
  17. ^ 顧問弁護士 杉本和行 Kazuyuki Sugimoto 使用言語 日本語 / 英語TMI総合法律事務所