橋口収

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋口 收(はしぐち おさむ、1921年9月 - 2005年7月13日)は、日本官僚。初代国土事務次官公正取引委員会委員長広島銀行頭取広島商工会議所会頭を歴任した[1]

来歴・人物[編集]

学習院初等科中等科(旧制)、高等科(旧制)を経て、1943年東京帝国大学法学部を卒業[1]大蔵省に入省する。理財局に配属[2]

1958年7月 大蔵大臣秘書官(事務担当)。1958年6月から1964年7月までの6年間は銀行局課長として過ごす[3]。窓口課の課長である総務課長こそ経験していないものの、特別金融課長(特金課長)中小金融課長銀行課長をそれぞれ務めた。「都銀地銀信託銀行など、各金融機関との調整は良い経験になった」と橋口は述べている[3]。1964年7月 大臣官房文書課長1966年8月 東京税関長1967年8月 東京税関長から銀行局担当の大臣官房審議官に内定していたが、木村俊夫官房長官が橋口を内閣に引っ張り、橋口は内閣官房内閣審議室長となった[4]

大蔵官僚でのキャリアは銀行局が中心であるが、フランチャイズ制打破の人事の一環として、1969年8月15日 主計局次長(次席)として送り込まれる[5]1971年6月11日 理財局長1973年6月26日 主計局長に就任、事務次官に昇格する者と思われたが、田中角栄内閣下で編成した1974年度予算が首相の指示で放漫財政になったためこれに反対、角福戦争に半ば巻き込まれる形で事務次官に就任できず、新設の国土事務次官に押し込まれた(事務次官に就任したのは、田中角栄が推した大蔵省同期の高木文雄主税局長)。主計局長になりながら事務次官の座を逃したのは、福田赳夫以来のことであった[6]

退官後は、公正取引委員会委員長広島銀行頭取、同会長を歴任した。広島銀行会長在任中に、広島に本社のあるマツダフォードとの提携事業をまとめた。

略歴[編集]

人物[編集]

著作[編集]

  • 『饒舌と寡黙 愚痴の随想』サイマル出版会、1976年、新版1995年
  • 『新財政事情 大蔵官僚がみた国家財政の実像』サイマル出版会、1977年
  • 『美のフィールドワーク』創世記、1980年
  • 『若き官僚たちへの手紙』日本工業新聞社〈大手町ブックス〉、1983年
  • 『二十一世紀へのメッセージ 若きビジネスリーダーへ』金融財政事情研究会、1991年
  • 『「近代」の座標軸を求めて 文明・文化そぞろある記』金融財政事情研究会、1997年
  • 『[小説]銀行頭取』 経済界、2005年 没後に刊行

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 橋口収|コトバンク
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、361頁
  3. ^ a b 『第4部エリート官僚の流儀(3) “非常時”が作る大物局長(大蔵省の研究)』日経金融新聞 1991/7/4 1頁
  4. ^ 『[官僚からバンカーへ] 橋口収のざっくばらん人生/3 土地対策で国土庁発足』毎日新聞 1992.12.6 東京朝刊 経済 9頁
  5. ^ 中央公論,第11~12号』反省社、1971年発行、220頁
  6. ^ 倉山, p. 176.
  7. ^ 『新財政事情 大蔵官僚がみた国家財政の実像』サイマル出版会、1977年発行、106頁
  8. ^ 坂野常和『証券不況いつ晴れる?』毎日新聞社、1993年4月発行、16頁
  9. ^ 高本光雄『大蔵官僚の秘密:張り巡らされた人脈と出世レース』潮文社、1982年1月1日発行、53頁
  10. ^ 『日本官僚制の連続と変化:ライフヒストリー編』ナカニシヤ出版、2007年3月発行、20頁
  11. ^ 「95年秋の叙勲 勲一等・勲二等」『読売新聞』1995年11月3日朝刊

参考文献[編集]

  • 倉山満『検証 財務省の近現代史』光文社新書、2012年3月20日。ISBN 978-4-334-03674-4
  • 真渕勝『大蔵省統制の政治経済学』中央公論社〈中公叢書〉、1994年。
官職
先代:
新設
国土事務次官
1974年 - 1976年
次代:
中橋敬次郎
先代:
相澤英之
大蔵省主計局長
1973年 - 1974年
次代:
竹内道雄
先代:
相澤英之
大蔵省理財局長
1971年 - 1973年
次代:
竹内道雄
先代:
湊良之助
東京税関長
1966年 - 1967年
次代:
下条進一郎