河田烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河田烈

河田 烈(かわだ いさお、1883年明治16年)9月24日 - 1963年昭和38年)9月27日)は、日本大蔵官僚大蔵大臣

経歴[編集]

東京府生まれ。父は東京市助役を務めた河田烋[1]山川黙は弟[1]東京府立一中一高を経て、1908年(明治41年)東京帝国大学法科大学政治学科卒業。同年大蔵省入省。

大蔵省では、銀行局普通銀行課長、主計局予算課長などを経て、1924年(大正13年)主計局長。

1929年(昭和4年)から1931年(昭和6年)12月まで、それぞれ民政党内閣である濱口内閣第1次若槻内閣井上準之助蔵相の下で大蔵次官を務めた。1932年(昭和7年)5月から1934年(昭和9年)7月まで、拓務次官を務めた。1934年(昭和9年)、岡田内閣内閣書記官長となるが、同年貴族院勅選議員に勅任される。1940年(昭和15年)には第2次近衛内閣で大蔵大臣として入閣。その後国維会に属して資金統制強化などの統制経済を積極的に推進した。

戦中は政治とは距離をおき、1941年(昭和16年)東亜海運社長、1944年(昭和19年)台湾拓殖社長、1945年(昭和20年)大成火災海上社長に就任したが、戦後公職追放

追放解除後の1952年(昭和27年)には特命全権として日華平和条約に調印するために台北に派遣された。

横浜造船社長、日華経済協会長なども務めた。

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『大衆人事録 東京編』(第13版)「河田烈」
  2. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考・関連文献[編集]

  • 『CD現代日本人名録 物故者編』1901-2000」
  • 『河田烈自叙伝』「河田烈自叙伝」刊行会、1965年。


公職
先代:
櫻内幸雄
日本の旗 大蔵大臣
第42代:1940年 - 1941年
次代:
小倉正恒
先代:
小林一三
日本の旗 商工大臣
(臨時代理)1940年
次代:
豊田貞次郎
先代:
堀切善次郎
日本の旗 内閣書記官長
第34代:1934年
次代:
吉田茂
先代:
黒田英雄
日本の旗 大蔵次官
1929年 - 1931年
次代:
黒田英雄