林家 (儒学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林家(りんけ)は、林羅山を祖とする日本の儒学者朱子学者の家系。

歴代[編集]

江戸幕府の儒家として代々任じられた林家と、第二林家の2家があり、いずれも林羅山を始祖としている。なお、林家において大学頭を称したのは3代鳳岡からであり、鳳岡までは僧形であった。

林家(大学頭家)[編集]

林家
家紋
本姓 藤原北家利仁流
家祖 林信勝
種別 地下人
平民
出身地 山城国
主な根拠地 江戸
入間県大里郡大幡村
著名な人物 林羅山
支流、分家 第二林家(地下人
凡例 / Category:日本の氏族
  1. 林羅山 - 林家の始祖
  2. 林鵞峰 - 羅山の三男
  3. 林鳳岡 - 鵞峰の次男
  4. 林榴岡 - 鳳岡の子
  5. 林鳳谷 - 榴岡の子
  6. 林鳳潭 - 鳳谷の孫(林竜潭の子)
  7. 林錦峯 - 鳳潭の養子
  8. 林述斎 - 松平乗薀の三男
  9. 林檉宇 - 述斎の長男
  10. 林壮軒 - 檉宇の長男
  11. 林復斎 - 述斎の六男
  12. 林学斎 - 復斎の次男

第二林家[編集]

第二林家
家紋
本姓 藤原北家利仁流
家祖 林信勝
種別 地下人
平民
出身地 江戸
主な根拠地 江戸
東京都
凡例 / Category:日本の氏族
  1. 林読耕斎(靖) - 林羅山の子
  2. 林春東(勝澄)
  3. 林葛廬(信如) - 春東の養子
  4. 林菊渓(信亮)
  5. 林観山(信方)
  6. 林琴山(信隆)
  7. 林復斎(のち、林家11代)
  8. 林鶯渓 - 林復斎の長男

系図[編集]