村上孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上 孝太郎(むらかみ こうたろう、1916年 - 1971年9月8日)は、日本の財務官僚政治家参議院議員(1期)。位階は従三位、勲等は勲二等

略歴[編集]

愛媛県生まれ。広島高等師範学校附属中学校(現・広島大学附属中学校・高等学校)、第一高等学校を経て、東京帝国大学法学部卒業後、大蔵省入省[1]。大蔵省主計局法規課長[2]経済企画庁長官官房長[3]などを経て、谷村裕事務次官のもとで、主計局長を務める。1968年、大蔵省事務次官就任。

1971年6月の第9回参議院議員通常選挙全国区に自由民主党の公認で初当選したが、わずか3か月後の同年9月8日に、参議院議員在任のまま肝硬変のため死去[1]

家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]