小林勝馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小林 勝馬(こばやし かつま、1906年明治39年)11月16日[1] - 1987年昭和62年)12月23日[1][2])は、日本政治家実業家鍼灸師参議院議員(1期)。

来歴[編集]

佐賀県佐賀郡鍋島村[3](現佐賀市[1])で小林鹿三郎の四男として生まれた[3]。1927年 (昭和2年)鍼灸術営業免許所得[要出典]。熊本逓信講習所を卒業し[1][2]、さらに1928年(昭和3年)無線電信講習所を卒業した[2][3]

1922年(大正11年)通信事務員となり、以後、警視庁技手、国際汽船事務長、無線電信技士、山王工業社長、日本光学兵器社長、自家用自動車組合理事、官立無線同窓会会長などを務めた[2]

1946年(昭和21年)東京都鍼灸按マッサージ師会理事長及び日本鍼灸按マッサージ師会副会長、全国鍼灸按マッサージ医法制定実行委員会書記長に就任[要出典]

1947年(昭和22年)4月、 第1回参議院議員通常選挙で全国区から出馬して当選(補欠、任期3年)[2][4]。1950年(昭和25年)5月2日、任期(半期)満了[5]

1987年、食道静脈瘤破裂により死去[要出典]

栄典[編集]

  • 1977年 勲四等旭日小綬章受章[1]

国政選挙歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』251頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』306頁。
  3. ^ a b c 『人事興信録 第15版 上』コ14頁。
  4. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』538頁。
  5. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』480頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』541頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』544頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。