星一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星一
Hajime Hoshi.jpg
生年月日 (1873-12-25) 1873年12月25日
出生地 福島県
没年月日 (1951-01-19) 1951年1月19日(満77歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
出身校 コロンビア大学
現職 実業家政治家
所属政党 民主党
配偶者
テンプレートを表示

星 一(ほし はじめ、1873年明治6年)12月25日 - 1951年昭和26年)1月19日)は、福島県いわき市出身の実業家政治家。略称、ホシピン。SF作家星新一の父。写真植字機を開発した石井茂吉森澤信夫が出会うきっかけとなった星製薬を築いた。また、星薬科大学の創立者。

それまでは輸入に頼っていた、外科手術に不可欠なモルヒネの国産化に成功する等、「東洋の製薬王」と呼ばれた。星製薬はチェーンストアという販売方式を日本で初めて確立した。野口英世フリッツ・ハーバーパトロンとしても知られる。なお、彼が発案した『三十年後』はSF小説であるため、それが長男の親一(新一)と関連付けて語られることがある。

略歴[編集]

事業のその後[編集]

星一が設立した星製薬はその死の前後から急激に経営が悪化し、大谷米太郎のもとで再建が行われた。その後「株式会社テーオーシー」(略称TOC)と改称し、販売部門を分離独立して新たな子会社として「星製薬株式会社」が設立された。2003年、TOCの製薬部門とその販売部門である上記「星製薬株式会社」が統合され、製造ラインを持つ新・新「星製薬株式会社」が誕生した。ただし、収益の大半は不動産事業によるものであり、製薬事業部門の寄与度は小さい。

一方、会社創立時に社内に設置した教育部は「星薬業講習会」へと発展し、「星製薬商業学校」→「星薬学専門学校」を経て、現在の星薬科大学の母体となった。戦友共済生命保険金融恐慌の際に経営が悪化し、第一徴兵保険に保険契約を包括移転した。

係累[編集]

作家鈴木俊平は妹の孫にあたる。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『三十年後』 新報知社、1918年[3]
  • 『科学的経営法の真諦』 星製薬商業学校、1923年
  • 『自己発見』 星製薬商業学校、1923年
  • 『官吏学』第1-4巻、有斐閣書房、1923年
    • 「官吏学」第1巻(上)、『明治後期産業発達史資料』第735巻、龍溪書舎〈経済・社会一班篇 7〉、2005年2月。ISBN 4-8447-5468-8
    • 「官吏学」第1巻(中)、『明治後期産業発達史資料』第736巻、龍溪書舎〈経済・社会一班篇 7〉、2005年2月。ISBN 4-8447-5468-8
    • 「官吏学」第1巻(下)、『明治後期産業発達史資料』第737巻、龍溪書舎〈経済・社会一班篇 7〉、2005年2月。ISBN 4-8447-5468-8
  • 『官吏学摘要』 有斐閣、1924年
  • 『選挙大学 選挙教科書』 選挙大学講習会、1924年
  • 『阿片事件』 星製薬、1926年
  • 『活動原理』 學而會、1926年3月。
  • 星一述 『自国を知れ進歩と協力』 星製薬商業学校、1933年
  • 『日本略史 「お母さん」の創った日本』 星一、1937年
  • 『支那の歴史』 星同窓会、1938年
  • 『哲学・日本哲学』 学而会書院、1949年

共著・編著・共編著[編集]

  • 『米国聖路易万国博覧会渡航案内』 星一編、星一、1903年11月。
  • 『キナに関する座談会速記録』 星一編、星一、1934年
  • 『聖勅・大東亜戦争』 星一編、星一、1942年1月。

翻訳[編集]

  • Arthur D. Howden Smith 『ハウス大佐』 新報知社、1919年8月。
  • フーヴァー 『米国の個人主義 機会均等社会奉仕』 新報知社、1923年

参考文献[編集]

  • 荒俣宏 『大東亜科学綺譚』 筑摩書房、1991年5月。ISBN 4-480-86031-2 - 「冷凍を愛した熱血漢――発明事業家・星一」を収録。
    • 荒俣宏 『大東亜科学綺譚』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、1996年12月。ISBN 4-480-03206-1
  • 大山恵佐 『星一評伝 努力と信念の世界人 伝記・星一』 大空社〈伝記叢書 262〉、1997年5月。ISBN 4-7568-0473-X - 共和書房(1949年)刊の復刊。
  • 星新一 『明治・父・アメリカ』 筑摩書房、1975年
    • 星新一 『明治・父・アメリカ』 新潮社〈新潮文庫〉、1978年8月。ISBN 978-4-10-109817-3
  • 星新一 『明治の人物誌』 新潮社、1978年12月。
    • 星新一 『明治の人物誌』 新潮社〈新潮文庫〉、1998年5月。ISBN 4-10-109850-6
  • 宮田親平 『毒ガス開発の父ハーバー 愛国心を裏切られた科学者』 朝日新聞社〈朝日選書〉、2007年11月。ISBN 978-4-02-259934-6

出典[編集]

  1. ^ なお、そのことは息子の親一(新一)にも知らせていなかった。新一がそれを知るのは父の死後20年以上経った1973年、父の伝記『明治・父・アメリカ』を書くために親族などに取材していた時だった(最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人(下)』 新潮社、2010年4月、pp.232、451。ISBN 978-4-10-148226-2)。
  2. ^ 星一(ほし はじめ)とは - コトバンク
  3. ^ a b 作家の横田順彌が星新一に聞いた話では、『三十年後』は星一は箇条書きでアイデアを出しただけで、執筆のほとんどは江見水蔭の手によるものだったという。そのアイデアにしてもわずかだった(横田順彌 『古書ワンダーランド2』 平凡社、2004年6月、pp. 163-164。ISBN 978-4-582-83227-3
  4. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第35回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]