小金井良精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小金井良精

小金井 良精(こがねい よしきよ、1859年1月17日安政5年12月14日) - 1944年昭和19年)10月16日)は、明治から昭和にかけて活躍した解剖学者・人類学者。森鴎外の妹婿であり、星新一の祖父。

生涯[編集]

小金井良精は、越後長岡藩士で家老河井継之助に信任を得て郡奉行等の長岡藩要職を歴任した小金井儀兵衛の次男として越後国古志郡長岡(現新潟県長岡市)の今朝白町に生まれた。母は新潟奉行小林又兵衛の長女幸子。長兄は自由民権運動家で衆議院議員を務めた小金井権三郎。母幸子の兄小林虎三郎は、吉田松陰と並び佐久間象山門下の二虎と称された。[1]

1870年明治3年)10月大学南校を経て、1872年(明治5年)10月第一大学区医学校(東京大学医学部の前身)に入学、1880年(明治13年)7月東京医学校(同年5月第一大学区医学校から改称)を卒業した。卒業前の5月より東京医学校雇医員に採用され、同校外科学教室の助手として同教室シュルツ博士より解剖学の手解きを受け、その後同年11月に日本よりドイツへ留学した。1881年(明治14年)1月ベルリン大学、翌年3月留学期間を通じて師事したワルダイヤー教授の下で1885年(明治18年)6月に帰国する迄解剖学と組織学の研究を続けた。この間1884年(明治17年)「網膜の発生に関する論文」、翌年「人類及び脊椎動物の虹彩に関する論文」を発表、1883年(明治16年)にはワルダイヤーに認められベルリン大学の助手に採用された。帰国後9月11日より当時の解剖学教授であったヂッセに替わり、解剖学講義を行った。翌1889年(明治22年)東京帝国大学医学部教授に任じられた。[2]

1888年(明治21年)に坪井正五郎と、その翌年の夏には妻・小金井喜美子と、北海道アイヌの墓地から166の頭骨と副葬品を持ち去り[3]、その骨格を調査して以来、人類学を専攻。アイヌ研究に基づいて、日本石器時代人はアイヌであるとし、坪井正五郎の唱えたコロボックル説を激しく批判した(コロボックル論争)。また、アイヌと日本石器時代人の研究過程で上顎と下顎の位置が現代人と異なる事に気づき「人間の咬合についての論文」を発表した。小金井の研究姿勢は「日本民族の人類学上の問題に専ら心を潜めて来ておられるけれども、その立場は飽くまでも解剖学者として立っておられた」と評され、あくまでも一解剖学者としての論理を貫いた。その後1893年(明治26年)から1896年(明治29年)には帝国大学医科大学学長を務め、1893年に日本解剖学会を創設した。1902年(明治35年)東京学士会院会員。1921年大正10年)に定年を迎え、その後は教授職を退いていたが精力的に研究活動を続けた。

年譜[編集]

年譜概略[4]

エピソード[編集]

戊辰戦争
長岡城落城の日、当時9歳の良精は母兄弟と共に父儀兵衛の姿を発見したが、父は藩主護衛を理由に良精等を戦野に残し離ればなれとなった。その後良精等は東北の山中を流浪しながら会津から仙台へと避難。戊辰戦後、小金井家は全てを失い次男である良精は他家に養子に出されたが、養父死亡により実家に戻り、1870年(明治3年)上京し母の弟である小林雄七郎宅より大学南校に入学した。[5]
喜美子との結婚
当時良精は駒込に住んでいたが、結婚当日もいつもと変わらず大学に出勤し定時に帰宅し、その後近所の仕出し屋から二人分の料理が届けられた。約束の時間に媒酌人が新婦を連れてきたが祝いの膳は新郎新婦の二人分だけで媒酌人の膳はなく、また親戚知人すら招くことも無かった。[6]
星新一の母「せい」の命名
良精の妻喜美子は子供の時から長兄である森林太郎(鴎外)のことを大変尊敬していた。次兄は「お兄さん」だったが林太郎に対しては必ず「お兄様」と呼んでいた。そのため「せい」が生まれた時、喜美子は是非にと林太郎に名付けを頼んだ。林太郎は自分や肉親の子供に「於莵=おと,茉莉=まり,杏奴=あんぬ,=るい,不律=ふりっつ,=じゃっく等々」とドイツ名を漢字に当てて命名しており、林太郎は喜美子に「摩尼=まに」と言う名を示した。喜美子はおどろおどろしい名前に驚き、すぐに依頼を取り下げ夫良精の一字から「せい」と名付けた。[7]
論文
良精の重要な論文は必ずドイツ語で書かれ、従ってドイツ文を解しない学者は論文に直接接することはできなかった。アイヌ(良精の論文上はアイノ)の研究でも、日本文での発表は極簡単なことに限られていた。これは決して日本文を軽視した訳ではない。当時日本では優秀な研究者はドイツに留学し勉強を行い、国内でも多くの医学校の教官がドイツ人でドイツ語を解しない日本人専門家はいないはずであり、また論文自体もドイツ人教授等から批評されるのが当然であったことから、ごく普通にドイツ語での論文発表を行っていた。[8]
無病短命一病長寿
良精はドイツ留学中に不明の尿出血を患った。それ以降酒は飲まず宴会等もできるだけ避け「自分は持病があるから普通の人の様な生活をしていたのでは学問もできず健康も続かない」と言い、寝食を正しくしいかに好物でも過食をしないことを徹底した。「朝は珈琲を入れた牛乳2合とバターをつけたパン、昼は何かを挟んだパンと紅茶、夜は肉と野菜の汁を一碗に柔らかめの米飯一杯。ただ夜、おかずを多く食べた時はご飯を控え、間食はしない。」、ここに87歳の長寿を全うした。[9]
香港でのペスト菌
香港に派遣された北里柴三郎ペスト菌を発見した際、香港に派遣する人選を行ったのが良精であった。東大の細菌衛生の正教授で良精の同期であった緒方正規を外し、文部省から青山胤通内務省から北里柴三郎を派遣決定した。この両人ならば異境の空の下つまらぬ縄張り争いをやったり、感情の衝突などをやって世間に醜態をさらすと言うようなことはないとの、良精の明快な洞察によるものであった。[10]
御前講演
昭和2年、良精は昭和天皇への御前講演を行った。公演内容概略は、孫の星新一によると「アイノ(アイヌ)こそ本邦の先住民族である。その理由は、石器時代人の人骨の特徴が日本人よりアイノ人に近いことである。しかし、石器時代人の骨とアイノ人の骨は全く同一ではない。石器時代人の人骨には日本人的特徴が混ざっているものもあり、現代日本人人骨の中にはアイノ的なものもある…」と言う内容で、天皇は大変興味を持たれ講義後も別室で詳しくご質問をされたとのことであった。講義内容からすれば、昭和2年当時は右翼皇国史観はまん延しておらず言論統制も行われていなかった最後の時代の御前講義であった。[7]

栄典[編集]

論文・著作[編集]

「網膜の発生に関する論文」1884年
「人類及び脊椎動物の虹彩に関する論文」1885年
「解剖家の職分」1887年
「朝鮮人の頭骨個に就いての説」1888年
「アイノ頭骨の毀傷痕」1888年
「アイノ人頭蓋骨後頭孔損傷の説」1888年
「北海道石器時代の遺跡に就いて」1889年
「アイノ衣食住及び運命に就いて」1889年
「後頭孔前縁に存する骨隆起及び關接面に就いて」1890年
「アイノ四肢骨に就いて」1890年
「本邦貝塚より出でたる人骨に就いて」1890年
「アイノ骨格標品の説明」1891年
「多毛症の一例」1892年
「一個のオロツコ人頭骨に就いて」1892年
「硬口蓋の解剖に就いて」1893年
「アイノ人種に就いて」1894年
「日本石器時代の住民論」1904年
「外国の人類学に関する学会の目録」1904年
「下総国国分村堀内貝塚所出の人骨に就いて」1904年
「亜米利加インヂヤン種族の乾首デモンストラチオン」1905年
「腓骨と脛骨との関係に就いて」1914年

家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「近代日本の科学者 第三巻 小金井良精」1.血縁関係 5-6頁(人文閣 昭和16年-17年)
  2. ^ 「近代日本の科学者 第三巻 小金井良精」2.学生時代 3.独逸留学 4.解剖学講義 6-15頁(人文閣 昭和16年-17年)
  3. ^ さまよえる遺骨たち アイヌ墓地発掘の現在 - 北大開示文書研究会 2011年6月10日
  4. ^ 「東亜の民族」小金井良精傳 年譜461-464頁(横尾安夫著 理想社 1942年)
  5. ^ 「小金井良精 新潟の偉人」http://blog.livedoor.jp/ijinroku/archives/51776984.html
  6. ^ 「近世医傑伝 上巻」17.小金井良精 176頁(藤田宗一著 中外医学社 1954年)
  7. ^ a b 「群馬県歯科医学会雑誌 第14巻61-72 米・百俵の精神 小金井良精と島峯 徹」(村上徹著 群馬県歯科医学会 2010年)
  8. ^ 「近代日本の科学者 第三巻 小金井良精」7.学問の尊厳 27-28頁(人文閣 昭和16年-17年)
  9. ^ 「近世医傑伝 上巻」17.小金井良精 179-180頁(藤田宗一著 中外医学社 1954年)
  10. ^ 「近世医傑伝 上巻」17.小金井良精 180-181頁(藤田宗一著 中外医学社 1954年)
  11. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  12. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。

参考文献[編集]

ISBN 4309407145、下 ISBN 4309407153

外部リンク[編集]