皇国史観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

皇国史観(こうこくしかん)とは、日本の歴史天皇を中心に形成されてきたことに着目し、「日本民族」の統合の中心を「万世一系の皇室」に求める思想である。

江戸時代[編集]

皇国史観の先駆は、南北朝時代に、南朝北畠親房が著した『神皇正統記』である。江戸時代には水戸学国学がおこり、幕末になると尊皇攘夷運動が盛んになった。

第二次世界大戦前[編集]

明治維新後、政府は水戸学の影響を受け、皇国史観を「正統な歴史観」として確立していく。1889年に制定された大日本帝国憲法で“日本は万世一系かつ神聖不可侵の天皇が統治すること”(君主主権)と明記した。

明治以降の歴史教科書では、足利尊氏が朝廷に刃向かった朝敵とされたが、永禄年間までは楠木正成のほうが朝敵とされていた(下記「南北朝正閏論争」も参照)。

経過[編集]

1880年代には記紀神話に対する批判など比較的自由な議論が行われていた。また考古学も発展し、教科書には神代ではなく原始社会の様子も記述されていた。

しかし、1891年には帝国大学教授久米邦武の「神道は祭天の古俗」という論文不敬罪に当たるとの批判を受け職を追われた。このような変化は、神道内においては伊勢派[註 1]が出雲派[註 2]を放逐したことと軌を一にする。

その後、1920年代には大正デモクラシーの高まりを受け、歴史学にも言論が活溌になり、左翼においてはマルクス主義的な唯物史観に基づく歴史書も出版されたが、社会主義に対する危機感と共に統制も強化された。1935年には天皇機関説事件が起きた。1940年には歴史学者津田左右吉の記紀神話への批判が問題となり、著作が発禁処分となった。一般の歴史書でも、皇国史観に正面から反対する学説を発表する事は困難となった。そして、第二次世界大戦が勃発すると、「日本は強い国、世界に一つの神の国(以下省略)」と記載した修身科の国定教科書『ヨイコドモ』が小学校に配布された。

南北朝正閏論争[編集]

1911年には、小学校の歴史教科書鎌倉幕府滅亡後の時代を「南北朝時代」とする記述があった点が、南朝と北朝を対等に扱っているとして帝国議会で問題とされた。文部省の喜田貞吉は責任を取って休職処分にされた。これ以後の教科書では、文部省は後醍醐天皇から南北朝合一までの時代を「吉野朝時代」と記述するようになった。

現在の皇室は北朝の流れであり、北朝の天皇の祭祀も行っている。しかし、足利尊氏を逆臣とする水戸学では、南朝を正統と唱えていた。また、幕末の尊王論に影響を与えた儒学者頼山陽は、後小松天皇後亀山天皇からの禅譲を受けた天皇であり、南朝正統論と現皇室の間に矛盾はないと論じた。南北朝正閏論争以降、宮内省も南朝が正統であるという見解を取った。

第二次世界大戦後[編集]

第二次世界大戦での終戦によって、日本国憲法が施行され、国民主権が明記された。そして、戦前・戦中に弾圧されていたマルクス主義の唯物史観が書籍の出版とともに広まった。これにより、歴史学の古代史や考古学の研究が大いに進展した。また、「古代」「中世」「近世」「近代」「現代」といった名称も用いられるようになった。これらの歴史学は一般的に「戦後史学」と呼ばれ、戦後民主主義の流れの中で、皇国史観は超国家主義の国家政策の一環とし、「周到な国家的スケールのもとに創出されたいわば国定の虚偽観念の体系」(岩波ブックレット、1983年[1])と批判されて影を潜めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 現在の神社本庁系グループの各社。
  2. ^ 出雲大社や現在の出雲大社教出雲教系グループの各社。

出典[編集]

  1. ^ 永原慶二皇国史観』 岩波書店〈岩波ブックレット20〉、1983年、63頁。ISBN 4000049607

関連項目[編集]

外部リンク[編集]