坪井正五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坪井 正五郎
(つぼい しょうごろう)
Mr. Shogoro Tsuboi, professor of the College of Science of the Imperial University of Tokyo.jpg
生誕 文久3年1月5日1863年2月22日
日本の旗 日本 江戸
死没 (1913-05-26) 1913年5月26日(50歳没)
ロシアの旗 ロシア ペテルスブルク
研究分野 自然人類学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学
主な業績 日本石器時代人=コロポックル説を主張
プロジェクト:人物伝

坪井 正五郎(つぼい しょうごろう、文久3年1月5日1863年2月22日) - 大正2年(1913年5月26日[1])は、日本自然人類学者

経歴[編集]

蘭方医坪井信道の孫として江戸に生まれた(父は信道の女婿、幕府奥医師坪井信良である)。1877年大学予備門に入り、1886年帝国大学理科大学動物学科卒業[2]帝国大学大学院に進学し人類学を専攻、修了後の1888年帝国大学理科大学助手[2]。翌年より3年間イギリスに留学し、1892年10月帰国し帝国大学理科大学教授[2]。遠縁にあたる民間の研究家・林若樹がこの頃から助手として出入りする。同年蘭学者箕作秋坪の長女・直子と結婚。1899年理学博士号を授与された[2]。日本の人類学先駆者であり、日本石器時代人=コロポックル説を主張したことで知られている。1903年の第5回内国勧業博覧会では学術人類館に協力した(詳しくは人類館事件を参照)。1913年、第5回万国学士院大会出席のため滞在していたロシア・サンクトペテルブルクで、急性穿孔性腹膜炎のため客死[3]

人類学の創始者として鳥居龍蔵などを育てる。柳田国男南方熊楠を結びつけ、また、三越のブレーン「流行会」メンバーとして玩具の開発でも功績を残した。

栄典[編集]

家族[編集]

直子夫人は箕作阮甫の孫娘で正五郎・直子夫妻は2男2女をもうけた。地質学者鉱物学者岩石学者坪井誠太郎は長男、地球物理学者坪井忠二は次男。また、長女・春は西田正三に、次女・菊は佐谷台二に嫁いだ。物理化学者坪井正道は正五郎の嫡孫(誠太郎の長男)。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『官報』第251号、大正2年6月2日、p.51.「官庁事項」
  2. ^ a b c d 東京大学大学院情報学環・学際情報学府 文化資源統合アーカイブ 坪井正五郎資料
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)182頁
  4. ^ 『官報』第5839号「叙任及辞令」1902年12月18日。
  5. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]