コロポックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
コロポックルの木彫り人形
水木しげるロードに設置されている「コロポックル」のブロンズ像。

コロポックルアイヌ語: コㇿポックㇽ korpokkur)は、アイヌの伝承に登場する小人である。アイヌ語で、一般的には「の葉の下の人」という意味であると解される。

アイヌ語では [p] と [b] は同一の音素であり区別しないため、コロボックル (コㇿボックㇽ) とも言われる。

アイヌの小人伝説は広く北海道南千島樺太に流布しており、名称もこのコポック・コボックのほかに、トィチセウンクトィチセコッチャカムィトンチ(これらはみな「竪穴に住む人」の意)などと呼ばれることもある。

またアイヌ人の民俗研究者である違星北斗は、クルプンウンクという発音を記録している。

伝説[編集]

アイヌ人の小人伝説は北海道南千島樺太に広く流布しており、地域によって差もあるが、大体次のようなものである。

アイヌがこの土地に住み始める前から、この土地にはコロボックルという種族が住んでいた。彼らは背丈が低く、動きがすばやく、漁に巧みであった。又屋根をフキの葉で葺いた竪穴にすんでいた。

彼らはアイヌに友好的で、鹿や魚などの獲物をアイヌの人々に贈ったりアイヌの人々と物品の交換をしたりしていたが、姿を見せることを極端に嫌っており、それらのやりとりは夜に窓などからこっそり差し入れるという形態であった。

そんなある日、あるアイヌの若者がコロボックルの姿を見ようと贈り物を差し入れる時を待ち伏せ、その手をつかんで屋内に引き入れてみたところ、美しい婦人のなりをしておりその手の甲には刺青があったという(なおアイヌの夫人のする刺青はこれにならったものであるといわれている)。

コロボックルは青年の無礼に激怒し、一族を挙げて北の海の彼方へと去ってしまった。以降、アイヌの人々はコロボックルの姿を見ることはなくなったという。現在でも土地のあちこちに残る竪穴や地面を掘ると出てくる石器土器は、彼らがかつてこの土地にいた名残である。

伝説は地域によって差異があり「コロボックルは怠け者でアイヌが彼らに食べ物を与えていた」「コロボックルの手にあった刺青は捕らえたアイヌの人々が奪還を懼れて施したものであって元来からアイヌの風習である」などの変化が見られる。

十勝地方に残る伝説では、コロボックルはアイヌに迫害されたために土地を去ったといわれ、去り際にアイヌに言った呪いの言葉「トカップチ(水は枯れろ、魚は腐れの意)」が十勝の地名の由来とされる[1]

コロボックルの正体[編集]

千島アイヌと竪穴式住居

考古学者瀬川拓郎は、コロボックルの特徴として語られる「交易の際、相手との接触を避ける(沈黙交易)」、「竪穴式住居に住む」、「土器を製造、使用し、陶土を求めて他所の地にまで進出する」などの事例が北千島に住むアイヌの習俗と共通することに着目し、さらに北海道から樺太、南千島に広く伝わるコロボックル伝説が北千島に限っては伝承されていないことから

「コロボックルの正体は、北千島のアイヌである」との説を提唱している[2]

なお北千島のアイヌは、北海道アイヌや和人と大きな体格差はない。

コロポックル論争[編集]

1886年渡瀬庄三郎が『人類学会報告』創刊号にて札幌周辺に見られる竪穴住居の跡とみられるものがコロボックルの手によって作られたものであり、アイヌ人の前にコロボックルがかの地に居住していた証拠であるという旨の発表を行い、それに坪井正五郎が『人類学会報告』第9号にて大筋賛成という意見の表明を行った。しかし『人類学会報告』9号にはさらに白井光太郎による匿名での坪井への反論が掲載され以降、小金井良精浜田耕作・佐藤伝蔵・鳥居龍蔵喜田貞吉など多くの研究家がこの議論に参加した。結局この論争は1913年、坪井がロシアペテルスブルクで客死するまで続く。

コロポックルをテーマにした作品[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、166頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 瀬川拓郎著 『コロポックルとはだれか―中世の千島列島とアイヌ伝説』 新典社2012年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]