塩出啓典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩出 啓典(しおで けいすけ、1933年(昭和8年)1月10日 - 2009年(平成21年)2月9日[1])は、日本の政治家、元公明党参議院議員(4期)。

来歴[編集]

愛媛県小松町出身。1955年京都大学工学部冶金学科卒業。同年八幡製鉄所に入り、1967年の総選挙で広島3区から公明党公認で立候補したが落選。翌1968年の参院選で初当選。4期務めた。この間、参議院科学技術振興対策特別委員長、法務委員長、公明党副書記長などを歴任した。4期目途中の1990年の総選挙で広島1区から立候補したが、落選した。

2009年2月9日、間質性肺炎のため松江市の病院で死去。[1]76歳。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 塩出啓典氏、死去 元公明党参院議員 2012年5月9日閲覧