白島北町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 広島県 > 広島市 > 中区 (広島市) > 白島北町

白島北町(はくしまきたまち)は、広島市中区町名白島の北部である[1]郵便番号は730-0001(広島中央郵便局管区)。

寛永年間の広島の絵図(『概観広島市史』より)。

歴史[編集]

旧時白島村の一部であり、「一本木」と称した[1]皁莢(さいかち)の大木一株があったことによる[1]。その最北端を「一本木の鼻」、または「皁莢の鼻」と称した[1]

人口[編集]

1925年末の現住戸数・現住人口は43・190[2]2018年8月末の世帯数・人口は1188・2018[3]

経済[編集]

産業[編集]

店・企業

地域[編集]

健康[編集]

医療機関

施設[編集]

ビル、マンション、アパート等

交通[編集]

橋梁[編集]

鉄道[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 工兵第五連隊慰霊碑(工兵橋南詰、安田学園白島キャンパスプール北)[4]
1983年11月建立[4]
  • 安田高等女学校職員生徒慰霊碑(安田学園白島キャンパス内、中学校校舎東)[4]
1951年5月建立[4]1945年8月6日、広島市に投下された原爆により生命を失った職員13名及び生徒310余名の霊永久に安かれと祈念し、職員生徒の奉仕を得て安田学園が建立した[4]

出身・ゆかりのある人物[編集]

  • 岡島信男(広島市社会課長)[5]
  • 高槻文彌(郵便局長)[5]
  • 臼井忠雄(在郷海大佐[5]
  • 小川芳雄(陸輜重少佐輜重兵第五大隊附)[5]
  • 松野繁隆(陸一等軍医正、広島衛戍病院附)[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『広島市史 第4巻』178-179頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月30日閲覧。
  2. ^ 『広島市統計年表 大正14年(第21回)』28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月30日閲覧。
  3. ^ 人口、世帯数(町丁目別)、広島市公式サイト。
  4. ^ a b c d e 原爆関係の慰霊碑等の概要(中区内)、平成28年3月 広島市平和推進課。
  5. ^ a b c d e 『日本紳士録 第35版』広島1-28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 広島市編『広島市史 第4巻』広島市、1922年-1925年。
  • 広島市編『広島市統計年表 大正14年(第21回)』広島市、1927年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。