井口台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 中国地方 > 広島県 > 広島市 > 西区 > 井口台
井口台
—  ニュータウン町丁  —
団地中心部。手前が井口台中央(東)交差点、
奥が井口台中央交差点。2つの交差点の
間に井口台中央バスストップがある。
井口台の位置(広島県内)
井口台
井口台
座標: 北緯34度22分39.04秒 東経132度22分44.84秒 / 北緯34.3775111度 東経132.3791222度 / 34.3775111; 132.3791222
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県
市町村 Flag of Hiroshima.svg 広島市
西区
人口 平成26年2月末現在
 - 計 7,680人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 733-0844
市外局番 082
ナンバープレート 広島
※座標は井口台中央交差点付近

井口台(いのくちだい)は、広島県広島市西区町名・住宅地名。通称は井口台パークタウン[♠ 1]。一丁目から四丁目まである。郵便番号は733-0844。当地域の人口は7,680人、世帯数は2,860世帯[♠ 2]

地理[編集]

赤い線で囲んだ部分が井口台の範囲。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
 
井口台三丁目の眺望

井口台の位置[編集]

井口台は広島市中心部(紙屋町)から西へ約8km、同市西区の西端に位置する住宅団地[1]鈴ヶ峰地図)南麓を切り開いた[1][2]。北で井口町、東で鈴が峰、南で井口井口鈴が台、西で広島市佐伯区皆賀・広島市佐伯区五日市町大字昭和台、北西で広島市佐伯区五日市町大字皆賀と接する[1]。南側の他地区との境目には西広島バイパスが走る[1]

井口台団地内の地理[編集]

団地中心部は一丁目と二丁目の境目にあり、周辺には医療機関や、フジ井口店[♡ 1]万惣井口台店[♡ 2]・エイブル広島[♡ 3]・イマージュ本店[♡ 4]などの商業施設・店舗、広島銀行井口台支店[♡ 5]日本郵便広島井口台郵便局[♡ 6]が立地している[2]。中心部から北寄りの三丁目には井口台公園(地図)と広島市立井口台小学校[♢ 1]、また、団地の東端の四丁目には広島市立井口台中学校[♢ 2]が置かれている[1]。三丁目にはマンション群のほか、広電バス広島南営業課が運行する井口台パークタウン線の終点である井口台パークタウンバス停(地図)と、その路線のバスの車庫(地図)もある[2]

歴史[編集]

団地名の由来[編集]

団地名は南側に古くからある井口という地名にちなむ。「井口」は戦国時代以来の古い地名である。当時は広島湾に突き出す半島であった鈴ヶ峰が「(いのくち)」の形に似ていたことに由来するという説、井口に隣接する古江の入り口、すなわち「江の口」が転じたという説がある[♠ 3]

沿革[編集]

井口台は三菱地所中国支店により計画された団地で、以下の年表に示す段階を経て造られた[♠ 4]。なお、開発以前は井口台一帯は果樹園として使われていた。

年表

人口の変遷[編集]

総数 [戸数または世帯数: R10.png 、人口: G10.png ]

1985年昭和60年)9月[♠ 5] R10.pngR10.pngR05.png 632世帯
G10.pngG10.pngG10.pngG10.png 2,003人
1990年平成2年)12月[♠ 5] R50.pngR10.pngR01.pngR01.pngR01.png 1,579世帯
G100.png 5,006人
2000年(平成12年)12月[♠ 5] R100.pngR01.pngR01.pngR01.png 2,577世帯
G100.pngG50.pngG01.pngG01.pngG01.pngG01.png 7,706人
2010年(平成22年)12月[♠ 5] R100.pngR10.pngR01.png 2,770世帯
G100.pngG50.pngG01.pngG01.pngG01.png 7,672人
2014年(平成25年)2月[♠ 2] R100.pngR10.pngR01.pngR01.pngR01.pngR01.png 2,860世帯
G100.pngG50.pngG01.pngG01.pngG01.pngG01.png 7,680人

交通[編集]

バス[編集]

広島電鉄[♣ 1]によるバスである広電バスが運行され、団地内には8つのバス停[3]が存在している。商工センター方面からはアルパーク地図)発の井口台パークタウン行がおおよそ1時間に1本の間隔で運行されている。この便はJR西日本山陽本線新井口駅広島電鉄宮島線商工センター入口駅付近にある新井口駅バスストップ(地図)を経由し、上り便2便(急行)を除き鈴が峰住宅経由である。広島市中心部からは、広島バスセンター発の井口台パークタウン行がおおよそ1時間に1本の間隔で運行されている。この便は、上り1便(市役所経由)を除き、JR西日本山陽本線西広島駅、広島電鉄宮島線広電西広島駅付近にある己斐バスストップ(地図)を経由する[♣ 2][♣ 3]

そのほか、団地外には、団地東側に鈴が峰住宅中央バスストップ(地図)、団地南東側に鈴が峰住宅西バスストップ(地図)、団地南側の井口鈴が台に鈴が台バスストップ(地図)、団地南西側に井口四丁目バスストップ(地図)があり、これら4つのバス停には市役所経由の広島バスセンター行などが停車する。鈴が峰住宅中央バスストップは美鈴が丘高校行、山田団地行も停車する[♣ 2]

鉄道[編集]

JR山陽本線新井口駅地図)、広島電鉄宮島線商工センター入口駅地図)は、上述の新井口駅バスストップのすぐそばにある[1][2]。上2駅ならびに広島電鉄宮島線の井口駅地図)、修大附属鈴峯前駅地図)までいずれも団地中心部から徒歩で10-20分、JR西日本山陽本線の五日市駅地図)へは徒歩で20-30分[4]。また、JR西日本山陽本線西広島駅(地図)、広島電鉄宮島線広電西広島駅(地図)は、上述の己斐バスストップのすぐ近くにある。

道路[編集]

南側の他地区との境を走る西広島バイパス国道2号)商工センターランプ(地図)、井口ランプ(地図)、皆賀ランプ(地図)が利用可能である[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 国土地理院発行2万5千分の一地形図。
  2. ^ a b c d e Google map”. 2013年12月14日閲覧。及びGoogle mapストリートビュー。
  3. ^ 公共交通機関のものに限る。
  4. ^ 徒歩でかかる時間は概算。

出典[編集]

  1. ^ 鑑定評価書”. 国土交通省. 2013年12月14日閲覧。 (PDF)
  2. ^ a b 2014年2月末現在、住民基本台帳調査による。広島市調べ。”. 2014年3月21日閲覧。
  3. ^ west21.gr.jp”. 2013年12月14日閲覧。 (PDF)
  4. ^ 三菱地所中国支店”. 2013年12月14日閲覧。「沿革」に記載。
  5. ^ a b c d 1985年9月末および1990,2000,2010年12月末、住民基本台帳調査による。広島市調べ。”. 2013年12月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学校[編集]

  1. ^ 広島市立井口台小学校”. 2013年12月14日閲覧。地図
  2. ^ 広島市立井口台中学校”. 2013年12月14日閲覧。地図

公共交通機関[編集]

  1. ^ 広島電鉄”. 2013年12月14日閲覧。
  2. ^ a b 広電バス路線図”. 広島電鉄. 2013年12月14日閲覧。
  3. ^ 広電バス井口台パークタウン線時刻表”. 広島電鉄. 2013年12月14日閲覧。 (PDF)

商業施設[編集]

  1. ^ フジ井口店”. 2013年12月14日閲覧。地図
  2. ^ 万惣井口台店”. 2013年12月14日閲覧。地図
  3. ^ エイブル広島”. 2013年12月14日閲覧。地図
  4. ^ イマージュ井口台店”. 2013年12月14日閲覧。地図
  5. ^ 広島銀行”. 2013年12月14日閲覧。地図
  6. ^ 広島井口台郵便局”. 2013年12月14日閲覧。地図