牛田本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛田本町(うしたほんまち)は、広島県広島市東区の町名郵便番号は732-0066(広島中央郵便局管区)。1丁目から6丁目まである。

人口[編集]

2017年9月末の世帯数・人口は、1丁目396・777[1]。2丁目262・640[1]。3丁目272・562[1]。4丁目390・851[1]。5丁目352・817[1]。6丁目841・1732[1]

経済[編集]

産業[編集]

店・企業[編集]

1丁目

地域[編集]

教育[編集]

5丁目

施設[編集]

交番[編集]

2丁目

宗教[編集]

1丁目
  • 安楽寺(浄土真宗本願寺派[5]
住職の登世岡浩治は15歳の頃被爆。2017年8月6日の平和記念式典松井一實広島市長が読み上げた平和宣言に登世岡浩治の体験記が引用された。
  • 肥後稲荷神社
4丁目
光明寺は碓井松濤開基住職のもと、1933年に現在地に建てられた[6]。同時に光明寺付属見立山保育園(現社会福祉法人 広島光明学園)を併設し、布教活動を続けながら寺の護持に努めた[6]1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下により本堂、庫裏は倒壊したが、門徒の方々や近所の人たちの尽力により再建され、改修をかさね現在に至っている[6]。碓井松濤開基住職の子には碓井静照(医師)、碓井法明(広島市議会議員)、碓井真行(光明寺住職画家)などがいる。

ビル、マンション、アパート等[編集]

1丁目
3丁目
5丁目

その他[編集]

6丁目
  • 安田学園 牛田総合グラウンド

事件・事故[編集]

  • 2008年10月 - 2丁目の牛田交番の正面玄関に、男性の運転する乗用車が突っ込んだ。
  • 2010年10月 - 1丁目のマンションで、母親が幼児2人の首をタオルで絞めて窒息死させた。
  • 2016年12月 - 新こうへい橋交差点で、普通乗用車が橋のガードレールに衝突した。運転していた男性は病院に運ばれたが、まもなく死亡した。
工兵橋。白島側より撮影。

交通[編集]

橋梁[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

広島大学教授。大阪市出身で、牛田本町に居住していた[7]
広島文理科大学教授。愛知県出身で、牛田本町に居住していた[8]
三津町長[9]。加奈陀サン生命保険広島支部長[9]。牛田本町に居住していた[9]
岐阜県出身で、牛田本町に居住していた[8]
1942年[10]。3歳6ヶ月の時に原爆を体験した被爆者である[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 人口、世帯数(町丁目別)、広島市公式サイト。
  2. ^ a b c 会社概要、沿革、株式会社田村建設公式サイト。
  3. ^ a b c 税理士情報検索、税理士情報検索サイト。
  4. ^ a b 税理士検索、中国税理士会 広島東支部公式サイト。
  5. ^ 『現行類聚両本願寺末派寺院明細録大全 下』262頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月19日閲覧。
  6. ^ a b c 寺院紹介、浄土真宗本願寺派 十方山 光明寺公式サイト。
  7. ^ a b 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』お185頁。
  8. ^ a b c d 『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』広島1-34頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月18日閲覧。
  9. ^ a b c d 『広島県紳士録 昭和8年版』52-53頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月5日閲覧。
  10. ^ a b c 碓井 法明Facebook。2017年10月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 菅龍貫編『現行類聚両本願寺末派寺院明細録大全 下』共益義会、1892年。
  • 『広島県紳士録 昭和8年版』西日本興信所、1933年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。

関連項目[編集]