コシダカホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社コシダカホールディングス
Koshidaka Holdings Co., Ltd.
World-Trade-Center-Building-Tokyo-01.jpg
本社が入居する世界貿易センタービル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2157
2007年6月27日 JASDAQ - 2016年11月7日 東証一部 鞍替え
略称 コシダカHD
本社所在地 日本の旗 日本
105-6123
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービルディング23階
本店所在地 371-0847
群馬県前橋市大友町1丁目5-1
設立 2000年平成12年)3月21日
(株式会社コシダカ)
業種 サービス業
法人番号 7070001003674
代表者 代表取締役社長 腰高博
資本金 4億9,360万円
発行済株式総数 9,600,000株
売上高 連結552億83百万円
(2017年8月期)
営業利益 連結61億46百万円
(2017年8月期)
純利益 連結32億55百万円
(2017年8月期)
純資産 連結436億90百万円
(2017年8月)
総資産 連結226億63百万円
(2017年8月)
従業員数 連結3,923名
(正社員1,142名、パート・アルバイト2,781名 2017年8月末)
決算期 8月31日
主要子会社 株式会社コシダカ
株式会社カーブスホールディングス
株式会社カーブスジャパン
株式会社ハイ・スタンダード
株式会社コシダカプロダクツ
韓国コシダカ
外部リンク http://www.koshidakaholdings.co.jp/
テンプレートを表示
『まねきねこ』の店舗の例
(広島大州店)
『カーブス』店舗の例
(戸坂店)

株式会社コシダカホールディングスは、カラオケボックス「カラオケ まねきねこ」を運営する株式会社コシダカ、フィットネスチェーン「カーブス」を運営する株式会社カーブスジャパンなどを傘下に持つ持株会社である。本社機能は東京都港区に置くが、本店は群馬県前橋市

沿革[編集]

  • 1967年 - 有限会社新盛軒として法人化(代表:腰髙善治)
  • 1970年 - 上州ラーメンの屋号にてチェーン展開を開始(最盛期6店舗)
  • 1990年8月 - カラオケボックス1号店(オイコット)開設
  • 1993年12月 - カラオケまねきねこ1号店(前橋小相木店)開設
  • 1995年8月 - 代表取締役に腰髙博就任
  • 1997年6月 - カラオケまねきねこ 居抜き出店1号店(伊勢崎店)開設
  • 2000年3月 - 株式会社コシダカに組織、名称変更
  • 2004年10月 - カラオケまねきねこ 100店舗目(別府荘園店)開設
  • 2006年3月 - カーブス1号店(北海道)2号店(埼玉県)同日開設
  • 2007年6月 - ジャスダック証券取引所に株式上場
  • 2008年10月 - 株式会社カーブスジャパンの株式取得(子会社化)
  • 2010年
    • 4月 - カラオケまねきねこ 300店舗目(足利朝倉店)開設
    • 7月 - 株式会社韓国コシダカ 設立
    • 9月 - 株式会社コシダカホールディングスに組織、名称変更
  • 2011年
    • 1月 - 株式会社シュクランの株式取得(子会社化)
    • 6月
      • カーブス1,000店舗達成
      • カラオケまねきねこ 海外1号店 江南(カンナム)店(韓国ソウル)開設
    • 11月 - ひとりカラオケ専門店ワンカラ1号店(神田駅前店)開設
  • 2013年
    • 11月 - KOSHIDAKA INTERNATIONAL PTE.LTD. 設立
    • 12月 - KOSHIDAKA MANAGEMENT SINGAPORE PTE.LTD. 設立
  • 2014年
    • 2月 - K BOX ENTERTAINMENT GROUP PTE.LTD. 株式取得(子会社化)
    • 7月 - 本社機能を東京に移転
    • 9月 - 株式会社北海道コシダカ、株式会社シュクランが合併。株式会社北海道コシダカが株式会社ハイ・スタンダードに名称変更
    • 10月
      • 株式会社コシダカビジネスサポートの設立
      • カーブス1,500店舗達成
    • 12月 - カラオケまねきねこハラル認証1号店 四谷三丁目店開設
  • 2015年
    • 4月 - 株式会社ムーンの株式取得(子会社化)
    • 月 - 株式会社イングリッシュアイランドの株式取得(子会社化)
  • 2016年
    • 3月 - 株式会社コシダカファシリティーズ、株式会社コシダカIPマネジメントが合併。株式会社コシダカファシリティーズが株式会社コシダカプロダクツに名称変更
    • 11月 - 東京証券取引所市場第一部に市場変更
  • 2017年7月 - カラオケまねきねこ 500店舗目(中洲川端駅前店)開設
  • 2018年

事業形態[編集]

カラオケ まねきねこ[編集]

通称「まねきねこ」。2010年に300店舗を達成し、「シダックス」を抜いて店舗数1位に躍り出る。2018年現在店舗数・売上とも「ビッグエコー・カラオケマック」に次いで2位[4][5]。2017年7月現在で全国に500店舗を突破[6]

多くの店舗でワンドリンクオーダー制またはワンオーダー制(有料)を実施しているため室料が安いのが特徴[要出典]。以前[いつ?]は平日昼は「30分10円」というように非常に安く設定されていたが、10円からの脱却を進め、現在[いつ?]はほぼすべての店舗で室料10円は廃止されている。また、多くの店舗で飲食物の持ち込みを許可しているカラオケボックスである。

出店戦略としては、閉店した個人経営(場合によっては撤退した大手チェーン)のカラオケ店を借り受け、出店する「居抜き出店」を中心に行っている[要出典]。これにより出店費用を建築出店の2割以下に抑えることができ、上で述べたような利用料金の低価格設定や斬新なサービスを可能にしている。但し店舗網拡大のため[要出典]、2006年9月の本庄店(埼玉県)を皮切りに建築出店も行っている。

なお全店会員制となっており、入会金は200円で年会費は不要。会員制度は全店共通で、一度入会すれば日本国内の全店舗で使用可能。ランシステムが開発した自動入会システムが使用されている[7]

設置機種についてはDAMJOYUGAの3大メーカーが使用されていたが、エクシングによるBMBの吸収合併に伴い、UGAを設置していた部屋を中心に自社開発の「すきっと」も導入する傾向にある。

2016年9月1日、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県内の全店舗を全室禁煙とし、店舗内に喫煙スペースを設置した[要出典]。キャラクターは招き猫の「まねっきー」であり、同店のテーマソングのミュージックビデオには家族や他のキャラクターが登場している(名前はなし)[要出典]

ひとりカラオケ専門店 ワンカラ[編集]

カーブス[編集]

アメリカ合衆国テキサス州ウェーコに本社を持つフィットネスクラブカーブス」を日本で運営している。日本での店舗網は1,860店舗(2018年1月現在)で、日本で最大級の店舗網を持つフィットネスクラブである[要出典]。特徴として、女性専門・30分のトレーニングプログラムを特徴にしている[要出典]

まねきの湯[編集]

スーパー銭湯事業、日本全国5店舗。「まねきねこ」同様に、閉店した銭湯に居抜きで出店。「まねきねこ」と食材などを共通仕入れしている。

過去の事業[編集]

スポルト
ボウリング事業。元々は三井物産とブランズウィック(米国)の共同事業の『日本ブランズウィック』だった。2010年9月に三井物産が株式売却したため、コシダカのグループ会社になった[8]。2012年10月に、全株式をヴィーナス・ファンドに売却。子会社から外れた
ORT&K(コシダカ)
コシダカシアター(コシダカ)

禁煙者・非喫煙者への賞与[編集]

2013年3月18日、賞与支給前の直近6カ月間にたばこを吸わなかった社員に対し、賞与を3万円上積みする制度を創設したと発表した。安倍政権の賃上げ要請に応えると同時に、社員の健康増進も図るためと説明している。3月支給賞与では2月までの半年間、9月賞与では8月までの半年間にそれぞれ全く喫煙をしなかったと自己申告した社員を対象に、所属長などの確認手続きを経て賞与を3万円増額する[9]

不祥事[編集]

2017年8月期定時株主総会(2017年11月24日開催)の招集手続きに対し、不手際があった。「上場会社にあるまじき」と評している株主総会運営に詳しい弁護士もいる[1]

コシダカホールディングスは、会計監査人新日本監査法人)の監査報告書と監査等委員会の監査報告書を受領する前に招集通知を発送した[1]。結果としては、2017年11月17日に監査報告書を入手し、24日の株主総会は無事に開催された[1]。コシダカホールディングス側は「事務処理ミス」としているが、「招集手続きの瑕疵として株主から株主総会決議取り消し訴訟を起こされてもおかしくないケース」と指摘する弁護士もいる[1]

また、会計監査人から「多岐にわたる勘定科目の残高の誤り」、「関係会社株式評価プロセスの運用不備」など4項目の指摘を受け、内部統制に関して開示すべき重要な不備があったとし、同年11月30日に内部統制報告書関東財務局に提出した[2][3]

出典[編集]

外部リンク[編集]