広島平和記念式典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(ひろしましげんばくしぼつしゃいれいしきならびにへいわきねんしき)は、毎年、広島県広島市原爆が投下された8月6日原爆忌平和記念公園で行われる、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するための式典である[1]。 一般的には略して広島平和記念式典と呼ばれている。

概要[編集]

黙禱する参議院議長江田五月(左)、衆議院議長河野洋平(中央)、内閣総理大臣福田康夫(右)ら三権の長(写真には写っていないが江田の手前に最高裁判所長官島田仁郎が並んでいる、2008年8月6日

式典は会場である平和記念公園の原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)前において、原爆死没者の遺族をはじめとして、市民多数の参加のもとで挙行されるものである。1950年(昭和25年)を除き毎年歴代広島市長によって行われる平和宣言は核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現を訴え続けているものであり、世界各国に送られている[2]。また、2003年(平成15年)からは、英語を含めた7言語、2014年(平成26年)からは8言語にて平和宣言を発表している。

毎年、NHK・在広民放のテレビ、ラジオ放送の生中継及びインターネット生配信されるなか午前8時から始まる。原爆が投下された午前8時15分に平和の鐘やサイレンを鳴らし、式典会場のみならず、家庭、職場で原爆死没者の冥福と恒久平和の実現を祈り(市内を走行中のバスや広島電鉄の車両もこの時間には停車し、乗客も黙祷を行う)、1分間の黙祷を行ったあと、広島市長が平和宣言、子供による平和への誓いを行うのが通例である。また当日の広島市の各所では、原爆死没者に対する慰霊と核兵器廃絶を訴える式典や、原爆の被害を直接受けた被爆電車の運行が行われている。

この式典の性格は原爆を投下したアメリカ合衆国に対する反米感情よりも、むしろ恩讐を超えた世界の恒久平和への希求であるとしている。冷戦時代には人類を滅亡へと導く手段として、現在では核拡散によって過激な集団によって大量殺戮しかねない方法として、破壊のための核兵器使用の危険性がある以上、核兵器の存在を認めず廃絶を求めることは世界最初の被爆地として責務であると、歴代の広島市長は平和宣言の中で訴えている[2]

式次第[編集]

式典の流れは次のとおり[3]

  1. 開式
  2. 原爆死没者名簿奉納
  3. 式辞
  4. 献花
  5. 黙とう平和の鐘
  6. 平和宣言
  7. 平和への誓い
  8. あいさつ
  9. ひろしま平和の歌(合唱)
  10. 閉式

中継[編集]

NHKでの全国ネットのほか広島県域では民放で生中継されている(民放での全国ネットの扱いは局や年度により異なる)。2015年からはライブストリーミング配信も開始。

日本放送協会(NHK)
NHK総合テレビでは1958年[4]から毎年生中継を8:00 - 8:35(通常時、年によって変動あり)に行う。視聴率は他局に比べて最も高い。ビデオリサーチ・関東地区調べでの歴代最高視聴率は、1971年(第26回。この回は7:57 - 8:30)の44.0%である(2014年現在)。また、海外向けのNHKワールドTV(国内放送と同じ映像だが、テロップはすべて英語)、NHKワールド・プレミアム(ノンスクランブル放送。総合テレビと同じ映像・テロップ)でも同時放送される。いずれの放送波もモノラル二重音声の2か国語放送を実施(総合テレビではリアルタイム字幕放送も実施)。2010年まではBS2でも同時放送されていた。NHKではラジオの放送でもラジオ第1放送NHKワールド・ラジオ日本の同時放送でテレビの放送より少し長い8:00 - 8:55に毎年生中継を行なっており、NHKワールド・ラジオ日本では13時台と17時台にも通常番組を差し替える形で同日録音による再放送を行う(ただし、ラジオ第1放送の音源ではなく総合テレビの放送音源の二次使用)。2010年は東京発のテレビ放送を例年通り8:35までの放送(実際は8:38まで延長)としたところ、史上初列席の潘基文国際連合事務総長のスピーチ部分は中継されなかったため批判を呼んだ(非難の電話が100件に及んだという。鳥取局を除く中国地方とラジオ放送では中継された)。
広島テレビ
『つなぐヒロシマ』を放送。
日本テレビ系列では『ズームイン!!朝!』を放送していた時代、8月6日が月曜日 - 金曜日になる年は、広島テレビの協力を得て放送していた。自身も被爆者である脇田義信が長く司会を務めていたほか、年によっては当時の司会者だった徳光和夫福留功男も現場へ赴いて中継に参加した。番組は8:00以降はNNN報道特別番組としての放送となっていたため、『ズームイン』としての放送時間は厳密には60分である。なお北日本放送は普段から最後の30分間をローカル差し替えとしており、当日も例外ではなかったため、富山県では式典中継は放送されなかった。
2016年は読売テレビ制作『ウェークアップ!ぷらす』の中で、広島テレビの協力のもと全国ネットによる式典の生中継を実施。広島テレビでは同番組に続けて『つなぐヒロシマ』も別途放送された。
2017年は日本テレビ制作『シューイチ』の中で、広島テレビの協力のもと全国ネットによる式典の生中継を実施したが、番組構成の都合上平和宣言以降は中継されなかった。そのため、広島テレビは8:20で『シューイチ』から飛び降りて『つなぐヒロシマ』を開始した(『シューイチ』本編もこれ以降は式典以外の話題を放送)。『シューイチ』レギュラーの一人である中丸雄一が同番組の広島からの中継ならびに『つなぐヒロシマ』に出演した。
平日の場合は基本的に『スッキリ』のネットを全編返上して『つなぐヒロシマ』を広島ローカルで放送する。
広島ホームテレビ
『平和記念式典中継』を放送。2017年まで8月6日が日曜日の場合は、テレビ朝日制作「仮面ライダーシリーズ」が時差放送となった(『仮面ライダークウガ』・『仮面ライダーカブト』・『仮面ライダーエグゼイド』が該当)。
2012年 - 2014年はそれぞれテレビ朝日制作による『モーニングバード』(テレビ朝日制作)の中で、2018年は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日制作)にて、それぞれ広島ホームテレビの協力のもと全国ネットによる式典の生中継を実施。全国ネット中継を行わない年については『モーニングショー』のネットを全編返上または途中飛び乗りとした上でのローカル中継を行う。
2020年は各種新聞やウェブサイトの番組表上では、『グッド!モーニング』『モーニングショー』とも通常通りの編成となっていたが(『モーニングショー』の番組説明には式典中継の記述あり)、実際には『グッド!モーニング』終盤の7:56頃から番組を独自に差し替えて8:59までローカルでの放送をAbemaTVと同時に行った。
中国放送(テレビ・ラジオとも)
『千の証言 広島・平和記念式典中継〜記憶の継承』を放送。
TBSテレビでは、2015年に8時より全国放送による単独番組として生中継放送が行われ、8:15の「黙祷・平和の鐘」を中心にRCCテレビとともにつないだ[5]
テレビ新広島
『広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式』を放送。平日の場合は、情報プレゼンター とくダネ!に8:30飛び乗りとなる。
広島エフエム放送FMちゅーピー
それぞれ、独自の『平和記念式典中継特別番組』を放送[6]
インターネット放送局
ニコニコ生放送では、2015年より広島ホームテレビの協力を得て、同社放送素材のライブストリーミング配信を実施。
2020年にはAbemaTVも参入(前述)。

なお、この他にも8月6日前後には各局で原爆の日関連の特別番組が多く放送される。

歴史[編集]

広島県知事楠瀬常猪(1948年)。ノーモア・ヒロシマズ運動の看板が掲げられている。
イギリス連邦占領軍幹部(1948年)。当初は原爆ドーム対岸にステージを設けて行われていた[7]
1952年。この年は原爆死没者慰霊碑の除幕式が行われた。

1947年に「広島平和祭」として第一回が催され、当時の広島市長である浜井信三が平和宣言を行った。この平和祭では式典のほか市内各所で盆踊りや仮装行列なども催され、アメリカの雑誌『ライフ』が「アメリカ南部の未開地におけるカーニバル」と形容したほど市民に希望を与えるものであった[8]

1950年6月から始まった朝鮮戦争において、米国は核兵器の使用を検討していた。原爆使用禁止のストックホルムアピールへの世界的署名運動が高揚するなか、GHQによってこの年の平和式典は禁止・中止された。原爆詩人・峠三吉らはこれを弾劾して原爆詩集などを発表した。

平和記念公園が開設された1954年以降は現在の形式で行われている。

年表[編集]

  • 1971年(昭和46年) 当時、現職の内閣総理大臣であった佐藤栄作が日本の内閣総理大臣として初めて式典に出席。黙祷が始まると同時に首相の式典参加に反対する学生が会場に乱入、逮捕される事件が起きた[9]
  • 2003年(平成15年) 当時市長であった秋葉忠利は、同年6月16日に北朝鮮朝鮮労働党の実質的トップである金正日総書記に対して、平和記念式典に参列依頼文書を発送していた。前述の平和宣言では反米感情を盛り込まない事がコンセンサスとされており、秋葉が広島市長選挙初当選以降の1999年から2001年の平和宣言では反米的な文言が盛り込まれ無かったのに対し、2002年の平和宣言ではアメリカ合衆国国務省に対して、反米的な文言が盛り込まれる傾向となり、読売新聞の翌日朝刊の社説で批判された。この傾向は、2006年(平成18年)、2007年(平成19年)、2008年(平成20年)の平和宣言でも盛り込まれており、2007年は産経新聞の翌日朝刊社説で[10]、2009年も式典前日の両紙の社説にて批判された。
  • 2010年(平成22年) ジョン・ルース駐日アメリカ大使として初めて式典に参列[11]。また、当時の国連事務総長である潘基文も初めて参列した。
  • 2012年(平成23年) 原子爆弾投下を命令したハリー・S・トルーマンの孫で元新聞記者のクリフトン・トルーマン・ダニエルが初参列[12]
  • 2014年(平成26年) 長崎平和祈念式典の翌日、世田谷区議会議員上川あやが自身のTwitterアカウントにて、内閣総理大臣である安倍晋三の広島及び長崎での来賓スピーチの文面が、テキスト比較ツールにて前年のスピーチ内容との酷似し、コピペだと批判するツイートを発信し[13]し、大手メディアが後追い報道を行った[14][15]。この件は、2020年の長崎平和祈念式典後の夜半に共同通信が匿名の被爆者の発言を元に同様の批判記事を配信し[16]、共同の加盟社である毎日新聞も共同の記事を引用し、翌日後追い記事で批判した[17]。しかし、2012年の両都市の平和祈念式典で当時:民主党政権期の首相であった野田佳彦の来賓スピーチも同様の内容であり、当時:鳩山由紀夫内閣内閣官房副長官であった松井孝治慶應義塾大学総合政策学部教授は、その理由について2014年に自身のFacebookアカウントのフィードと2020年には補足で自身のTwitterアカウントのツイートにて「式辞というのは、普遍的真実を述べる「古典」のようなもので、話の導入部は落語に喩えるとマクラとかくすぐりが変わっても良いが、同一人物が同一の価値観に立脚する限り、そうそう簡単に本論を変えるものではないので、指導者の美学が盛り込まれる事の方が可笑しい事である[18][19]」と指摘しており、報道番組を担当しているニッポン放送のアナウンサーである飯田浩司は、スピーチの文面自体は鳩山一郎首相時代と大体同じ内容であり、この報道自体がマッチポンプであり、この様な揚げ足取りが戦後75年の総括なっていないと批判した[20]
  • 2015年 (平成27年)ローズ・ガテマラー英語版当時:国務次官(軍備管理・国際安全保障)が、アメリカ政府高官として初めて参列[21][22]。また、広島東洋カープNPBセ・リーグ公式戦で慰霊の日のホーム公式戦日程時に催している「ピースナイター」の対戦チームである、当時:阪神タイガースの選手として所属していたマット・マートンが試合開始前に記念式典に参列していた事を自身のTwitterアカウントのツイートで明らかにした[23][24]。また、式典来賓挨拶に登壇した安倍晋三が一般参列者から野次られる光景があり、その他にも当時、国会集団的自衛権の限定的行使容認を明記した、安全保障関連法の審議中で安保法改正を反対する政治行動に出る参列者が複数現れた[25]。この不心得列席者事案は、3日後の長崎平和祈念式典や6月23日に執り行われる沖縄全戦没者追悼式でも発生し、2019年迄続いていた。後述のコロナ禍の式典一般参列者縮小で収まっている。
  • 2020年(令和2年) 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点に伴い、出席者数を例年より9割少ない最大880人に縮小し、一般の式典参列者を見送り、飛沫が浮遊するため吹奏楽や合唱は行わず平和記念公園の入場も午前5時から式典が終了する9時迄入場規制された[26][27]。また、同年2月時点でアントニオ・グテーレス国連事務総長が平和記念式典に参列する予定にしていたが[28]、コロナ禍で参列断念を発表し、ビデオメッセージに変更された。

参考資料[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 広島市による平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)の概要
  2. ^ a b 広島平和宣言
  3. ^ 平成27年(2015年)平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)
  4. ^ 特別番組「ひろしま」 (原爆死歿者慰霊式・平和記念式) ~広島市平和記念公園から~ | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル
  5. ^ 戦後70年 TBSでは合計15時間にわたり特別編成 TBSホット情報 2015年7月1日閲覧。
  6. ^ FMちゅーピーではサイマルラジオを通じて全世界にて聴取可能。
  7. ^ 悲しみと決意
  8. ^ 被爆50周年記念誌編修研究会編著『被爆50周年 図説戦後広島市史 街と暮らしの50年』 広島市、1996年、43頁。
  9. ^ ヒロシマ八・六の混乱 聖地の行方を憂う 祈り奪う権利ない 中国新聞 1971年8月7日 15面
  10. ^ 【主張】広島平和宣言 なぜ北の核には触れない 産経新聞東京本社版朝刊 2007年8月7日付
  11. ^ “【ルース駐日米大使離任】 長崎、広島への思い「オバマ大統領に伝えて」”. 47NEWS(共同通信). (2013年8月12日). http://www.47news.jp/47topics/e/244645.php 2015年8月29日閲覧。 
  12. ^ “ストーリー:トルーマンの孫と被爆者(その1) 「サダコ」に導かれ”. 毎日新聞. (2015年8月23日). http://mainichi.jp/shimen/news/20150823ddm001040155000c.html 2015年8月29日閲覧。 
  13. ^ KamikawaAyaのツイート(497060393643016192)
  14. ^ “安倍首相コピペスピーチ!?広島平和記念式典で昨年と冒頭一緒”. スポーツニッポン. スポーツニッポン(共同通信社). (2020年8月8日). オリジナルの2014年8月11日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140811063126/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/08/08/kiji/K20140808008707720.html 2020年8月10日閲覧。 
  15. ^ “安倍首相“コピペスピーチ”批判集める”. デイリースポーツ. (2014年8月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/2014/08/08/0007216278.shtml 2020年6月1日閲覧。 
  16. ^ “首相の被爆地あいさつ、文面酷似 広島と長崎、何のために来たのか”. 共同通信社. (2020年8月9日). オリジナルの2020年8月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200809131347/https://this.kiji.is/665179424563807329 2020年8月9日閲覧。 
  17. ^ “首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」”. 毎日新聞東京本社版朝刊. 毎日新聞社. (2020年8月11日). オリジナルの2020年8月12日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200812005157/https://mainichi.jp/articles/20200810/k00/00m/040/241000c 2020年8月12日閲覧。 
  18. ^ 100006126152789の投稿(1527146914166166) - Facebook
  19. ^ matsuikojiのツイート(1292974791608037376)
  20. ^ 「飯田浩司のOK!Cozy up!」8月11日(火) - YouTube
  21. ^ “広島の平和式典、米国務次官が初参列へ ケネディ大使も”. 朝日新聞デジタル. (2015年8月4日). http://www.asahi.com/articles/ASH843DC5H84PITB004.html 2015年8月6日閲覧。 
  22. ^ “広島原爆の日:ケネディ大使らも…過去最多の参列国”. 毎日新聞. (2015年8月6日). http://mainichi.jp/select/news/20150806k0000e040186000c.html 2015年8月6日閲覧。 
  23. ^ mmurton9のツイート(629104427278807040)
  24. ^ 阪神マット・マートンの平和記念式典への参列に称賛「尊敬する」”. livedoor ニュース (2015年8月7日). 2018年3月14日閲覧。
  25. ^ “式典中、首相にやじ”. 中国新聞広島版朝刊. 中国新聞. (2015年8月7日). オリジナルの2020年8月12日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200813013209/https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=664177&comment_sub_id=0&category_id=1251 2020年8月12日閲覧。 
  26. ^ “慰霊ルート一方通行に 8・6式典、感染対策へ2時間設定”. 中国新聞広島版朝刊. 中国新聞. (2020年8月10日). オリジナルの2020年8月12日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200813025501/https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=176536&comment_sub_id=0&category_id=637 2020年8月12日閲覧。 
  27. ^ “広島の平和記念式典、座席9割以下に 市「来場自粛を」”. 日本経済新聞. (2020年7月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61379960Q0A710C2LC0000/ 2020年7月20日閲覧。 
  28. ^ “国連事務総長、10年ぶりに広島の平和記念式典に参列へ”. 朝日新聞東京本社版朝刊. 朝日新聞東京本社. (2020年2月5日). オリジナルの2020年2月6日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20200206084355/https://www.asahi.com/articles/ASN255VPKN25UHBI038.html 2020年8月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]