鈴が峰住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 中国地方 > 広島県 > 広島市 > 西区 > 鈴が峰住宅
鈴が峰住宅
鈴が峰町
井口の北端にある鈴が峰西交差点は、 鈴が峰町の西口にあたる。
井口の北端にある鈴が峰西交差点は、
鈴が峰町の西口にあたる。
鈴が峰住宅の位置(広島市旧市内内)
鈴が峰住宅
鈴が峰住宅
北緯34度22分19.4秒 東経132度23分36.1秒 / 北緯34.372056度 東経132.393361度 / 34.372056; 132.393361
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県
市町村 Flag of Hiroshima, Hiroshima.svg 広島市
西区
面積
 • 合計 0.54km2
人口
平成26年2月末現在
 • 合計 5,085人
 • 密度 9,400/km2
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
733-0852
市外局番 082
ナンバープレート 広島
※座標は鈴が峰公民館付近

鈴が峰住宅(すずがみねじゅうたく)は、広島県広島市西区団地名である。傾斜地に建ち並んでいる多様な住棟群で知られている[注 1][注 2]。正式な住所は鈴が峰町であり、丁目の分類はない。郵便番号は733-0852(広島西郵便局管区)[注 3]。当地域の人口は5,085人、世帯数は2,278世帯[注 4]。面積は54ヘクタール[注 5]

地理[編集]

鈴が峰住宅の位置[編集]

鈴が峰住宅は広島市中心部(紙屋町)から西へ約6km、同市西区に位置する住宅団地[1]鈴ヶ峰南麓を切り開いて造成され[1]、団地には崖が多い。[2]。戸建て住宅のほか、アパートも立ち並ぶ[2]。西で井口台井口、南で草津、北で田方と接する[1]。団地北側の地下に西広島バイパス鈴ヶ峰トンネルが走る[1]

鈴が峰住宅団地内の地理[編集]

団地南部には広島市立鈴が峰小学校が立地。団地の東隣、井口台には広島市立井口台中学校があり、井口台とともに鈴が峰を校区としている。団地北西部の鈴が峰公園からの眺望は、広島ビジターズ・インダストリー戦略における瀬戸内眺望五景とビューポイントガイドの候補地となった[注 6]

歴史[編集]

沿革[編集]

広島西部開発事業計画により造られた団地[注 5]。広島西部開発事業計画は、山地部にて宅地を造成し、それらの排出土砂を利用した海面埋め立てにより、流通機能を高めたり工業用地不足を補うというものだった[注 5]1964年に基本調査が始まり、1966年から事業着手[注 5]鈴ヶ峰の山麓を削り、現在の商工センターなどになる地区の埋め立てが行われた[注 6]。削り取られた場所は団地用地となり、鈴が峰住宅が建設される[注 6]1977年には入居が開始される[注 6]。その後人口は増加、1988年には鈴が峰小学校の在校生数はピークに達し、1,200人となる[注 6]

人口の変遷[編集]

総数 [戸数または世帯数: R10.png、人口: G10.png ]

1980年昭和55年)12月[注 7] R30.pngR10.pngR03.png 1,079世帯
G50.pngG10.pngG10.png 3,491人
1990年平成2年)12月[注 7] R50.pngR30.pngR10.pngR05.png 2,370世帯
G100.pngG50.pngG05.pngG03.pngG01.png 7,941人
2000年(平成12年)12月[注 7] R50.pngR30.pngR10.pngR03.png 2,318世帯
G100.pngG30.pngG01.pngG01.png 6,592人
2010年(平成22年)12月[注 7] R50.pngR30.pngR05.pngR03.pngR01.png 2,219世帯
G100.pngG05.png 5,232人
2014年(平成26年)2月[注 4] R50.pngR30.pngR10.pngR01.png 2,278世帯
G100.pngG01.pngG01.png 5,085人

交通[編集]

バス[編集]

広島バスが運行するバス路線である鈴商線が時計回りに走っており、団地内とアルパークを結んでいる。広島電鉄によるバスである広電バスが団地内を走っており、たとえば広島バスセンター行きには鈴が峰住宅バスストップなどで乗り降りできる。

鉄道[編集]

JR西日本山陽本線新井口駅広島電鉄宮島線商工センター入口駅は、団地南端そばにある。

道路[編集]

西広島バイパス国道2号)商工センターランプが団地の両端を挟んでいる。また、団地南方には宮島街道が走っている。

いきいきタウンすずがみね[編集]

2003年、鈴が峰住宅は広島市西区の健康な街づくりを進めていくモデル地区となった[注 6]。これに伴い、鈴が峰ボランティアワークスが結成され、社会福祉協議会の協力を得て「いきいきタウンすずがみね」という、鈴が峰の町の改造構想が発表された[注 6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 国土地理院発行2万5千分の一地形図。
  2. ^ a b Google map”. 2014年1月5日閲覧。及びGoogle mapストリートビュー。

出典[編集]

  1. ^ arch-hiroshima 広島の建築. “鈴が峰住宅”. 2014年3月20日閲覧。
  2. ^ 吉永健一. “広島団地巡礼その4-鈴が峰市街地住宅、鈴が峰第3住宅、鈴が峰第5住宅”. 2014年3月20日閲覧。
  3. ^ 日本郵便. “郵便番号検索”. 2014年3月20日閲覧。
  4. ^ a b 2014年2月末現在、住民基本台帳調査による。広島市調べ。”. 2014年3月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 広島市HP 西部開発事業の概要
  6. ^ a b c d e f g いきいきタウン すずがみねの健康なまちづくり”. 2014年3月20日閲覧。
  7. ^ a b c d 1980年12月末および1990,2000,2010年12月末、住民基本台帳調査による。広島市調べ。”. 2014年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

画像外部リンク
団地百景 鈴が峰住宅
団地百景 鈴が峰住宅 写真集