アルパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ららぽーと > アルパーク
アルパーク
ALPARK
アルパーク全体
アルパーク全体
地図
店舗概要
所在地 733-8624
広島県広島市西区草津新町2丁目26番1号
開業日 1990年4月27日
施設所有者 三井不動産株式会社
施設管理者 三井不動産商業マネジメント株式会社
敷地面積 56,266[1]
延床面積 197,400[1]
商業施設面積 90,200[1]
店舗数 173店舗[1]
駐車台数 常設2,000
臨時1,300台
最寄駅
最寄IC
LaLaport
アルパーク東棟・西棟

アルパークは、広島県広島市西区にある、複合型大型ショッピングセンター三井不動産フジタなどの民間企業と広島市が、商工センターと呼ばれる流通団地の一角を開発し、1990年4月27日にオープンした。1992年より三井不動産商業マネジメント株式会社(2008年3月31日までは株式会社ららぽーと、2008年4月1日から2013年3月31日までららぽーとマネジメント株式会社)に運営を委託している。

施設[編集]

店舗棟の東棟(新館と一体化している)・西棟・北棟、駐車場棟の南棟で構成されている。テナント数は173店舗。

施設の建設はフジタが行っている。2008年の東棟リニューアル及び北棟の設計は、東京ミッドタウンなどの再開発などで活躍してきた建築家、Taku Shimizuが手がけている。

2009年4月、北棟の増床で東棟・西棟などと合わせ、中国・四国地方最大級(三井不動産プレスリリースより)の商業施設となった。

  • 敷地面積 - 約56,266 平方メートル|m2
    • 東棟・西棟などの既存施設部 - 約36,200 m2
    • 北棟 - 約20,066 m2
  • 延床面積 - 約197,400 m2
    • 東棟・西棟などの既存施設部 - 約180,200 m2
    • 北棟 - 約17,200 m2
  • 店舗面積 - 約90,200 m2
    • 東棟・西棟などの既存施設部 - 約77,000 m2
    • 北棟 - 約13,200 m2

店舗棟[編集]

東棟[編集]

アルパーク東棟
アルパーク新館(「GAP」、「無印良品」の看板がある直方体形の建物)

地下1階、地上10階建ての建物。開業当初からある建物で、2000年に建てられた新館と一体化している。メインテナントはスパークアルパーク店。開業当初は、広電ストアがメインテナントだった。

メインテナントの他は、専門店街、セントラルフィットネスクラブ、医療施設とアルパークバスターミナルで構成されている。東棟の入口通路に設けられていた長さ50mのアーチ型水槽による水族館「アクアアベニュー」はオープン当初から人気を集めていたが、1998年2月1日に閉鎖された。6階にアルパークシネマもあったが、2009年に閉館している(詳細は後記)。また、2階の北側出入口付近に設置されていたメリーゴーランドも2005年3月に撤去され「アルパサージュ」として整備されている。以前、東棟地下1階・1階に広電ストアが「アルパークひろでん」として出店していたが、広電ストアの運営する食品スーパーであるマダムジョイの閉店により2013年に完全撤退。跡地には同年スパークが出店した。撤退前にマダムジョイは売り場面積縮小を経験しており、生じたスペースは改装時にフードコート「アルタマール」などに再整備された。

2000年10月に、東棟隣に地上4階建ての新館がオープン。東館と一体で店舗を構築している。

2008年10月10日に「アルパーク大ヘンシン計画」の第1弾としてリニューアルオープン。この大ヘンシン計画は開店以来初めてとなる大掛かりな改装で、入り組んでいた通路を分かりやすく整理し、通路は大幅に広げられ回遊性が増した。また、以前A - F館・新館にゾーン分けられていたエリアは、アルパーク通りを挟んで山側が「グリーンサイド」、海側が「ブルーサイド」にエリア分けされた。

2013年4月25日に開業以来メインテナントとして構えていた「マダムジョイ」(旧:広電ストア)が撤退し、新たに地元のスーパーマーケットチェーン「スパークアルパーク店」が開業。

2014年2月28日4月25日に「クリスピー・クリーム・ドーナツ(現在は閉店済)」など広島県内初出店を含む27店舗の新規開業及びリニューアル開業を順次実施。このリニューアル時点で東棟と新館合わせて151のテナントとなった。

西棟[編集]

アルパーク西棟

地上4階建ての建物。開業当初からある建物で、メインテナントは天満屋広島アルパーク店。

メインテナントの他、レストラン街「グルメタウンヒロコシ」、廣文館、屋内遊園地「ニッケピュアキッズ」、もみじ銀行で構成されている。かつては、日本の各自動車メーカーの展示場だった。屋上にアルパークドライブインシアターOWLがあったが、2005年に閉館している(詳細は後記)。

北棟[編集]

アルパーク北棟

「アルパーク大ヘンシン計画」の第2弾として、東棟に隣接する西部埋立第四公園をはさんだ敷地に建設され、2009年4月24日にグランドオープンした。北棟建設前は朝日住宅展示場の跡地と従業員駐車場だった。敷地面積は約20,066m2、地上4階建てで1階は飲食店や大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」などが入居している。2階は大型複合専門書店「フタバ図書」が入居し、3・4階はシネマコンプレックスの109シネマズ広島で構成されている(詳細は後記)。


南棟(駐車場棟)[編集]

アルパーク南棟

東棟の南側にある駐車場棟。東棟と通路で接続している。

主なテナント[編集]

詳細についてはショップガイドを参照。

東棟[編集]

西棟[編集]

  • 天満屋(開業当時からの西棟主要テナント)
  • ブックガーデン廣文館
  • ピュアハートキッズランド

北棟[編集]

ポイントカード[編集]

アルポイントカードを発行しており、ノンクレジット版とクレジットカード版が用意されている。買い物した時にポイント発行されるほか、映画などが割引になるサービスを行っている。

2012年現在では、他のららぽーと・ララガーデンと共通の三井ショッピングパークカード(MSPカード)に移行している。アルポイントカードと同じく、ノンクレジット版とクレジットカード版の2つがある。

アルパーク専門店での買い物で100円につき現金支払いで1ポイント、クレジット支払で2ポイント発行。三井アウトレットパークでもクレジット支払でポイントが貯まる。なお、引き続きアルポイントカードも利用可能。

映画館[編集]

映画館施設が整備されている。

109シネマズ広島[編集]

109シネマズ広島
109 Cinemas Hiroshima
情報
正式名称 109シネマズ広島
完成 2009年
開館 2009年4月29日
収容人員 (9スクリーン)1539人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
運営 株式会社東急レクリエーション
所在地 広島県広島市西区草津南4-7-1 アルパーク北棟3階
位置 北緯34度22分32.1秒
東経132度23分37.2秒
アクセス 当該項目参照
外部リンク http://109cinemas.net/hiroshima/

109シネマズ広島(いちまるきゅうシネマズひろしま)は、アルパーク北棟3階・4階にある映画館シネマコンプレックス)。北棟のオープンに合わせてオープンした。中四国初の109シネマズ進出となった。9スクリーン有り、一番入場人数が多いシアター4が426人収容で、9スクリーン合計1470人収容できる。また、イオンモール広島府中内にある「広島バルト11」と異なる点としては、バルト11はポイントが入らないが、109シネマズではアルパークのポイントと109シネマズのポイント両方に入る。ポイントカードについては、109シネマズのポイントカードの記述を参照。2016年7月、新たに4DXを導入した。

  • シアター1 - 112人
  • シアター2 - 84人(4DX搭載シアター)
  • シアター3 - 104人
  • シアター4 - 426人
  • シアター5 - 217人
  • シアター6 - 146人
  • シアター7 - 135人
  • シアター8 - 82人
  • シアター9 - 164人


以前あった映画館[編集]

アルパークドライブインシアターOWL[編集]

アルパークドライブインシアターOWL
情報
正式名称 アルパークドライブインシアターOWL
完成 1995年
開館 1995年7月27日
閉館 2005年11月25日
収容人員 (1スクリーン)100(駐車台数)人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
所在地 広島県広島市西区井口明神1丁目16番1号 アルパーク西棟屋上
アクセス 当該項目参照

アルパークドライブインシアターOWL (Alpark Drive-in theater OWL) は、アルパーク西棟屋上にあった映画館。開館当初は神奈川県より西に唯一あるドライブインシアターだった。席数100(駐車台数)で、通常料金は1台1名1600円、1台2名以上の場合3200円だった。映画の音声はFMステレオラジオで受信する方式を採用していた。

2005年11月25日をもって閉館した。最終興行は「ステルス」だった。閉館後は駐車場となった。

アルパークシネマ[編集]

アルパークシネマ
Alpark Cinema
情報
正式名称 アルパークシネマ
完成 1990年
開館 1990年4月27日
閉館 2009年4月12日
収容人員 (2スクリーン)390人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
運営 常磐興行株式会社
所在地 広島県広島市西区草津新町2丁目26番1号 アルパーク東棟6階
アクセス 当該項目参照

アルパークシネマ (Alpark Cinema) は、アルパーク東棟6階にあった映画館。常磐興行が運営・経営していた。

座席数はシネマ1が176席、シネマ2が214席。常に洋画と、ヒット予想の高い邦画を数多く上映していた。

主な上映作品は「シュレック」「ロード・オブ・ザ・リング」「ブラザーフッド」「ダ・ヴィンチ・コード」「LIMIT OF LOVE 海猿」「バイオハザード3」「ウォンテッド」「レッドクリフPart1」など。

2009年4月12日をもって閉館した。最後の上映作はシネマ1が「マンマ・ミーア!」、シネマ2が「オーストラリア」であった。

アクセス[編集]

鉄道[編集]

最寄駅からはペデストリアンデッキで接続されている。このペデストリアンデッキは、海と島の博覧会の開催時に整備された。

アルパークバスターミナル[編集]

東棟1階部分に、バスターミナルが設置されている。案内上の名称はアルパーク

のりば[編集]

  • 1番のりば 現在はのりばとしては使われず、降車バースとなっている。
  • 2番のりば
    • 28号(鈴商)線(広島バス) 鈴が峰住宅方面
  • 3番のりば
    • 25号(草津)線(広島バス) 草津・庚午・己斐・広島駅方面
ただし午前6・7時台のみ、西棟もみじ銀行前のバス停に停車する。
  • 4番のりば
    • 50号(東西)線(広島バス) 草津・観音新町・広商入口・吉島西・御幸橋・平塚町・広島駅方面
  • 5番のりば
    •  28号(鈴商)線(広島バス)LECT方面
  • 7番のりば 現在は廃止され、タクシー乗り場になっている。


駐車場[編集]

アルパーク臨時駐車場

常設駐車場には3棟併せて2000台収容できる。東棟への入庫は南棟から行う。

  • 西棟(1000台)
  • 南棟(400台)
  • 東棟 5階-8階(600台)

料金は4時間までは無料。それ以降は30分200円、20時以降から翌日8時までは1時間100円になる。また、買い物などにより、無料時間が延長される。常設駐車場とは別に、土曜・日曜・祝日には国道2号沿いに3カ所ある計1,300台収容の平面の無料臨時駐車場が開放される。常設・臨時を合わせて合計3,300台収容できる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度22分23.7秒 東経132度23分37.2秒 / 北緯34.373250度 東経132.393667度 / 34.373250; 132.393667