松山三越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三越 > 松山三越
株式会社 松山三越
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
790-8532
愛媛県松山市一番町3丁目1-1
北緯33度50分26.1秒
東経132度46分10.4秒
座標: 北緯33度50分26.1秒 東経132度46分10.4秒
設立 2009年10月1日
業種 小売業
法人番号 1500001008833
事業内容 百貨店の運営
代表者 代表取締役社長 永木昭彦
資本金 5,000万円
従業員数 約380名(2010年4月現在)[1]
主要株主 三越伊勢丹ホールディングス(100%)
特記事項:三越松山店として開店。
テンプレートを表示
松山三越(本館)

株式会社松山三越(まつやまみつこし)は、愛媛県松山市に立地する百貨店と、その運営会社である。

概要[編集]

大街道商店街松山中央商店街の一部)付近に立地している。周囲には「松山全日空ホテルAVA」(松山全日空ホテル内の商業施設)や伊予鉄会館、アエル松山ラフォーレ原宿・松山跡地に2015年8月オープン)などといった商業施設や店舗が広がっている。

歴史[編集]

戦災復興のさきがけとして、終戦から1年2ヶ月後の1946年10月7日に三越松山店として開店した[2]。戦後のモノ不足の中、産品豊富な松山から物資を東京や大阪へ送達する役割を担い、また松山店開店は周囲の商店街に刺激を与え復興にも貢献した。三越にとっては戦後初の新規出店であった。

世相安定後は、唯一の東京資本の小売業・百貨店として、東京の文化や香りを松山に紹介する役割へと変化し、四国初のエレベーター設置やファッションショーの開催など、常に話題を提供した[2]

三越の親会社である三越伊勢丹ホールディングスの地方店舗分社化に伴い、2010年4月1日をもって株式会社松山三越として分社化された(法人設立は2009年10月1日)。

館内[編集]

  • 屋上 - 愛媛フットサルパーク松山三越、ペットグッズ&トリミングサロン
  • 8F - レストランエステティックサロン学校制服、駐車場
  • 7F - 催物会場、レディスファッション、エムアイ友の会、、保険カウンター(生命保険損害保険)、駐車場
  • 6F - 美術ギャラリー、宝飾品サロン、時計メガネサロン、きものサロン、イベントサロン、駐車場
  • 5F - リビング・インテリア用品、子供服・ベビー用品、マタニティ用品、文具・木製玩具
  • 4F - メンズファッション、ゴルフ用品
  • 3F - ワールドブティック、レディスファッション
  • 2F - ヤング&キャリア、レディスファッション
  • 1F - インターナショナルブティック、ファッショングッズ・化粧品
  • B1F - 食賓館(食料品)、駐輪場
  • B2F - 駐車場

駐車場に関して[編集]

駐車場は上述の通りB2F・6~8Fにあり、車両用エレベーターで移動する。フロアにより対応可能な高さの上限が違うため、ミニバンSUV軽トールワゴン等背高の車両では利用できない場合もある[3]。 また二輪車に関しては地下に駐輪場が用意されているが、バイクに関しては100ccまでとされている。 このような状況もあり、周辺に提携駐車場・駐輪場が多数がある。

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ YOMIURIONLINE(読売新聞) - YOMIURI ONLINE(読売新聞)[リンク切れ]
  2. ^ a b 『まちづくりにあたって百貨店が果たすべき役割と方向性』 - 三越伊勢丹ホールディングス、2013年12月23日閲覧。
  3. ^ 入庫の際、入口で係員から指示を受ける場合がある
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]