札幌三越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三越 > 札幌三越
札幌三越
SAPPORO MITSUKOSHI
本館外観(2011年5月)
本館外観(2011年5月)
店舗概要
所在地 060-0061
札幌市中央区南1条西3丁目8
座標 北緯43度03分34秒 東経141度21分10秒 / 北緯43.05944度 東経141.35278度 / 43.05944; 141.35278座標: 北緯43度03分34秒 東経141度21分10秒 / 北緯43.05944度 東経141.35278度 / 43.05944; 141.35278
開業日 1932年5月1日[1]
施設所有者 札幌丸井三越
施設管理者 札幌丸井三越
商業施設面積 20,577 m²[2]
営業時間 10:00 - 19:00
10:00 - 19:30(本館地下2階から2階、北館)
最寄駅 ST Logo.svg 大通駅
ST Logo.svg 西4丁目停留場
外部リンク 札幌三越
MITSUKOSHI

札幌三越(さっぽろみつこし)は、札幌市中央区にある百貨店北海道百貨店協会加盟。

概要[編集]

1932年昭和5年)、札幌では「札幌興農園百貨店」(後の五番館、札幌西武)、「丸井今井札幌本店」に次ぐ百貨店として開店した[3]。本館と北館(札幌一銀ビル内)があり、札幌の繁華街札幌一番街四番街の交点)に立地しているため、本館前は長らく北海道内で最も地価路線価)の高い場所になっていたが[4][5][6][7][8][9][10][11][12]2006年平成18年)に札幌駅南口(札幌ステラプレイス前)が初めて首位になった[13][14]。また、かつては北海道内の民間放送局(北海道放送札幌テレビ放送北海道テレビ放送北海道文化放送)制作によるテレビショッピングを放送しており、販売員に金田一仁志を起用していた。

歴史[編集]

京屋呉服店があった角地に、東京にある三越の支店として開店した[15]

年表

フロア[編集]

本館

  • 屋上:屋上広場(冬季閉鎖)
  • 10階:呉服/子供服/学校制服/催事場/総合ギフト/サービスカウンター
  • 9階:宝飾/時計/美術/メガネ/理容室/レストラン/三越ギャラリー
  • 8階:リビング/インテリア
  • 7階:紳士服・紳士雑貨・紳士靴/紳士鞄/駐車場連絡通路
  • 6階:婦人服
  • 5階:特選ブティック
  • 4階:婦人服/4F連絡通路
  • 3階:婦人服/婦人靴・ハンドバッグ・婦人財布・トラベル用品
  • 2階:婦人服/婦人雑貨
  • 1階:服飾雑貨/化粧品/特選ブティック
  • 地下1階:食品
  • 地下2階:食品

北館

  • 2階:紳士服/紳士雑貨(エンポリオ アルマーニ)
  • 1階:婦人服/婦人雑貨(エンポリオ アルマーニ)

アクセス・駐車場[編集]

国道36号札幌駅前通)と南1条通の交点に位置しており、さっぽろ地下街「ポールタウン」に直結している。

駐車場

  • 札幌一銀ビル三越駐車場
  • まるいパーキングA
  • まるいパーキングB
  • 「カモンチケット」加盟駐車場[25]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国内店舗事業一覧”. 三越伊勢丹ホールディングス. 2017年9月12日閲覧。
  2. ^ 三越伊勢丹グループ 各店・各社情報2017 (PDF)”. 三越伊勢丹ホールディングス. p. 6. 2017年9月12日閲覧。
  3. ^ 札幌市中心部の百貨店(デパート)事情”. 北海道ファンマガジン (2009年2月17日). 2017年9月12日閲覧。
  4. ^ 今年も道内最高の評価額がついた札幌の三越前南1条通り”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1972年12月21日). 2017年9月12日閲覧。
  5. ^ 「1坪欲しいなあ」。道内で1番高い札幌の三越前”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1976年2月11日). 2017年9月12日閲覧。
  6. ^ 昭和52年分も本道の最高路線価の札幌三越前南1条通り”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1977年2月17日). 2017年9月12日閲覧。
  7. ^ 土地の評価額が道内最高の三越デパート前=札幌市中央区南1条通り”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1978年2月16日). 2017年9月12日閲覧。
  8. ^ 他市を大きく引き離して今年も全道一の札幌・三越デパート前南1条通り”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1982年1月15日). 2017年9月12日閲覧。
  9. ^ 最高路線の上昇率、全道一の札幌中心部、のしかかる相続税負担—減税も焼け石に水、住宅地への波及も怖い”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1989年1月28日). 2017年9月12日閲覧。
  10. ^ 地価高騰、地方拡散進む—札幌の上昇率は42%、史上3位。小樽、過去最高の34.9%”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1990年1月19日). 2017年9月12日閲覧。
  11. ^ 道内、路線価、景気後退に地価税重く—百貨店、経常益の2割超か。不動産業、賃貸料引き上げも”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1992年8月31日). 2017年9月12日閲覧。
  12. ^ 企業に重い地価税負担*税率アップ*路線価の下落“相殺”*道内”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1993年8月18日). 2017年9月12日閲覧。
  13. ^ 全国路線価 14年ぶり上昇*道内も札幌で9年ぶり*札幌駅南口、初の首位*全道平均は2.4%下落”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2006年8月1日). 2017年9月12日閲覧。
  14. ^ 札幌駅南口 路線価道内一*街に魅力 投資呼ぶ*大型ビル建設が集中*大通地区*商業者に危機感”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2006年8月2日). 2017年9月12日閲覧。
  15. ^ a b c d 一番街の歴史”. 札幌一番街商店街. 2017年9月12日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i 会社概要”. 札幌丸井三越. 2017年9月12日閲覧。
  17. ^ 三越デパート拡張”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1968年11月1日). 2017年9月12日閲覧。
  18. ^ デパートは背くらべ 冬季五輪へ拡張”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1969年5月23日). 2017年9月12日閲覧。
  19. ^ ヤング作戦で3月1日オープンする三越新館”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1970年2月26日). 2017年9月12日閲覧。
  20. ^ 警察官も出動した三越オープンの人出。店内の特売場もたちまち“札止め”になった”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1971年10月28日). 2017年9月12日閲覧。
  21. ^ 三越 丸善南1条店に新店舗 「アネックス」5日オープン”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1992年4月1日). 2017年9月12日閲覧。
  22. ^ 三越 大通公園側に増床*8月、まず1000平方メートル”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年4月27日). 2017年9月12日閲覧。
  23. ^ 札幌三越きょう分社*丸井今井と一体運営*駅前に対抗*大通復権めざす”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2010年4月1日). 2017年9月12日閲覧。
  24. ^ 「2Bより2M」 丸井今井と札幌三越の渾身リニューアルで個性取り戻せるか”. リアルエコノミー (2015年9月19日). 2017年9月12日閲覧。
  25. ^ カモンチケット”. 札幌大通まちづくり. 2017年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]