岡田茂 (三越)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おかだ しげる
岡田 茂
Okada Shigeru.JPG
生誕 1914年大正3年)8月3日
日本の旗 日本・京都府
死没 (1995-07-20) 1995年7月20日(80歳没)
出身校 慶應義塾大学文学部
職業 実業家

岡田 茂おかだ しげる1914年大正3年)8月3日 - 1995年平成7年)7月20日)は、日本実業家である。老舗百貨店・三越を率いて10年に渡り社長に君臨し「流通界の革命児」と呼ばれたが、1982年昭和57年)の「三越事件」で解任され、後に特別背任で有罪へと、明暗二様を生きた。

人物[編集]

京都府出身、慶應義塾大学文学部卒業。

1972年(昭和47年)から三越社長を務め、「岡田天皇」と呼ばれるほどのワンマン体制で権勢をふるったが、愛人への不正な利益供与などの背任行為が問題となるなどして解任され、法的にも有罪判決を受けることとなった。

経歴[編集]

大学を卒業した1938年(昭和13年)に三越に入社。宣伝部長を経て、銀座店店長となった。同店店長時代にはヤングファッションを中心とする営業政策や日本マクドナルドのテナント入りで成績を上げた。これによって、岡田は当時の三越社長・松田伊三雄の高評を得る一方、社内での公私混同が問題とされるようにもなっていた。

専務時代の1970年(昭和45年)には、ニッポン放送高崎一郎と共に、日本初のテレビショッピング番組とも言われる『東京ホームジョッキー』(フジテレビ、後の『リビング4』)を立ち上げている。

三越社長[編集]

1972年(昭和47年)に松田の後任の社長に就任。「これからは物だけ並べて売る時代じゃなくなるから、旅行、趣味、教育、医療にも目を向けろ。いずれ来る高齢化社会に備えて百貨店が他と差別化して何ができるか考えろ」と語るなど、百貨店経営においてユニークな発想を持っていた。社長としては決断力が高く指示が非常に早かったが、社内では「岡田天皇」と呼ばれるほどのワンマン体制を築き、意に沿わぬ人物を次々と粛清する。岡田のライバルとされていた坂倉芳明を常務の座から追い、坂倉は堤清二の招きで西武百貨店副社長となった後、社長となる[注釈 1]

三越事件[編集]

強引な経営手法は1982年(昭和57年)6月には優越的地位の濫用公正取引委員会から審決を受ける。そして同年8月の「古代ペルシャ秘宝展」で偽物騒ぎが発生、さらに「三越の女帝」と呼ばれた愛人の竹久みちへの不当な利益供与も明るみに出た。こうした中、水面下では三井銀行小山五郎相談役などの三井グループの幹部や三越の反岡田派を中心とした「岡田おろし」の準備が進められていた。

同年9月22日には取締役会が行われたが、その途中で岡田は腹心の専務、杉田忠義に議長を交代した。そこで杉田は秘密裏に計画していた岡田解任決議案を発議、16対0で可決成立し、その場で岡田は非常勤取締役に降格となった。このとき岡田が発したとされる言葉「なぜだ!」はこの年の流行語となる。

10月に竹久が特別背任逮捕、10月29日に岡田自身も逮捕される。逮捕の際に取締役を辞任、これ以後三越とは株主の一人としてのつながりだけになった。1987年(昭和62年)に東京地裁で懲役3年6ヶ月の実刑判決、控訴審東京高裁1993年平成5年)に懲役3年の実刑判決が出され、上告するが係争中の1995年(平成7年)7月20日、腎不全のため死去。享年80。また竹久も懲役2年6月、罰金6000万円の実刑判決が確定、栃木刑務所に収監され、岡田の死から14年後の2009年(平成21年)7月24日に死去した。

栄典[編集]

家族[編集]

娘の幾美子は旧皇族竹田恒徳の二男、恒治に嫁いだ。次男の之夫はTBSに勤務していた。

エピソード[編集]

  • 慶應大学予科在学時に『豫科會誌』に当選した小説作品「泡沫」を東京アド・バンク社から1980年1月に出版しており、冒頭40ページを割いて、戸板康二、五木寛之、内村直也中村汀女池田弥三郎杉村春子ペギー葉山など著名人10人の序文を載せるという形を取っていた。
  • 高杉良の小説、「王国の崩壊」(新潮文庫)は岡田をモデルとしており、大下英治の経済小説、「小説三越・十三人のユダ」も岡田の解任劇までをモデルにしている。また、警視庁刑事の萩生田勝の「警視庁捜査二課」で岡田を取り調べたエピソード、見沢知廉の「囚人狂時代」には東京拘置所時代の岡田の姿が描かれている。

注釈[編集]

  1. ^ 後に復帰して三越社長

関連項目[編集]

外部リンク[編集]