名鉄百貨店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社名鉄百貨店
MEITETSU Department Store Co., Ltd.
MEITETSU Department Store - Head Store - 01.JPG
名鉄百貨店本店本館
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
450-8505
名古屋市中村区名駅1-2-1
設立 1952年昭和27年)12月
(名鉄ビルディング株式会社)
業種 小売業
法人番号 4180001033069
事業内容 百貨店
代表者 代表取締役社長 佐藤 健
資本金 55億2800万円
売上高 773億6799円(2009年3月期)
従業員数 919名(契約社員含む)
男性462名、女性457名(2009年3月現在)
決算期 3月
主要株主 名古屋鉄道(株) 100%
外部リンク http://www.e-meitetsu.com/mds/
特記事項:名鉄百貨店の創業は1954年(昭和29年)12月1日
テンプレートを表示

株式会社名鉄百貨店(めいてつひゃっかてん、英称MEITETSU Department Store Co., Ltd.)は、日本の百貨店である。名鉄グループの企業として、1954年昭和29年)12月に開業した。登記上の設立は1952年(昭和27年)12月17日。

概要[編集]

名古屋市中村区名駅の本店(名鉄名古屋駅の直上)の他に、愛知県一宮市名鉄一宮駅隣接地に一宮店がある。また関連会社金沢名鉄丸越百貨店(店名は現在「めいてつエムザ」)」が石川県金沢市に1店舗ある。

1936年昭和11年)8月に現在のJR(当時の国鉄)名古屋駅建設した際に駅と駅前広場を作った残り約3万坪の土地が余剰となったため、1937年昭和12年)2月阪急グループ小林一三よりターミナルデパートの経営戦略の指導を受けて同年3月には建築申請を愛知県知事に行い、翌年1938年昭和13年)1月 - 百貨店法に基く百貨店の出店申請を名古屋鉄道が行ったが実現せず、百貨店の開業は第二次世界大戦後に持ち越されることとなった[1]

第2次世界大戦後に名鉄駅ビル百貨店を開くにあたっては、名古屋の名門松坂屋と話合いを持ち出店する方向で進んでいたが、これが暗礁に乗り上げたため、戦前に指導を受けた小林一三[1]が創業した電鉄系百貨店の老舗阪急百貨店の支援を受けて創業した。その関連から名鉄東宝(閉館)や名鉄ホール等の阪急電鉄文化の名残が残る。

こうした経緯から、2000年以降、ジェイアール名古屋タカシマヤとの競争激化に伴う経営悪化への対応として、名鉄の完全子会社化と、伊勢丹による支援・業務提携を受けた。それに伴い、同社のクレジットカードについても、セントラルファイナンス(現・セディナ)やクレディセゾンとの提携カードから、伊勢丹アイカード(現・エムアイカード)との提携による、「名鉄百貨店アイカード」に変更された。 しかしその後、伊勢丹三越の経営統合に伴い、栄地区にある名古屋三越栄店との競合や、名古屋駅前で建て替え中の大名古屋ビルヂングに来秋専門店を開業させる予定など三越伊勢丹の店舗がライバル関係になり、親会社・名古屋鉄道の「名鉄ミューズカード」と新たに提携し、三越伊勢丹との提携は解消に向かいつつある。

2009年頃までCBCラジオの朝ワイドで、「ターミナルサロン」というタイトルで本百貨店の買い物情報コーナー枠を、名古屋鉄道との共同提供で設けていた。コーナー冒頭では2000年頃までパノラマカーミュージックホーンが流れていた。コーナーBGMはパーシー・フェイス・オーケストラ「IN LOVE(恋をして)」。

歴史[編集]

  • 1937年昭和12年)2月 - 阪急の小林一三よりターミナルデパートの経営戦略の指導を受ける[1]
    • 3月 - 名古屋鉄道が百貨店の建築申請を愛知県に提出[1]
  • 1938年(昭和13年)1月 - 百貨店法に基く百貨店の出店申請を名古屋鉄道が行う[1]
  • 1952年(昭和27年)12月 - 名鉄ビルディング株式会社として設立。
  • 1954年(昭和29年)
    • 4月 - 株式会社名鉄百貨店に商号変更。当初の社章は、名古屋市出身の画家杉本健吉による、「」の字を図案化したものであった。
    • 12月1日 - 名古屋本店開店。地上3階、地下1階の体制でスタート。
  • 1957年(昭和32年)
  • 1967年(昭和42年)6月 - メルサ(現:本店メンズ館)オープン。
  • 1970年(昭和45年)7月 - 名古屋証券取引所第一部に上場。
  • 1972年(昭和47年)4月 - セブン館(旧ヤング館)オープン。
  • 1973年(昭和48年)4月 - ナナちゃん人形が設置された。
  • 1994年平成6年)3月 - セブン館がリニューアルオープン。
  • 1995年(平成7年)
    • 7月 - 名古屋ロフト運営会社の株式会社名鉄生活創研を設立。
    • 9月 - 本館リニューアルオープン。
  • 1996年(平成8年)
  • 1997年(平成9年)
    • 3月 - 本館ニューボーンパートI完成。
    • 9月 - 本館ニューボーンパートII完成。
  • 1998年(平成10年)
    • 3月 - 本館ニューボーンパートIII完成。
    • 9月 - 本館ニューボーンパートグランドオープン。
  • 1999年(平成11年)1月 - セントラルファイナンス(現・セディナ)や、クレディセゾンとの提携カード「Meiカード」発行。
  • 2000年(平成12年)
  • 2003年(平成15年)10月 - 株式会社メルサとの統合および本館・メルサ駅前店(現:メンズ館)・セブン館(旧ヤング館)の3館統合計画を発表。
  • 2004年(平成16年)2月 - 名古屋鉄道による完全子会社化で上場廃止。
  • 2005年(平成17年)
    • 2月 - 伊勢丹との業務提携を行う。
    • 9月 - メルサ駅前店(現:メンズ館)を名鉄百貨店メルサ館として統合し、3館統合のためリモデル計画を実施。
    • 11月 - 3館統合計画の第一弾として、メルサ館(現:メンズ館)地下1階にフレッシュステーションがオープン。本館地下1階スイーツステーションの完成でフードターミナルがグランドオープン。
  • 2006年(平成18年)
    • 9月 - セブン館をヤング館に改称。
    • 10月 - 新カード「名鉄百貨店アイカード」発行。メルサ館をメンズ館に改称。
  • 2007年(平成19年)3月 - 本館および本店メンズ館・本店ヤング館の統合リニューアルオープン。
  • 2009年(平成21年)4月 - VISAと提携した、「新・名鉄百貨店アイカード」発行。ETCカードも発行。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月 - ヤング館が閉館。
    • 4月 - 本館4階に新たな若者向け婦人服売り場「メゾン・ドゥ・ナナ」がオープン。
    • 11月 - ヤング館跡に「ヤマダ電機LABI名古屋」がオープン。
  • 2012年(平成24年)11月28日 - 本店と一宮店の全館でmanacaが使用可能になった(地下の一部店舗では既に使用可能)。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 創業60周年を記念し、1年間限定で創業当時のロゴ(前述の杉本健吉・作)と紙袋を復刻しプロモーションを行う。
  • 2014年(平成26年)12月30日 - 同日午前に本館の屋上で火災が発生。百貨店の買い物客、従業員が一時避難。屋上施設の一部を焼いたが、負傷者はいなかった。[2]

本店[編集]

名鉄百貨店本店
Meitetsu
名鉄百貨店本店メンズ館(名鉄バスターミナルビル)
名鉄百貨店本店メンズ館
(名鉄バスターミナルビル)
店舗概要
開業日 1954年12月1日
商業施設面積 53,108 m²
駐車台数 330台(名鉄スカイパーキング)
最寄駅 Meitetsu logo.png名鉄名古屋駅
外部リンク 名鉄百貨店
meitetsu
名鉄百貨店本店 旧ヤング館
(大手町建物名古屋駅前ビル)
ヤマダ電機 LABI名古屋開店後
(大手町建物名古屋駅前ビル)

本館、メンズ館(名鉄バスターミナルビル)、ヤング館と3館体制を敷いていたが、2011年(平成23年)3月31日のヤング館閉館に伴い4月からは2館体制になった。また名鉄バスターミナルビル内には名古屋鉄道本社、名鉄グランドホテル名鉄バスセンター名鉄東宝(閉館)などの施設が存在する。2006年度(平成18年度)に大規模な3館一体化リニューアルをしているが、同時に本館以外の名称も変更となった。また、2005年(平成17年)には地下食料品売り場の改装にあわせて、これまで駅施設と商業施設が混在していたのを分離・集約した。リニューアル前には目立つシンボルマークがあったが、リニューアルと同時に青地に「meitetsu」の看板に変更となった。3館計64,548㎡→2館計53,108㎡

  • 本館
    地上10階地下2階建て。開店当初は3階建て。その為、3階までと4階以上ではフロア形状が異なるという名残がある。10階に劇場「名鉄ホール」。地下部に名鉄名古屋駅。1階北側コンコースには名古屋で一番当たりが出るといわれる、名古屋市で一番有名な宝くじ売り場(通称名鉄チャンスセンター)もある。また、地下1階において2002年(平成14年)4月1日から閉鎖されていたメルサ改札口は2005年(平成17年)9月27日に地下食料品売り場のリニューアルと同時に新南改札口として再開された。これは百貨店から直接豊橋方面のホームへ行ける入場専用改札口となっている。38,085㎡
  • メンズ館
    地上18階地下1階建て。3階・4階に日本初の本格的な立体型バスターミナル名鉄バスセンター。7階 - 10階は名古屋鉄道本社および関連企業のオフィス棟。11階以上は名鉄グランドホテルとなっている。6階には映画館の名鉄東宝があったが、2006年(平成18年)2月24日に閉館した。
    元々は「MELSA」(名鉄エレガンスレディースショッピングアベニュー)という名称のファッションテナントビルで、開業は1967年昭和42年)とパルコより古い歴史を持つ。開業以来関連会社の株式会社メルサが運営していたが、のちに名鉄百貨店に移管され「メルサ館」と改称。メンズ専門館としてリニューアルされた2006年(平成18年)10月25日に再度名前が「メンズ館」に変更された。尚、現在のメルサの本店機能は名古屋栄に移管している(名称が「栄メルサ」から「メルサ栄本店」に変更された)。15,023㎡
  • (旧)ヤング館
    地上11階地下1階建て。1階に三井住友銀行名古屋駅前支店(旧住友銀行名古屋駅前支店)が有り、同行の関連会社大手町建物が不動産を所有。多くのフロアが、メンズ館と直結しており、7階 - 11階は名鉄スカイパーキング。屋上はテニスラウンジがある。11,440㎡
    1972年(昭和47年)に名鉄百貨店のヤング向け別館「MEITETSU SEVEN」として開業。地下1階から地上6階の「7」フロアの店舗であったこと、生活サイクルが1週間(7日間)を基準にしていること、「ラッキーセブン」に掛けたことなど、ヤング層の感性にマッチしていることから命名された。2006年(平成18年)9月6日の館内リニューアルと同時に「セブン館」から改称した。
    セブン館時代に東海ラジオが館内にサテライトスタジオを設置していた(当時館内で店を経営していた宮地佑紀生が初めてラジオのマイクでしゃべった場所でもあった)。
    2010年(平成22年)11月9日、家電量販店最大手のヤマダ電機との間でヤング館跡地に出店合意した。ヤング館は2011年(平成23年)3月31日に閉鎖し、同年11月25日に「LABI名古屋」として開業[3]。これにより、本館とメンズ館の2館体制になり、ヤング館の婦人服売り場は本館の3、4階に集約する。尚、LABI名古屋は地上5階地下1階のフロア構成になり、6階は倉庫として使用される。
    ヤング館以外の施設はLABI名古屋にリニューアル以降も営業中。


ナナちゃん人形[編集]

名鉄ヤング館のナナちゃん人形
名鉄百貨店本館「メゾン・ドゥ・ナナ」のミナちゃん人形

ヤング館の前に立つ巨大マネキン"ナナちゃん人形"は名古屋駅の待ち合わせ場所として有名。1973年(昭和48年)、「セブン館」の1周年を記念して設置された。

プロフィールでは、昭和48年4月28日生まれ、身長610cm、体重600kg、スリーサイズはバスト207cm、ウエスト180cm、ヒップ215cmとなっている。素材はFRP硬質塩ビ樹脂。名前の由来は、ヤング館の旧称であるセブン館の「7」から[4]。名鉄百貨店の広報部員である。設置元の名鉄百貨店も含め、当初はスイス生まれ(スイスシュレッピー社製「スカイスクレーパー」。後にイタリアの会社に統合される)としていたが、当時ナナちゃん人形を買い付けた人物の話により、実際はシュレッピー社とライセンス契約を結んでいた東京のマネキン会社ロア社(1994年経営破綻)の製品で、長野県高遠町(現:伊那市高遠町)で製造されたものであることが明らかになった[5]。スイス製になった経緯は「マネキンが目立ったらいいなと思っただけで、製造元にはあまり関心がなかったから」という安直なものであったという。今後、名鉄百貨店の公式サイトでもスイスでデザインされた日本製に改めるとしている[6]

季節によって様々な服や水着に着替え、行政イベントや、ユニフォーム姿で中日ドラゴンズの応援媒体としても活躍し、着替えた後の姿が地元マスコミで報道される事もある。イベントなどのない場合に無着衣のこともある。

衣装は名鉄百貨店のキャンペーンに関連したもの、あるいは公共の啓蒙活動など社会貢献につながるものに限っており、他からの着せ替え依頼についてはすべて断っていたが2012年4月に「親しまれてきたキャラクター像を壊さないこと」を条件に、一般企業広告の着せ替え(電通名鉄コミュニケーションズ扱い)を解禁した[7]

2006年(平成18年)10月5日深夜、名鉄百貨店セブン館と名鉄バスターミナルビル前の歩行者通路の一体化工事と名鉄バスセンターと各館連絡通路工事のため、一時的にナナちゃん人形は撤去された。その間、ナナちゃん人形の居場所は秘密であったが、2007年(平成19年)2月16日愛知芸術文化センターにお目見えし、3月11日まで展示された。そして、2007年(平成19年)3月18日名鉄百貨店全館グランドオープン時に、以前の場所から北側に約3メートル、東側に約1.5メートル離れた場所、つまり若干JR名古屋駅に近づいた場所に再設置された。

2010年(平成22年)4月10日から、「なでしこナナブログ」を開始。手足となるチビナナがブログ更新に活躍している模様。 4月15日のブログでは「普段動きまわっているときの小さい私」を紹介しているため、「チビナナ」が分身なのか同一の存在なのかは不明である。

2010年(平成22年)9月10日 - 24日の間、「コカ・コーラ セントラル ジャパン」が行った東海地方限定「でら!ジョージア」プロジェクトの一環で衣装に設置されたスピーカーを通して全19種類のメッセージを37歳にして初めてしゃべった。

2011年(平成23年)6月1日から7日まで、愛知県の特定検診 啓発キャンペーンとして、キャンペーン中メタボリックシンドロームの体形、ウエスト180cmから285cmに変更。

2011年(平成23年)11月2日に本館「メゾン・ドゥ・ナナ」のマスコットキャラクターとして、6分の1サイズのナナちゃん人形がお披露目された。名前は一般公募で「ミナちゃん」と名付けられた。


中日マスコット関連商品の展開[編集]

現在は中日ドラゴンズのマスコット人気にあやかったいくつかの商品を販売している。殆どのアイテムは同社のネットオンラインショッピング「めいてつオンライン」で購入出来る。パッケージにドアラ直筆のセリフやクッキー本体にドアラ直筆の絵が描かれた「ドアラのクッキー」やドアラ・シャオロンパオロンのそれぞれの名前より命名された「どあろん」(ドアラの「ドア」とシャオロン・パオロンの「ロン」をマカロンと引っ掛けたもの)などユニークな発想に富んだお菓子類もあり、特に「ドアラのクッキー」はその独特のイラストも相俟って人気が高い。

一宮店[編集]

名鉄百貨店一宮店
Meitetsu
名鉄百貨店一宮店
名鉄百貨店一宮店
店舗概要
所在地 491-8585
一宮市新生1-1-1
開業日 1954年12月1日
商業施設面積 17,729 m²
駐車台数 580台
最寄駅 Meitetsu logo.png 名鉄一宮駅
外部リンク 名鉄百貨店 一宮店
meitetsu

現在の店舗は名鉄一宮駅に隣接している。旧名鉄東一宮駅跡に丸栄との共同出資で開設された名鉄丸栄百貨店の後身一宮名鉄百貨店を、一宮駅ビルに移転して開設。17,729㎡

関連会社[編集]

なお、名鉄インテリアは2006年(平成18年)8月30日に閉店している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道1994年
  2. ^ 名鉄百貨店の屋上で火災、一時騒然 客ら無事避難
  3. ^ ヤマダ電機、名古屋駅前に「LABI名古屋」を25日オープン 家電Watch(2011年11月10日) - 2011年11月10日閲覧。
  4. ^ そもそもの名鉄セブン館のネーミングは、1週間(7日)を基準とした生活サイクル、7フロア(B1から6F)、ラッキーセブンに肖って、などの理由で名付けられた
  5. ^ 「ナナちゃん解体新書」(2013年4月21日付中日新聞朝刊35面(社会欄)より)
  6. ^ 「ナナちゃん ななんと!長野県生まれ 定説「スイス人」…実は国産」(2013年3月29日付中日新聞朝刊35面(社会欄)より)
  7. ^ 名古屋「ナナちゃん」広告に貸します 名鉄百貨店が解禁 - 朝日新聞、2012年3月30日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]