杉本健吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉本健吉(すぎもと けんきち、1905年9月20日 - 2004年2月10日)は、日本洋画家イラストレーターグラフィックデザイナー

略歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。1923年に旧制愛知県立工業学校(現・愛知県立愛知工業高等学校)を卒業後、加藤静児のアドバイスにより図案家、今でいうグラフィックデザイナーとして鉄道会社を中心としたポスターや商業デザインの仕事を手がける。1925年に京都に出向き岸田劉生の門下に入る、26年に「花」で春陽会に初入選。その後、吉川英治作の『新・平家物語』・『私本太平記』等の挿絵を担当し絶賛を得る。1949年東大寺観音院住職上司海雲師の知遇を受け、観音院の古土蔵をアトリエにしてもらい、奈良の風物を描く。奈良では志賀直哉入江泰吉らと交流する。1971年、画壇(国画会)よりの引退を表明。しかし、画家としての創作は続ける[1]

1987年名古屋鉄道により、愛知県知多郡美浜町美浜緑苑に杉本美術館が開館し、売らずにいた絵画が収蔵された。晩年まで毎週、同美術館に足を運び、美術館内に設けられたアトリエで、デッサンや来館者との歓談を楽しんでいたが、2004年肺炎のため死去(98歳)。

生涯[編集]

  • 1905年に名古屋市で生まれる。父は人形浄瑠璃三味線師匠の杉本銀次郎。
  • 1923年、旧制愛知県立工業学校図案科卒業。
  • 1925年、岸田劉生の門をたたく。
  • 1926年、「花」で春陽会初入選。
  • 1950年、平家物語を題材にした吉川英治作(週刊新潮連載)新・平家物語の挿絵を担当する。
  • 1977年、名古屋市ヒマラヤ美術館に展示室開設。
  • 1987年、愛知県知多・美浜緑苑に財団法人杉本美術館が開館。
  • 1989年、世界デザイン博覧会に陶壁を制作する。
  • 1994年、「画業70年の歩み 杉本健吉展」を愛知県美術館で開催。
  • 2004年、肺炎のため亡くなる。享年99。

入選歴[編集]

  • 1926年 春陽会展に入選(「花」)
  • 1927年 大調和展入選(「幕間」)
  • 1931年 国画会展入選(「秋郊」その他)
  • 1942年 新文展特選(「博物館中央」)
  • 1946年 日展(日本美術展覧会)特選(「博物館彫刻室」)

主な作品[編集]

エピソード[編集]

  • 吉川英治が亡くなった時、杉本健吉は感謝の意を込めて、新・平家物語の主人公に囲まれた吉川英治の絵と手紙を描いた。
  • 名古屋能楽堂が完成し、その鏡板(舞台の背景)の制作を担当した際、他の能楽堂では定番となっている老松を描くところを、杉本健吉は若松を描いたため物議を醸した。これに対し本人は「できたばかりだから元気が良く若々しい松の方が似合う」「伝統に決まったものはない」と語っていた。後に老松の鏡板も描かれ、隔年で配置されている。
  • 晩年「(やりたいことを)行えばいいんです。私の場合は自然の中でたわむれているうちに絵ができた。それが私の人生だった。」との言葉を残している。また、「長生きするのが目標ではなく、絵を描くのが目的で、そのために長生きしている」とも。100歳になる年の愛知万博に自分の絵を出品して参加することを目標としていたが、その願いはかなわなかった。

画集など[編集]

  • 『新平家・画帖』朝日新聞社 1956-58 
  • 『修二絵画帖』美術出版社 1958
  • 『墨絵奈良』角川書店 1960 のち求龍堂
  • 『画帖私本太平記』毎日新聞社 1963
  • 『画帖新水滸伝』講談社 1963
  • 『幻想奈良』求竜堂 1967
  • 『新平家絵物語』杉本健吉画集刊行会 1970
  • 『杉本健吉奈良作品集 油絵・墨絵』杉本健吉画集刊行会 1970
  • 『墨彩大和』求竜堂 1975
  • 『海外スケッチ』求竜堂 1976
  • 『杉本健吉作品集』駸々堂出版 1976
  • 『杉本健吉素描集』朝日新聞社 1981
  • 『杉本健吉展図録』朝日新聞東京本社 c1981 現代洋画家デッサン・シリーズ
  • 『聖徳太子御絵伝 四天王寺絵堂障壁画』総本山四天王寺 1983
  • 『秘苑 杉本健吉画集』求竜堂 1985
  • 『杉本健吉展図録』朝日新聞名古屋本社 c1986
  • 『新・平家絵物語屏風』名古屋鉄道、1987 
  • 『杉本美術館 開館一周年記念展』名古屋鉄道 1988
  • 『杉本健吉展 画業70年のあゆみ』愛知県美術館 c1994
  • 『続・新・平家絵物語屏風』名古屋鉄道 1995
  • 『杉本美術館 開館十周年記念展』名古屋鉄道 1997
  • 『余生らくがき 杉本健吉画文集』求龍堂 2001
  • 『わたしだけの般若心経読み書き手本』藤井正雄,石飛博光共著 小学館 2002
  • 『杉本健吉展 新収蔵記念』愛知県美術館 2008
  • 『東大寺美の小箱 杉本健吉画文集』入江泰吉写真 求龍堂 2010
  • 宮脇晴と杉本健吉 旅先の風景』知多市歴史民俗博物館 2011

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞東京本社企画部編集「杉本健吉展・図録」朝日新聞東京本社 1981年
  2. ^ 3780系電車登場前に、既に本色に塗り替えられた他形式が登場していたが、新造時に本色であったのは本形式のみ

外部リンク[編集]