豊鉄バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2015年2月
豊鉄バス株式会社
Toyotetsu Bus Co.,Ltd.
豊橋鉄道バスリバイバルカラー車.JPG
豊鉄バスリバイバルカラー車
豊橋駅バスセンターにて
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
441-8134
愛知県豊橋市植田町字新津田38番地(豊橋営業所
北緯34度42分55.2秒
東経137度22分0.9秒
座標: 北緯34度42分55.2秒 東経137度22分0.9秒
設立 2007年(平成19年)5月1日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業、
一般貸切旅客自動車運送事業、他
代表者 代表取締役社長 村松哲二
資本金 5,000万円(2013年3月期)
売上高 15億4,062万7千円(2013年3月期)
経常利益 9,739万8千円(2013年3月期)
純利益 8,194万9千円(2013年3月期)
純資産 3億8,616万0千円(2013年3月期)
総資産 6億8,967万2千円(2013年3月期)
従業員数 173名(2007年10月1日時点)
決算期 3月31日
主要株主 豊橋鉄道(株) (100%)
外部リンク www.toyotetsu.jp/
特記事項:2007年(平成19年)10月1日、豊橋鉄道より分割・承継
テンプレートを表示

豊鉄バス株式会社(とよてつバス)は、主に愛知県東三河地区で運行しているバス路線を運営する会社である。豊橋鉄道の完全子会社として設立、2007年10月1日に同社のバス事業を承継した[1]

概要[編集]

路線バス(高速バスを除く)は、愛知県東三河地方のうち、豊橋市豊川市田原市新城市設楽町の4市1町において運行している。

高速バスは、東京・新宿へ向かう夜行便「新宿・豊橋エクスプレス ほの国号」があるほか、2010年7月1日より、豊橋市内(植田車庫前・豊橋駅)と京都市内(京都駅八条口・京都深草)とを結ぶ昼行便「ほの国号」が運行されている。

豊橋鉄道では2011年2月11日からmanacaを導入したが、バスへは導入されていない。

歴史[編集]

鉄道事業関係の歴史は豊橋鉄道渥美線東田本線を参照のこと。

  • 1924年大正13年)3月17日 : 豊橋電気軌道として設立。
  • 1935年昭和10年) : 豊橋循環自動車を合併。バス事業に参入。
  • 1949年(昭和24年)9月1日 : 豊橋乗合自動車と合併し、豊橋交通に社名変更(現在の貸切バス事業者豊橋交通とは無関係)。
  • 1954年(昭和29年)7月22日 : 豊橋鉄道に社名変更。
  • 1992年(平成4年) : 都市新バス「シティシャトル」導入開始。系統番号、系統色、バスロケーションシステム導入。
  • 1997年(平成9年) : ノーステップグリーンバス導入開始(2004年にノンステップグリーンバスに名称変更)。
  • 1998年(平成10年)12月16日 : 豊橋駅前・西駅前・豊橋バスターミナル・豊川駅前・田原駅前起点の1.0km以内と1.1 - 1.3kmの運賃を値下げ (それぞれ100円と130円) 。乗継割引回数乗車券を発売開始。
  • 2001年(平成13年)9月1日 : 新城市Sバスを運行委託開始。
  • 2003年(平成15年)7月1日から9月30日まで : 田原市ぐるりんバス実証運行を受託。
  • 2005年(平成17年)1月 : 運賃箱・整理券発行器(一部車両)・放送機器の交換を開始。運賃箱を交換された車両は今まで整理券を発行しなかった始発区間でも整理券(0番)を発行するようになった。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 5月1日 : 豊鉄バス株式会社を設立。
    • 10月1日 : 豊橋鉄道の自動車(バス)事業を豊鉄バスに移管・分社化。同時に一部路線において運行ルート・ダイヤ改正。
  • 2015年(平成27年)
    • 2月21日 : 本社移転(豊橋営業所内での建て替え)

営業所[編集]

※2007年10月1日の分社化と同時に上記のように営業所名・管理所名を変更

かつて存在した管理所等[編集]

  • 海老管理所 : 新城市(当時南設楽郡鳳来町)(最寄り : 海老車庫前)
    • 現在の海老車庫。
  • 豊川営業所 : 豊川市
    • 昭和期の豊橋鉄道時代に存在、新城管理所に統合された。
  • 設楽営業所 : 設楽町(最寄り : 田口)
    • 昭和期の豊橋鉄道時代に存在、新城管理所に統合された。現在の田口車庫。
  • 本郷出札所 (旧 本郷営業所)  : 東栄町
    • 昭和期の豊橋鉄道時代に存在、新城管理所に統合された。

運行路線・区間[編集]

高速バス[編集]

詳細は当該路線記事を参照

一般路線バス[編集]

豊橋市内

豊鉄バス豊橋営業所を参照 (ただし豊橋和田辻線・和田辻豊橋市民病院線・豊川線・新豊線は新城営業所、伊良湖本線は渥美営業所を参照)

豊川・新城地区

豊鉄バス新城営業所を参照 (豊川市コミュニティバス新城市Sバスおでかけ北設の受託路線を含む)

田原・渥美地区

豊鉄バス渥美営業所を参照

路線・区間の新設・廃止など[編集]

ここでは、高速バスや長距離路線のみを扱う。それ以外については各営業所記事を参照。

  • 1990年3月18日
高速伊良湖ライナー号
  • 2001年1月15日
    • 伊良湖東京線(高速伊良湖ライナー号)の昼行便を廃止。

乗車券[編集]

  • 普通乗車券(豊橋駅バスセンターで発売)
  • 普通回数乗車券(11枚綴、23枚綴、組合せ)
  • 買い物回数乗車券 (平日10時〜16時の降車時と土・休日は終日使用可)(14枚綴、29枚綴、組合せ)
  • 豊橋市民病院乗継割引回数乗車券(豊橋駅前乗継。普通回数券11枚綴、昼間回数券13枚綴)
廃止・終了した乗車券
  • 渥美線バス乗継割引回数乗車券
  • 市内電車バス乗継割引回数乗車券
    • 以上の2つは渥美線・市内線のmanaca導入に伴って廃止された。
  • ワイド3・3・SUNフリーきっぷ(大人6,000円 子供3,000円)(終了)
  • 穂の国ワンデーフリーきっぷ(大人1,100円、子供550円)(終了、平成17年8月1日 - 平成18年12年31日)
  • ワンデーフリーきっぷ(大人650円、子供330円)(終了、平成17年8月1日 - 平成18年12月31日)

貸切バス事業[編集]

  • 乗合バスを豊橋市内の小学校で遠足や校外学習で利用することが多い。なお大型貸切バスについては同じく豊鉄グループである豊鉄観光バスが主となっている。

車両[編集]

車体[編集]

豊鉄バスとして運行されている車両は大半が三菱ふそう製で、西日本車体工業製 (三菱ふそうのOEM) が数台ある。車体は、三菱自動車バス製造製に一本化されるまで、大型車(エアロクィーン・エアロバスMS・エアロスターMP)は三菱自動車工業製であったが、名鉄グループとしては珍しく観光車の一部に新呉羽自動車工業製も存在した。

車体カラーは、ノンステップバス・ワンステップバスの大半は白地に濃淡グリーン2~4色のグラデーションを彩り「ノン(ワン)ステップ グリーンバス」と銘打ったもので、一部 (ワンステップバス1台及び名鉄バスから移籍したバス) に赤と白の名鉄グループバス共通色のものがある。ツーステップバスは、グループ共通カラーと都市新バスシステム導入路線用の専用カラー (現在は区別なく運用) のものがある。また、全面広告車も何台かある。かつては伊良湖本線用のカラースキムが設定されていたほか、会社創業80周年を記念しグループ共通色を採用する以前のストロークリームと赤をベースにしたリバイバルカラー車輌などが存在した。

グループ共通カラー車両と同年度以降に導入されたバスは共通点として白色LED昼間点灯用ライトが埋込設置(全車両に後付)であったり降車チャイムの音色が他車種と異なる特徴をもつ。

車両番号[編集]

豊鉄バスの車両番号は3桁の番号が付されている。

6 05
導入年度 固有番号・車種
  • 導入年度
    • 2007年まで : 元号の下1桁
    • 2008年から : 西暦の下1桁
  • 固有番号・車種
    • 01 -  : 1989年 - 1997年導入の路線車
    • 31 -  : 1989年 - 1997年導入の貸切車 (全廃) 、2014年以降導入の路線車
    • 51 -  : 1998年 - 2003年・2005年 - 2007年導入の路線車
    • 61 -  : 2004年導入の路線車
    • 71 -  : 2008年・2009年導入の路線車
    • 81 -  : 1998年 - 2007年導入の貸切車、2010年 - 2013年導入の路線車

2007年導入車からは車両番号の希望ナンバープレートが取り付けられるようになった。

例外

空港行き特急バスエアポートライナーから転用された貸切車は路線車のまま改番が行われていない。2006年名古屋遊覧バス(廃業)から譲受された貸切車は559・560(路線車から続番)となっている。

方向幕[編集]

豊鉄バスの方向幕は2002年度までに導入されたバスは、巻き取り式を使っており、2003年度から導入されたバスは、電光表示器を使っている。

巻き取り式の場合は2001年度から後方幕が導入され、電光表示器の場合は後方幕が全車設置されている。 電光表示板の側面幕は経由地表示欄が4つあり (うち2つは起終点を表示) 、横書き部分に系統番号と路線名を表示する。

巻き取り式の側面幕は起終点と2つ程度の経由地を表示し、その下に行先の英語表記がある。前面・後面幕においてデンソーは日本電装時代のロゴが使用される(のんほいパーク(路線廃止)、フラワーパーク(閉園)も同様だった)。また、「回送」や「豊鉄バス」という字は大きく、幕いっぱいに表示される。

運賃箱[編集]

小田原機器製の自動計数機付運賃箱 (RX-FAN)が、2005年1月に導入された新車に設置され、既存の一般路線車や空港特急バスも順次交換された。

バーコード整理券や硬貨の読み取り機能があり、将来のICカードシステムの導入が可能である(しかし、豊橋鉄道などのmanaca導入後もICカードシステムの導入がされておらず、manacaが使用できない旨を示すステッカーが貼付されている)。液晶画面を装備しており、運賃箱が作動していない時は日付・時刻・系統番号(運賃表示機に設定されたもので豊橋駅前発着の便を中心に付番される行先表示左側の2桁の番号とは異なる)・整理券番号を、作動している時は運賃・投入金・投入した整理券番号等を表示する。液晶画面の枠の形状はしずてつジャストラインPASMO導入事業者(伊豆箱根バスなど)に見られる丸みを帯びたものでなく直方体のようなものが採用されている。

運賃箱の交換に伴い、既に感熱紙式の整理券発行機を設置していた車両はバーコードを印字するように改修及び操作盤が交換され、インク式の整理券発行機を設置していた車両は感熱紙式に交換された。車両により、整理券の長さや書体が異なる。

乗車券や回数券にバーコードが印刷されておらず、運賃箱に投入すると画面下部に「異常整理券」と表示されてブザーが鳴ってしまい正常に処理できずに乗務員が目視で乗車券面を確認しなければならない問題があるが、社名変更や鉄軌道線との共通利用解消などに伴い乗車券面が改版されても改善されていない。

放送機器[編集]

従来8トラックのテープ放送を用いていたが、音声合成装置の導入は他事業者に比べると遅く、高速車は2003年、一般車は2005年になってからである。音声合成装置は指月電機製作所で、名鉄バス東濃鉄道と同一である。音声合成装置用の系統設定器は設置されず、運賃表示機の系統設定に連動する。 テープ放送では路線によりアナウンサー(松原雅子など)が異なっていたが、音声合成装置では東濃鉄道や山梨交通などで採用されているアナウンサーに統一されている。

その他事業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋鉄道 適時開示情報「連結子会社の会社分割に関するお知らせ」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]