ジェイ・バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日野自動車 > ジェイ・バス
いすゞ自動車 > ジェイ・バス
ジェイ・バス株式会社
J-BUS LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
923-8575
石川県小松市串町工業団地30
設立 2002年10月1日
業種 輸送用機器
法人番号 8220001013657 ウィキデータを編集
事業内容 日野・いすゞの国内向けバスの製造
部品供給、およびバスボディの設計・開発
代表者 代表取締役社長 山中明人
資本金 19億円
売上高 324億8900万円
(2022年03月31日時点)[1]
営業利益 ▲5億3000万円
(2022年03月31日時点)[1]
経常利益 2億1900万円
(2022年03月31日時点)[1]
純利益 ▲1億0400万円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 239億4800万円
(2022年03月31日時点)[1]
従業員数 1,541人(2022年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 日野自動車 50%
いすゞ自動車 50%
外部リンク https://www.jbus.co.jp/
テンプレートを表示
ジェイ・バス 小松事業所空撮
コマツ粟津工場に隣接する。
ジェイ・バス 小松事業所
ジェイ・バス 宇都宮事業所

ジェイ・バス株式会社J-BUS LTD.)は、石川県小松市に本社を置く日本バス製造メーカー。日野自動車いすゞ自動車が合弁で設立した会社で、日本国内向けの製品を製造している。バス車体製造国内最大手。

社名は、日野・いすゞ両者の「Joint(結合)」を表す「J」、また日野(Hino)の「H」・いすゞ(Isuzu)の「I」に次ぐラテン文字アルファベットの「J」に由来する[注 1]。また、「Japan(日本)」「Join(参加する)」「Joyful(楽しむ)」のそれぞれの頭文字も意味している[2]

株主[編集]

  • 日野自動車 (50%)
  • いすゞ自動車 (50%)

沿革[編集]

事業所[編集]

生産拠点[編集]

事業所に関しては、吸収合併された旧日野車体工業と旧いすゞバス製造をそのまま引き継いでいるかたちになる。また、小松事業所は日野側が、宇都宮事業所はいすゞ側が引き続き統括を取っている。事業所名後ろの括弧内の英字は事業所を略記する際の記号であり、銘板には仕様番号の後ろに表記されている。

  • 小松事業所(K:旧日野車体工業小松工場)
    • 石川県小松市串町工業団地30
  • 宇都宮事業所(U:旧いすゞバス製造宇都宮工場)

サービス拠点[編集]

北海道
東北
関東
  • 北関東サービス駐在所 栃木県宇都宮市中岡本町(宇都宮事業所)
  • 南関東サービス駐在所 横浜市鶴見区市場大和町4丁目
中部
  • 東海サービス駐在所 名古屋市中区千代田5丁目
  • 北陸サービス駐在所 石川県小松市串町工業団地30番地(小松事業所)
関西
中国・四国
九州・沖縄

生産車種[編集]

一部の例外を除き、2社に統合車種として供給が行われている。これらの銘柄は、それぞれ発売元の会社の銘柄がつき、日野車は日野+ジェイ・バス、いすゞ車はいすゞ+ジェイ・バス、トヨタ車はトヨタ+ジェイ・バスの銘板が付く。また、銘板の仕様番号の後ろに事業所を略記する際の英字記号(小松事業所:K、宇都宮事業所:U)が表記されている。

多くの車種がジェイ・バス発足年の2004年頃のマイナーチェンジ車から統合車種化しているが、大型路線バスのブルーリボンIIの初期モデルや2007年中ごろまでに発売された中型系のバス(10.5m車と9m車)はOEM供給車として扱われていた。こちらの銘柄は車両については、いずれも供給元+ジェイ・バスの銘板が付いている。窓ガラスは小松事業所ではAGC(旧:旭硝子)、宇都宮事業所では日本板硝子を採用している。

他に、トヨタ自動車燃料電池バス「SORA」を製造しており[3][4]、路線バスの生産が宇都宮に集約されてからは小松事業所で生産される唯一の大型路線バスとなっている。

現在生産中の車種[編集]

小松事業所

燃料電池バス(MUM)についてはトヨタにのみ、小型ノンステップバス(HX)については日野にのみ供給され、それ以外は日野といすゞに供給されている。開発は燃料電池バスがトヨタ、それ以外が日野である。

宇都宮事業所

ハイブリッドバス(HL)は日野が、それ以外はいすゞが開発しており、いずれもいすゞと日野に供給される。なお、当事業所では現在はノンステップバスのみを製造している。

出荷停止中の車種[編集]

2022年3月に発覚した日野によるエンジン不正問題により、2022年8月現在、全ての日野製エンジン搭載車の生産並びに出荷を停止している[5][6][7]

小松事業所
宇都宮事業所

過去の生産車種[編集]

小松事業所
宇都宮事業所

関連項目[編集]

その他[編集]

  • 小松事業所で生産するバスに使用されるプレス部品は、日野自動車グループでトラックボディーを生産するトランテックス(石川県白山市徳丸町670番地、旧日野車体工業金沢工場[注 2])から供給を受けている。
  • 2007年1月23日に、大型観光バス不正車検法人として書類送検されている。
  • 英語表記は「J-Bus」だが、インターネットのドメイン名では「j-bus.co.jp」が工房(当然当社とは無関係)が運営する発車オ〜ライネットですでに使われているため、ハイフンのない「jbus.co.jp」となった。
  • リコールの届出に関しては、統合車種になる前の車種(初期のブルーリボンIIなど)は開発元が届出を行っているが、統合車種に移行後の車種に関してはそれぞれの発売元が届出を行っている。
  • 株主である日野自動車は、かつての「ヂーゼル自動車工業」(同じく株主であるいすゞ自動車の前身)から日野製造所が独立し、「日野重工業」として1942年に設立されたものである[注 3]
  • 現在国内で中型バス(メルファ/ガーラミオ・レインボー/エルガミオ・セレガ9m/ガーラ9m)と2扉の小型バス(ポンチョ)を製造しているのは当社だけである。
  • 宇都宮市に本社を置く関東自動車の路線バスの車種の多くが宇都宮事業所で製造された車両である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ それと似た例が、いすゞのトラックの名称で見られる。小さい順にエルフELF)・フォワードFORWARD)・ギガGIGA)である。[要出典]
  2. ^ 旧日野車体工業時代はここでバスも生産されていた。
  3. ^ したがって、両社のバス製造部門は、60年以上を経て再び統合したと言える。

出典[編集]

外部リンク[編集]