パレマルシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社パレ
Pare Corporation
Meitetsu Jingu Mae Station 01.JPG
旧パレ本社・パレマルシェ神宮が入居する
名鉄神宮前駅西ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
456-8580
愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目6-34
名鉄神宮前駅西ビル7階
設立 2004年6月
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケットチェーン
代表者 東山和典(代表取締役社長
資本金 5700万円(2008年3月31日
売上高 336.87億円(2007年8月期)
従業員数 425名
決算期 8月
主要株主 オークワ
特記事項:データは2012年2月21日までのもの。
2012年2月22日に株式会社オークワに吸収合併されて法人としては消滅。
テンプレートを表示

パレマルシェ英称:Pare Marche)は、オークワ(本社:和歌山県和歌山市)が愛知県を中心に店舗を展開するチェーンストアのブランド名である。 旧店名は名鉄パレ(めいてつパレ)。かつては名古屋市熱田区に本社をおく株式会社パレが運営していた。

2008年(平成20年)6月にオークワの傘下に入り子会社となり、2012年(平成24年)2月に吸収合併され、法人としては消滅した。

概要[編集]

パレマルシェはスーパーマーケット百貨店によって構成される。名古屋鉄道の駅周辺に立地する店舗が多い。

店名の「パレ」は、フランス語paré(着飾った、優雅な)に由来する[1]

2012年(平成24年)2月21日に和歌山県を中心に三重県奈良県に店舗を展開する小売業のオークワに吸収合併され[2]、法人としては消滅したものの、店舗ブランドは維持されている。

歴史[編集]

名古屋ショッピ[編集]

1959年(昭和34年)2月に名鉄共栄社(現・名鉄産業)が鳴海団地内に鳴海スーパーマーケットを開設したのが始まりである[3]

1960年(昭和35年)9月7日には名古屋ショッピを設立し[4]、1961年(昭和36年)4月に名古屋市千種区の名古屋市営地下鉄池下駅東口に建設された日本住宅公団の団地内にスーパーマーケットの池下店を開設した[3]。 先述した鳴海スーパーマーケットは池下店の開設と同時に名古屋ショッピに移管された[3]

名古屋ショッピは1962年(昭和37年)7月に名古屋市緑区の住宅公団鳴子団地内に鳴子店を開店したのを皮切りに、岩倉団地の岩倉店や平針団地の平針店、知立団地の知立店など団地型スーパーの出店を進めて行った[3]

また、1962年(昭和37年)4月に二ツ杁駅に二ツ杁店を出店したのを皮切りに、同年12月に笠寺駅に笠寺店、1963年(昭和38年)3月に国府宮駅に国府宮店、同年5月に柏森駅に柏森店と母体となった名古屋鉄道の駅への多店化も進められた[3]

岐阜ストアー・多治見ストアー[編集]

岐阜市にあった丸宮百貨店を買収して[5]1962年(昭和37年)11月に名古屋鉄道と名鉄百貨店新岐阜百貨店の共同出資により資本金3000万円で株式会社岐阜ストアーを設立し[3]、12月に岐阜店を開設したのが始まりである[5]

1963年(昭和38年)10月に大垣駅前に大垣店を開店したのを皮切りに多店化を進め、同年11月には美濃太田店も開設している[3]

この他にも、1964年(昭和39年)6月に株式会社多治見ストアーを設立し、多治見市本町にあった主婦の店多治見店の営業を継承して岐阜県内でスーパーマーケット事業を展開した[3]

名鉄ストアー[編集]

1965年(昭和40年)8月10日に名鉄ストアーを設立し[1]、同年12月に上飯田駅に日本住宅公団と共同でマンションを併設した駅ビルの中に上飯田店を開設したのが始まりである[5]

1967年(昭和42年)6月に又穂店を出店したのを皮切りに多店化を進め、1968年(昭和43年)11月に津島駅に津島店、1971年(昭和46年)3月に新那加駅に新那加店と出店を進めており、又穂店という例外を除いて駅ビルへの出店を進めて行った[5]

1972年(昭和47年)10月に北陸に進出したほか、1974年(昭和49年)1月に北マリアナ諸島テニアン島に出店したのを皮切りに1976年(昭和51年)3月には北マリアナ諸島のサイパン島へ出店するなど海外へも店舗展開した[6]

1983年(昭和58年)9月には名鉄神宮前百貨店を開設して百貨店事業に進出した[6]

名鉄パレ[編集]

事業の効率化を図るため経営統合を進め、1987年(昭和62年)9月1日に名鉄ストアーと名鉄ショッピが合併して名鉄グループのスーパーマーケット事業は一つに経営統合されることになった[5]

その後、1992年(平成4年)3月1日には社名をフランス語で「優雅」の意味の「パレ」という言葉をとって株式会社名鉄パレに変更した[1]

2005年(平成17年)5月時点でスーパーマーケット23店舗と百貨店3店舗、ホームセンター1店舗の計28店舗を愛知県中心に展開していた[7]。 (ただし日本百貨店協会には加盟せず)

パレマルシェへ[編集]

名鉄グループ中核企業の一つ[8]であったが、2002年(平成14年)度から連続して当期純利益が赤字となり、計50億円以上を出資して支援してきた名鉄グループは独力での同チェーン再建を断念することになった。

そして、2005年(平成17年)4月26日に同年9月1日付でフェニックス・キャピタル株式会社の企業再生ファンドと名古屋鉄道による合弁企業「株式会社パレ」に営業譲渡して新会社へ事業を引き継ぐことを発表した[7]

新会社パレの社長にはクイーンズ伊勢丹を顧客満足度ナンバーワンの店へ成長させた田村弘一が就任し[9]、フェニックス・キャピタルが過半数の株式を取得したほか[10]、名古屋鉄道と三井物産が出資しており、これら上位三社で99.4%を出資して運営された[11]

新会社への移行に伴い、店名もパレマルシェになり、売場の商品構成も大きく変化させることで再建を目指した[12]

2008年(平成20年)6月9日に同月30日付で主要株主であるフェニックス・キャピタルと名古屋鉄道、三井物産からオークワへ発行済みの株式の99.4%を70億円で譲渡することが発表され[11]、経営権が移行することになった。

この営業権譲渡により、オークワの傘下に入ることに伴い、2008年(平成20年)6月30日付でオークワから会長と社長が就任することになった[11]

2008年(平成20年)6月時点の店舗数は17店舗で[11]、オークワ側はパレを傘下に入れることで東海地区への出店の足掛かりを得ることが狙いであったとされている[13]

その後、オークワ本体による東海地方への出店が進んで2011年(平成23年)2月までに愛知県と岐阜県に8店舗を構えるようになったため、重複する業務を合理化するとして2012年(平成24年)2月にオークワに吸収合併されることになった[13]

ただし、オークワへの吸収後も店舗名は「パレマルシェ」として営業を続けることになった[13]

2011年(平成23年)2月時点の店舗数は16店舗で2010年(平成22年)2月期の売上高は約366億円となっていた[13]

プライベートブランド[編集]

オークワの傘下入りに伴って同社が中核企業の一つとなっている共同仕入れ機構・日本流通産業(ニチリウグループ)の「くらしモア」[14]PB商品が移行することになった。 (1999年(平成11年)5月20日からオークワの大桑氏が[15]2代目社長に社長に就任[16]

そのため、かつて扱っていた八社会PB商品である「Vマーク(バリュープラス)」の取り扱いは2008年8月末で終了となった。

年表[編集]

株式会社名鉄パレ管財[編集]

  • 1959年昭和34年)2月 - 名鉄共栄社(現・名鉄産業)が鳴海団地内に鳴海スーパーマーケットを開設[3]
  • 1960年(昭和35年)9月7日 - 「名古屋ショッピ」設立[4]
  • 1965年(昭和40年)8月10日 - 「株式会社名鉄ストアー」設立[1]
    「名鉄ストアー」時代の企業ロゴは社名を略した「MS」を象ったものだが、東京放送1961年から30年間使用した「TBS」に類似したロゴ体だった。
  • 1972年(昭和47年)10月に北陸に進出[6]
  • 1973年(昭和48年) - 子会社「フジ・レジャー開発株式会社」を設立する。
  • 1974年(昭和49年)1月 - 北マリアナ諸島テニアン島へ出店する[6]
  • 1976年(昭和51年)3月 - 北マリアナ諸島のサイパン島へ出店する[6]
  • 1983年(昭和58年)9月 - 名鉄神宮前百貨店を開設して百貨店事業に進出[6]
  • 1987年(昭和62年)9月1日 - 株式会社名鉄ショッピと合併する[5]
  • 1992年平成4年)3月1日 - 社名を株式会社名鉄パレに変更する[1]
  • 2005年(平成17年)
    • 北マリアナ諸島からの撤退を発表する。
    • 社名を株式会社名鉄パレ管財に変更し、同社のストア事業とフジ・レジャー開発のベーカリー事業を株式会社パレへ譲渡する。以後はパレへの不動産賃貸が主な事業となる。
  • 2006年(平成18年) - フジ・レジャー開発が解散する。
  • 2007年(平成19年) - 2007年度中に名鉄パレ管財を解散する旨、名古屋鉄道によって決議される。

株式会社パレ[編集]

  • 2004年(平成16年) - 設立。
  • 2005年(平成17年) - ジャパン・リカバリー・ファンド・ツー(業務執行組合員はフェニックス・キャピタル株式会社)と名古屋鉄道から増資を受け、名鉄パレなどから事業を譲受する(商法上の事後設立に該当)。
  • 2008年(平成20年)6月30日 - 株式をオークワへ譲渡[11]。オークワから会長と社長が就任[11]
  • 2009年(平成21年)11月1日 - オークワグループの商品券の取り扱いを開始。
  • 2012年(平成24年)2月21日 - 親会社のオークワと吸収合併。店舗ブランドはそのまま維持される[13]

店舗[編集]

2015年(平成27年)8月現在、オークワでは「パレマルシェ」ブランドとして13店舗を展開している。出店店舗の詳細については公式サイト「パレマルシェ/チラシ・店舗情報」を参照。以下、主要店舗を示す。

かつて存在した店舗[編集]

名古屋市[編集]

  • 鳴海店(緑区鳴海町字姥子山22-1[4]、1959年(昭和34年)2月開店[3] - ?閉店)
    • 名鉄共栄社(現・名鉄産業)が鳴海団地内に鳴海スーパーマーケットとして開設[3]
    • 店舗面積約493m2[4]
  • 鳴子店(緑区鳴子町1-6[4]、1962年(昭和37年)7月開店[3] - ?閉店)
    • 住宅公団鳴子団地内に出店していた[3]
    • 店舗面積約536m2[4]
  • 笠寺店(南区、1962年(昭和37年)12月開店[3] - ?閉店)
  • 木場町店(港区木場町8-51[24]、1988年(昭和63年)4月開店[19] - ?閉店)
    • 常盤木材が所有する延べ床面積約5,710m2の建物に出店していた[25]
    • 店舗面積約2,813m2[24]
  • 城北店(北区金城1-2-21[17]、1971年(昭和46年)7月開店[19] - ?閉店)
    • 店舗面積約919m2[4]
  • 又穂店(西区又穂町2-1[25]、1967年(昭和42年)6月開店[3] - 2009年(平成21年)2月閉店)
    • 名古屋鉄道が所有する土地に建設された住宅公団又穂団地[3][26]内に出店していた。
    • 店舗面積約1,188m2[25]
    • 2009年(平成21年)2月25日に一旦閉店の後、内部の改装を行い、同年2月28日にオークワのディスカウント形態店舗「プライスカット又穂」として開店。
    • 2012年(平成24年)2月21日付でオークワのディスカウント業態部・プライスカット業態に編入[27]
  • 平針店(天白区天白町字細口下1793-1[4]、1965年(昭和40年)3月開店[19] - ?閉店)
    • 平針団地内に出店していた[3]
    • 店舗面積約509m2[4]
  • 植田店(天白区、1989年(平成元年)7月開店[19] - ?閉店)
  • 喜多山店(守山区大字小幡字ニ軒家2610[4]、1964年(昭和39年)3月開店[19] - ?閉店)
  • 東山店[3]千種区、?開店 - ?閉店)

尾張(名古屋市以外)[編集]

常滑店
  • 二ツ杁店(西春日井郡西枇杷島町芳野町1-59[4]、1962年(昭和37年)4月10日開店[5] - ?閉店)
  • 清洲店(西春日井郡清洲町新清洲1-2[4]、?開店 - ?閉店)
  • 国府宮店(稲沢市松下町96[4]、1963年(昭和38年)3月20日開店[3] - ?閉店)
  • 岩倉店(岩倉市東新町南江向24-5[4]、?開店 - ?閉店)
    • 岩倉団地内に出店していた[3]
  • 江南店(江南市藤ヶ丘6-1[4]、?開店 - ?閉店)
  • 柏森店(丹羽郡扶桑町、1963年(昭和38年)5月開店[3] - ?閉店)
  • 扶桑店(丹羽郡扶桑町)
    • マックスバリュ中部が継承して2005年(平成17年)10月7日にマックスバリュ扶桑店が開業[28]
    • 店舗面積約1,700m2[28]
  • 桃花園店(春日井市東山町2345[4]、1972年(昭和47年)6月開店[29] - ?閉店)
    • 店舗面積約380m2[29]
  • 瀬戸店(瀬戸市東横山町62[4][30]、1971年(昭和46年)12月開店[19][30] - ?閉店)
    • 店舗面積約3,406m2[30]
  • 入ケ池店(長久手市長配2-1507川本ビル[30]、1979年(昭和54年)4月開店[20] - ?閉店)
    • 店舗面積約1,836m2[30]
  • 津島店(津島市、1968年(昭和43年)11月[5] - ?閉店)
  • 朝倉店(知多市つつじ丘1-13[4]、1973年(昭和48年)3月開店[19] - ?閉店)
    • 店舗面積約702m2[4]
  • 常滑店(常滑市鯉江本町5-140[25]、1987年(昭和62年)3月開店[19] - 2012年(平成24年)8月閉店[31]
    • 常滑駅に出店していた[31]。2017年6月頃、建物は解体された。
    • 店舗面積約6,102m2[25]
  • 河和店(知多郡美浜町河和字北田面5-1[18]、1979年(昭和54年)4月開店[20] - ?閉店)
    • 河和駅ビル(店舗面積約3,155m2[18])内に出店していた[20]
    • 店舗面積約2,979m2[18]

三河[編集]

西尾店
  • 保見店(豊田市保見ヶ丘町5-1[30]、1975年(昭和50年)6月開店[32] - 2005年(平成17年)8月5日閉店[33]
    • 保見団地内に出店していた[34]
    • 店舗面積約2,268m2[32]
    • 跡地には日系ブラジル人3世が経営する[35]「アイ・ビー・フォックス」が2006年(平成18年)6月28日に「フォックスタウン」が開業した[33]
  • 朝日店(豊田市朝日町1-3[4]、1973年(昭和48年)9月開店[19] - ?閉店)
    • メイテツプラザ(店舗面積約3,140m2)内に出店していた[32]
  • 豊明店(豊明市二村台3-1-1[4]、?開店 - ?閉店)
  • 知立店(知立市昭和9-2[4]、1966年(昭和41年)10月開店[19] - 2005年(平成17年)6月末日閉店[36]
    • 知立団地内に出店していた[3]
    • 店舗面積約570m2[4]
    • 跡地には2008年(平成20年)2月に「マルスフードショップ」が開業した[37]
  • 小垣江店(刈谷市小垣江町亥新田1-1小垣江ビル[38]、?開店 - ?閉店)
    • 店舗面積約2,299m2[38]
  • 新安城店(安城市、1986年(昭和61年)7月開店[19] - ?閉店)
  • 岡崎店(岡崎市康生通西3-1-1[4]、1973年(昭和48年)4月開店[32] - ?閉店)
    • 西三河総合ビル(店舗面積約7,288m2)内に出店していた[32]
  • 大府店(大府市、1990年(平成2年)6月開店[19] - ?閉店)
  • (初代)西尾店(西尾市住吉町4-18[30]、1973年(昭和48年)12月開店[39] - 2013年(平成25年)閉店[39]
    • 西尾駅のステーションビル[39](店舗面積約7,292m2[30])に出店していたが[39]、ビルの再開発に伴って閉店となった[39]
    • 南に50mの場所に鉄骨造り平屋建てで直営売場面積は257坪の食品に特化した(2代目)西尾店を2013年(平成25年)8月21日に開店し、移転する形となった[39]
    • 店舗面積約5,256m2[18]
  • 菰口店(豊橋市菰口町1-20[17]、1996年(平成8年)3月開店[17] - ?閉店)
    • 店舗面積約1,558m2[17]
    • 2008年(平成20年)10月1日にディスカウント業態に変更して「プライスカット菰口店」として新装開業した[40]

岐阜県[編集]

  • 岐阜店(岐阜市、1962年(昭和37年)12月開店[5] - ?閉店)
    • 丸宮百貨店を買収して出店していた[5]
    • 跡地には1990年(平成2年)11月3日に岐阜メルサが開業したが[5]、閉店。岐阜メルサの建物を活用して2011年(平成23年)4月に「ドン・キホーテ柳ケ瀬店」が開店した[41]
  • 三里店(岐阜市清上沼715-1[30]、1995年(平成7年)9月開店[17] - 2005年(平成17年)閉店)
    • 店舗面積約1,410m2[30]
  • 忠節店(岐阜市島栄町2-45[4]、1972年(昭和47年)5月開店[19] - 2000年(平成12年)2月閉店[42]
    • 跡地には2007年(平成19年)11月10日にヤマナカ忠節フランテ館が開業した[43]
  • 新那加店(各務ヶ原市那加新那加町27[4]、1971年(昭和46年)3月開店[5] - 2000年(平成12年)2月閉店[42]
  • 鵜沼緑苑店(各務ヶ原市鵜沼宇合戸6526-1[4]、1975年(昭和50年)7月開店[19] - ?閉店)
    • 鵜沼緑苑に出店していた。
  • 大垣店(大垣市、1963年(昭和38年)10月開店[3] - 1967年(昭和42年)閉店[3]
    • 大垣駅前に出店していた[3]
  • 美濃太田店(美濃加茂市、1963年(昭和38年)11月開店[3] - ?閉店)
  • 今渡店(可児市今渡字野市場4[4]、1977年(昭和52年)3月開店[19] - ?閉店)
    • 日本ライン今渡駅に隣接する駅ビル内に出店していた。駅ビル解体により建物は現存しない。
  • 多治見店(多治見市本町[3]、1964年(昭和39年)6月開店[3] - ?閉店)
    • 主婦の店多治見店の営業を継承して出店していた[3]
  • 多治見駅前店(多治見市本町1-2[30]、1971年(昭和46年)10月開店[19] - ?閉店)
    • 多治見駅前ビル(店舗面積約6,695m2)に出店していた[30]
    • 店舗面積約1,221m2[30]
  • 多治見橋店(多治見市、1977年(昭和52年)11月開店[19] - ?閉店)
  • ホワイトタウン店(多治見市、1982年(昭和57年)4月開店[19] - ?閉店)
    • ホワイトタウンに出店していた[3]

静岡県[編集]

  • かじ町店(浜松市中区鍛冶町[44]、2009年(平成21年)5月14日開店[45] - 2009年(平成21年)12月6日閉店[44]
    • イトーヨーカドー浜松駅前店のビルを利用した再開発店舗「かじ町プラザ」1階に出店していた[44]
    • 全フロアをテナント招致することを条件に出店したが、実現しなかったため約半年で撤退した[44]
  • 葵町店(浜松市、1976年(昭和51年)4月開店[46][19] - ?閉店)
  • 北寺島店(静岡県浜松市中区北寺島町492-2、1978年(昭和53年)3月開店[19] - 2015年(平成27年)8月20日閉店[47]
    • 店舗面積約8,517m2[18]
    • 前記のかじ町店出店を控えた2009年3月に浜松店から名称変更された。名鉄ストアー時代は「駅南店」の名称であった。
  • 湖西店(湖西市湖西市鷲津1090-1[48]、1980年(昭和55年)10月開店[19] - ?閉店)
    • 鷲津駅から少し離れた郊外にあった「湖西ショッピングセンター[46] グリーンバレー[49]」(店舗面積約4,975m2)に衣料品の「エビスヤ」と共に核店舗として出店し[46]、食品を主として扱っていた[46]
    • 道路を挟んですぐ前に「遠鉄ストア湖西店」が移転して[49]1994年(平成6年)9月21日に開業した[46]
    • 新所原駅に近い湖西市駅南に1995年(平成7年)10月に「新所原店」が出店している[17]
    • 2001年4月にリベロが入店したが2004年3月に閉店、その後浜名プラスチックの事務所を経て2013年にテナントが取り壊され、2013年末にヤマダ電機が出店したが2015年6月で閉店しており、同年11月から現在は杏林堂鷲津店となっている。

石川県[編集]

関連企業[編集]

2005年1月時点で存在していた、名鉄パレ関連企業を挙げる。

  • フジ・レジャー開発株式会社
    • インストアベーカリー「メイクレール」、ファストフード「あつあつ家」を運営していたほか、株式会社バークレーとともに、まんが喫茶「山ん馬」をチェーン展開していた。
  • Meitetsu Shopping Center Inc.(名鉄ショッピングセンター)
    • サイパン島にてスーパーマーケットを運営していた。1976年(昭和51年)3月に開店[6]
  • M & F Corporation of Micronesia
    • テニアン島にて「名鉄フレミングホテル」「名鉄フレミングレストラン」「名鉄フレミングストアー」を運営していた。1974年(昭和49年)1月に出店した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “名鉄ストア、3月1日から「名鉄パレ」に社名変更”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1992年3月4日)
  2. ^ “オークワ、東海地区の子会社パレを吸収合併”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年3月16日)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 名鉄百貨店社史編纂室 『名鉄百貨店開店30周年記念社史』 名鉄百貨店、1985年5月10日。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 『流通会社年鑑 1979年版』 日本経済新聞社、1979年10月。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 名古屋鉄道株式会社広報宣伝部編 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年。
  6. ^ a b c d e f g h i 『流通会社 2003年版』 日本経済新聞社、2002年12月20日。
  7. ^ a b “名鉄パレ、フェニックス・キャピタルに営業譲渡”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年5月16日)
  8. ^ 中日新聞朝刊 2005年4月27日付 9面
  9. ^ “中部流通特集:小売トップインタビュー=パレ・田村弘一社長”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年11月17日)
  10. ^ “名古屋鉄道、名鉄パレをフェニックス・キャピタルに譲渡へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年5月9日)
  11. ^ a b c d e f “オークワ、名古屋のSMパレを買収”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年6月13日)
  12. ^ “バイヤー視点:パレ・掘武雄氏「“おいしかった”というお客の声が最高の喜び」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2006年1月23日)
  13. ^ a b c d e “オークワ、子会社のパレを吸収合併 「パレマルシェ」は継続”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2011年3月8日)
  14. ^ “ニチリウ新社長就任記念特集:牛尾誠之常務理事に聞く”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年7月15日)
  15. ^ “日本流通産業・大桑社長、PB開発より強化など語る”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年6月14日)
  16. ^ “ニチリウ新社長就任記念特集:大桑社長に聞く”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年7月15日)
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m 『流通会社年鑑 2003年版』 日本経済新聞社、2002年12月10日。
  18. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2007年版』 東洋経済新報社、2007年。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『流通会社年鑑 1993年版』 日本経済新聞社、1993年10月25日。
  20. ^ a b c d e 『流通会社年鑑 1981年版』 日本経済新聞社、1980年12月。
  21. ^ a b “「イクト」開業に長い行列 新岐阜百貨店跡に新商業施設”. 中日新聞 (中日新聞社). (2009年9月6日)
  22. ^ 名鉄岐阜駅 新商業ビル「ECT(イクト)」が9月6日(日)にグランドオープン。 - 名古屋鉄道ニュースリリース 2009年7月31日
  23. ^ a b c “「ららぽーと磐田」オープン 食品核店舗に「パレマルシェ」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年7月1日)
  24. ^ a b 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2006年版』 東洋経済新報社、2006年。
  25. ^ a b c d e 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  26. ^ 吉岡健次 山崎春成編 『現代大都市の構造』 東京大学出版会、1978年7月25日。ISBN 978-4-13-061028-5
  27. ^ 『組織変更および人事異動に関するお知らせ』 オークワ、2012年2月27日 。
  28. ^ a b “マックスバリュ中部、「マックスバリュ扶桑店」をオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年10月17日)
  29. ^ a b 春日井市史編集委員会 『春日井市史 資料編(5)』 春日井市、1993年3月31日。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2004年版』 東洋経済新報社、2004年。
  31. ^ a b “名鉄常滑駅の商業施設「パレマルシェ」来夏閉鎖”. 中部経済新聞(中部経済新聞社). (2011年10月18日)
  32. ^ a b c d e 『東三河の経済と社会 第二輯』 愛知大学 中部地方産業研究所、1977年3月。
  33. ^ a b “アイ・ビー・フォックス、豊田市保見団地のショッピングセンター28日オープン”. 中部経済新聞(中部経済新聞社). (2006年6月5日)
  34. ^ 戸井田克己 『日本の内なる国際化 日系ニューカマーとわたしたち』 古今書院、2005年3月19日。ISBN 978-4772260220
  35. ^ “70ドルから年商100億円=〝移民の夢〟実現した玉田さん=ニューズウィーク、日経新聞でも紹介”. ニッケイ新聞(ニッケイ新聞社). (2006年11月11日)
  36. ^ 『平成17年知立市議会6月定例会会議録 6月9日(木)第2号』 知立市議会、2005年6月9日。
  37. ^ “知立団地にマルスフードショップがSC出店”. 中部経済新聞(中部経済新聞社). (2008年2月21日)
  38. ^ a b 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2000年版』 東洋経済新報社、2000年。
  39. ^ a b c d e f “中部秋季特集:オークワ、「パレマルシェ西尾店」移転新築オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年9月10日)
  40. ^ “パレ社長 東山和典氏 DS一号店を試金石に”. 中部経済新聞(中部経済新聞社). (2008年10月2日)
  41. ^ 森村陽子(2011年6月8日). “柳ケ瀬に客足戻る ドン・キホーテ開店1カ月余り”. 中日新聞 (中日新聞社)
  42. ^ a b “名鉄パレが来年2月に2店閉鎖”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年12月13日)
  43. ^ “中部流通特集:小売業界、出店相次ぐ=ヤマナカ「忠節フランテ館」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年11月30日)
  44. ^ a b c d “浜松の旧ヨーカ堂ビルに進出した核テナント「パレマルシェ」、開店から半年で撤退へ”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2009年12月1日)
  45. ^ “パレ、浜松市中心街に「パレマルシェかじ町」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年5月25日)
  46. ^ a b c d e “遠鉄ストア、「湖西店」開店 名鉄、ユーストアと三つ巴”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年9月26日)
  47. ^ パレマルシェ北寺島店の閉店に伴うATM廃止のお知らせ (PDF)”. 浜松信用金庫 (2015年8月20日). 2016年1月5日閲覧。
  48. ^ “静岡特集=名鉄ストア核店舗の湖西SC、隣町ユーストアに対抗し増床”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年3月9日)
  49. ^ a b “遠鉄ストア、9月下旬「湖西店」開店、営業中の湖西店は閉鎖”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1994年8月26日)

外部リンク[編集]