名鉄自動車学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯35度5分0.2秒 東経136度57分21.2秒

名鉄グループ > 名鉄自動車学校
名鉄自動車学校校舎(2015年11月)
奥に球場スタンドの名残がある(2015年11月)

名鉄自動車学校(めいてつじどうしゃがっこう、Meitetsu Driving School)は、愛知県名古屋市緑区にある愛知県公安委員会指定の自動車学校である。

概要[編集]

1959年(昭和34年)4月13日に開校した[1]。運営は学校法人名鉄学園が行っている。

名鉄自動車学校は鳴海球場の跡地につくられた[1]。折しも、1957年に道路交通取締法が改正され、旅客運送自動車の運転には二種免許の取得が必要となり、さらにバスの運転には大型免許も必要となった。しかし、愛知県内には当時大型二種取得のための教習施設がなかったためこのような施設の必要性に迫られた[1]。加えてマイカーの普及が見込まれ、一種免許の取得希望者が増えると予測されるため、この二つの面から設備の完備した自動車教習施設の学校を名古屋鉄道が発案、その用地に中日スタジアム(現・ナゴヤ球場)完成後使用頻度が減少していた鳴海球場を活用することになった[1]

取得免許[編集]

取扱講習[編集]

所在地[編集]

愛知県名古屋市緑区鳴海町文木90

交通アクセス[編集]

姉妹校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 名古屋鉄道広報宣伝部 編さん 『名古屋鉄道百年史』、1994年、308頁。
  2. ^ a b c d e f g h 教習車種” (日本語). 名鉄自動車学校. 2015年4月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]