名鉄観光バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄観光バス株式会社
Meitetsu Kanko Bus Co., Ltd.
Meitetsu Kanko Bus logomark.svg
Meitetsu Jingu Mae Station 01.JPG
本社が入居する名鉄神宮前駅西ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
456-0031
名古屋市熱田区神宮三丁目6番34号(名鉄神宮前駅西ビル8階)
北緯35度7分32.2秒
東経136度54分42.6秒
座標: 北緯35度7分32.2秒 東経136度54分42.6秒
設立 1969年昭和44年)9月10日
業種 陸運業
法人番号 7180001064697
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
旅行業
代表者 代表取締役社長 石川 信吾
資本金 1億円
売上高 74億円(2017年度)
従業員数 709人(2018年4月現在)
主要株主 名古屋鉄道 100%
外部リンク http://www.meitetsu-kankobus.co.jp/
特記事項:営業開始は2004年10月1日
テンプレートを表示

名鉄観光バス株式会社(めいてつかんこうバス)は、愛知県岐阜県三重県貸切バスを運行している名鉄グループのバス会社。本社は名古屋市熱田区神宮三丁目6番34号(名鉄神宮前駅西ビル8階)にある。

沿革[編集]

2008年平成20年)7月1日名鉄岐阜観光名鉄西部観光バス名鉄東部観光バス名古屋観光日急の3社を吸収合併し、同時に商号を名鉄観光バスに変更した[1]。本社は旧名古屋観光日急から引き継いでいる。合併により、観光バス事業者としては日本最大規模となった。

2012年(平成24年)2月20日、名古屋市中村区名駅一丁目2番4号名鉄バスターミナル10階から名古屋市熱田区神宮三丁目6番34号(名鉄神宮前駅西ビル8階)へ本社を移転[2]

これ以前の沿革は各社の沿革を参照のこと。

かつて運行されていた高速路線バス[編集]

現行の高速バス路線は、名鉄グループバス事業の再編のため、2009年(平成21年)2月1日より名鉄バスに移管された。

名神ハイウェイバス(京都線)
名神ハイウェイバス(神戸線)
グラバー号(夜行高速バス長崎線)
不知火号(夜行高速バス熊本線)

移管前に運行終了した路線[編集]

大宮・所沢 - 名古屋線
名神ハイウェイバス(大阪線)

車両[編集]

主に三菱ふそう製の車両と日野自動車製の車両が中心である。前述の4社が統一された際、会社としての観光バスの標準塗色を制定し、白を基調に青・赤・緑の帯がリボン風に描かれるが、既存の車両のカラー統一が行われなかったために同種の車両でも多数の塗装パターンが存在しており、中には前面の社名表記と側面の車番表記が名鉄観光バス仕様となっているものの、側面には合併前の旧社名が残ったままといったバスも存在している。

営業所[編集]

以下の営業所のほか、旅行センターがいくつかある。

  • 名古屋営業所(旧名古屋観光日急)
  • 刈谷営業所(旧名古屋観光日急)
  • 春日井営業所(旧名古屋観光日急)
  • 四日市営業所(旧名古屋観光日急)
  • 一宮営業所(旧名鉄西部観光バス)
    • 愛知県一宮市大和町妙興寺千間堂80-1
  • 岐阜営業所(旧名鉄西部観光バス)
    • 岐阜県岐阜市中鶉3丁目23-1
  • 岡崎営業所(旧名鉄東部観光バス)
    • 愛知県岡崎市大西町字渕田19-1
  • 豊田営業所(旧名鉄東部観光バス)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名鉄観光バス株式会社の営業開始について”. 名鉄観光バス. 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ 本社事務所移転のご案内”. 名鉄観光バス. 2016年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]