矢作建設工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
矢作建設工業株式会社
YAHAGI CONSTRUCTION CO., LTD.
Yahagi Construction Headquarter Office 20140728.JPG
矢作建設工業本社(2014年7月)
種類 株式会社
市場情報
東証プライム 1870
1995年12月25日上場
名証プレミア 1870
1982年5月24日上場
略称 矢作建設
本社所在地 日本の旗 日本
461-0004
愛知県名古屋市東区葵3丁目19番7号
北緯35度10分14.1秒 東経136度55分39秒 / 北緯35.170583度 東経136.92750度 / 35.170583; 136.92750座標: 北緯35度10分14.1秒 東経136度55分39秒 / 北緯35.170583度 東経136.92750度 / 35.170583; 136.92750
設立 1949年5月14日
業種 建設業
法人番号 6180001018506 ウィキデータを編集
事業内容 建設事業
不動産事業 等
代表者 代表取締役社長 髙柳充広
代表取締役副社長 名和修司
代表取締役副社長 織田裕
代表取締役副社長 髙田恭介
資本金 68億8百万円[1]
発行済株式総数 4460万7457株[1]
売上高 単体 901億43百万円
連結 1,066億15百万円
2021年3月期)[1]
営業利益 単体 49億24百万円
連結 73億62百万円
2021年3月期)[1]
純資産 単体 473億95百万円
連結 546億39百万円
(2021年3月期)[1]
総資産 単体 1,190億25百万円
連結 1,298億37百万円
(2021年3月期)[1]
従業員数 単体 845名、連結 1,163名
(2021年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 名古屋鉄道 19.1%
矢作建設取引先持株会 5.8%
りそな銀行 4.7%
三菱UFJ銀行 4.7%
山田商事 4.6%
(2021年3月31日現在)[1]
関係する人物 藤本和久(取締役会長
堀越哲美(元取締役)
外部リンク https://www.yahagi.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

矢作建設工業株式会社(やはぎけんせつこうぎょう、: YAHAGI CONSTRUCTION CO., LTD.)は、愛知県名古屋市東区に本社を置く東京証券取引所プライム市場上場の総合建設会社ゼネコン)である。略称は矢作建設。

概要[編集]

1949年5月創業。東海地方を中心に事業展開しているゼネコン。マンション建設や名古屋鉄道の軌道・高架化・駅舎などの鉄道関連工事を得意とする。また、建設事業だけでなく不動産事業も注力しており、子会社の矢作地所において、東海地方を中心に分譲マンションブランド「バンベール」シリーズの展開や、リソラ大府ソラト太田川などの商業施設の開発なども行っている。

また、防災減災分野にも強く、耐震補強工法の「ピタコラム」や「セスレット」に加え地山補強土工法の「パンウォール」などの独自技術を複数保有している。

2007年から2012年頃にかけては「ピタコラム」を中心とする耐震補強が事業の主力となっていたが、耐震補強市場の縮小に伴い2013年頃からは本業である土木・建築工事での拡大に注力し、建築工事では大型の物流施設や商業施設、土木工事では公共工事への取組みを強化している。

近年の実績としては、東海・北陸エリア最大規模となる物流施設「DPL名港弥富」をはじめ「イケア長久手」、「新東名高速道路新磐田スマートインターチェンジ工事」、「新東名高速道路御殿場インターチェンジ工事」などがある。また、不動産事業でも静岡県磐田市で工業団地を開発するなど不動産開発も強化している。

2020年度の売上高は過去最高の1066億円、営業利益は73億円、営業利益率6.9%と業界内でも高水準を維持しており高い収益力を持っている。なお、営業利益及び経常利益は2013年度から2019年度まで7期連続で過去最高を更新している。

沿革[編集]

事業所[編集]

矢作建設グループ[編集]

  • 矢作地所株式会社
  • 矢作ビル&ライフ株式会社(2019年4月1日、矢作葵ビル株式会社より商号を変更)
  • ヤハギ緑化株式会社
  • 株式会社テクノサポート
  • ヤハギ道路株式会社
  • スタイルリンク株式会社
  • 南信高森開発株式会社

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 有価証券報告書-第77期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)”. EDINET. 2017年4月19日閲覧。
  2. ^ 矢作建設、スタイルリンクを買収 竣工後の業務代行”. 日本経済新聞 (2019年4月8日). 2019年4月9日閲覧。
  3. ^ 分譲マンションのカスタマーサービス事業への参入について”. 矢作建設工業株式会社 (2019年4月4日). 2019年4月9日閲覧。

関連項目[編集]

  • メイカーズピア - GCDS JAPANと子会社の矢作地所が事業者となり、設計・施工を当社が担当。

外部リンク[編集]