名鉄資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 名鉄資料館
Meitetsu Memorial Museum
Meitetsu Shiryokan2008-1.jpg
施設情報
専門分野 名古屋鉄道
収蔵作品数 約33000点[1]
来館者数 2647人(平成23年度)[1]
管理運営 名古屋鉄道
開館 1994年(平成6年)
所在地 509-0208
岐阜県可児市川合北2-158
位置 北緯35度26分31.08秒 東経137度3分1.73秒 / 北緯35.4419667度 東経137.0504806度 / 35.4419667; 137.0504806
公式サイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM

名鉄資料館(めいてつしりょうかん)は、岐阜県可児市にある名古屋鉄道に関する企業博物館である。名古屋鉄道、及びその前身となった数多くの私鉄、バスに関わる資料を展示している。

名古屋鉄道創業100周年を記念し、1994年(平成6年)に名鉄教育センター(名鉄本体及びグループ企業の人員教育、動力車操縦者資格取得のための養成施設)の敷地内に開館した。敷地面積1,760m2、建物面積660m2[1]

館内[編集]

第1資料館[編集]

  • 第1資料室
    • 鉄軌道開業一覧パネル、文書、乗車券、沿線案内図、被服など。
  • OBサロン兼特別展示場
    • 椅子は、7000系特急専用車両(1982年~1987年に整備。車体に白帯が特徴)の座席を利用。
  • 閲覧コーナー

第2資料館[編集]

  • 第2資料室
    • 車両紹介、土木、電気、駅、運転などの機器類。鉄道模型(運転可能)。
  • 映像室

主な展示物[編集]

パノラマカーに装備されていた行先表示板

車両の展示はない。

アクセス[編集]

利用案内[編集]

  • 開館時間 10:00~17:00
  • 休館日 土・日曜日、祝日、年末年始など(臨時休館する場合あり)
  • 事前予約制。但しゴールデンウィーク、夏休みなどで、特別展示を行う際は、事前予約がなくても入館可能な場合がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 国内の主な鉄道展示施設リスト (PDF) (新津鉄道資料館活性化検討委員会、新潟市)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]