名鉄インプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社名鉄インプレス
Meitetsu Impress Co., Ltd.
Meifis Meieki Building 20150819.JPG
本社が入居するメイフィス名駅ビル(2015年8月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅四丁目26番25号 メイフィス名駅ビル4階
北緯35度10分6.4秒
東経136度53分13.2秒
座標: 北緯35度10分6.4秒 東経136度53分13.2秒
設立 2003年平成15年)10月1日
業種 サービス業
法人番号 7180001018777
事業内容 アミューズメント事業、文化テーマパーク事業、ライフソリューション事業
代表者 代表取締役会長 河野英雄
代表取締役社長 伊藤博司
資本金 4億9000万円
売上高 41億40百万円(2011年実績)
主要株主 名古屋鉄道(株) 100%
外部リンク http://www.meitetsu-impress.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社名鉄インプレス(めいてつインプレス、: Meitetsu Impress Co., Ltd.) は、名古屋鉄道株式会社(名鉄)文化レジャー事業部の分社化により設立された連結子会社で、レジャー施設の運営を行う企業である。社名の「インプレス」(英:Impress)は、和訳で“感動”を意味する。なお、IT専門出版社であるインプレスとの関係はない。

概要[編集]

2003年平成15年)1月に名鉄が発表した経営合理化策において、不採算部門とされた同社のレジャー部門をグループ経営により合理化を図ることを目的に発足した。同社の直営施設である南知多ビーチランド日本モンキーパークの資産・経営権を譲受し、それ以外の名鉄の直営レジャー施設は所有者から受託運営の形で営業されている。なお、同年11月に閉園・廃業した内海フォレストパークは移管されず、名鉄の直轄下で閉園となった。

運営施設の広告・チラシ類は電通名鉄コミュニケーションズが製作している。

沿革[編集]

主な運営施設[編集]

テーマパーク[編集]

アミューズメント[編集]

文化施設[編集]

名古屋鉄道より運営委託されている。

ライフソリューション[編集]

  • 名鉄カルチャースクール神宮前(旧:熱田の森文化センター、2015年4月改称)
  • 名鉄コミュニティサロン西春
  • 名鉄コミュニティサロン植田
  • 名鉄スイミングスクール

指定管理業務[編集]

クレジット決済[編集]

2006年(平成18年)6月1日より、博物館明治村・野外民族博物館リトルワールド日本モンキーパーク南知多ビーチランドQUICPay対応のCAT端末(CARDNET)を導入し、クレジット決済の取扱開始。ただし、館内売店等の大半は(明治村は全店舗)設置されておらず現金払いのみ。

名鉄インプレスカード[編集]

セディナCFメディアカードハウスカード)との提携カードとして「名鉄インプレスカード」がある。テーマパーク施設で提示することにより当日券の割引が受けられ(現金支払いのみ)、名鉄メディアカード(ハウスカード)として、名鉄線の定期券等をクレジット決済することが可能。クレジット利用者を対象に南知多ビーチランドなどの無料招待券が年2回、明細書に同封される特典があったが、2013年発行Media通信10月号「342」にて同年8月実施分にて無料招待サービス終了との告知がされた。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸市立須磨海浜水族園 指定管理事業への参入について(2009年12月10日、ウエスコ・ニュースリリース)

外部リンク[編集]