保見団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
保見団地

保見団地(ほみだんち)は、愛知県豊田市保見ヶ丘にある住宅団地[注釈 1]知立市知立団地同様に外国人(特に南米出身者)の居住率の高い団地として知られている。

一般的には「保見団地」と呼ばれるが住所は全地域が「保見ヶ丘(ほみがおか)」となっており、郵便番号は全域に於いて地域固有の〒470-0353。町域は1丁目~6丁目、山を隔て北に篠原町、東は乙部ヶ丘、西から南にかけて森林地帯と新池・大池を隔てて東保見町と隣接。また長久手市やみよし市にも比較的近い。団地内は造成開始当初から極一部を除きほぼ全域が第一種低層住居専用地域或いは第一種中高層住居専用地域に指定されており、2022年現在迄変更されていない為、大型施設や店舗の出店等に大幅な制約があり、公園以外は極一部の商業地域に小規模な施設があるのみとなっている。

歴史[編集]

豊田市が人口増加に対応するために造成し、1977年昭和52年)頃に入居・分譲が開始され最盛期には約12,000人余りの住民を擁した。2018年(平成30年)現在では団地内に住む外国籍住民は全住民の約55%にのぼり[1][2][注釈 2]豊田市立西保見小学校は外国人児童比率が約70%にも達する[3]

1980年代後半から、同市周辺の主に自動車関連企業へと出稼ぎに来たブラジル人が多く住むようになる。その後も増え続け、同団地はブラジル人ペルー人ボリビア人を中心に、南米出身者が多く住むようになった[注釈 3]。そのため同団地に住む日本人と彼らとの間に、言語の違いや文化的な価値観の違い、犯罪の多発(主に暴走族等によって)、更に日本法律や生活に関する取り決めなどを守らないなど、様々なトラブルや問題が起きるようになる。その結果、両者の間には軋轢が生じることとなった。

1990年代に入ると、右翼関係者、並びに日本人住民とブラジル人との対立が次第に激化。1999年平成11年)には、機動隊が出動するという暴動寸前の事態まで発生した[4]。これを受けて、自治体の対外国人行政が飛躍的に進むこととなった。更に現在では、NGO[5]ボランティア団体などが団地内で外国人住民への教育や、外国人住民と日本人住民との積極的な交流促進活動が行われるようになった。最初期の分譲開始から既に50年以上経過しているが、未だに建て替えの話は出ず、耐震補強するに留まっている。

概要[編集]

団地は小高い丘の上に段状となっており、外から来ると団地内は上り坂となる。下から順に愛知県住宅供給公社の「県営」(主に4丁目)、団地内唯一の商業地域を挟み中段でUR(建設当時は住宅公団)の「公団」(主に5丁目)及び「六区」(主に6丁目)、周回道路を挟み戸建て区域の「緑苑」(主に1~3丁目)が最上段となる。隣接する東保見町にある「東保見町池下」交差点を起点に東保見町内を経由して周回道路が各地区を結び、その内側が5丁目と6丁目(公団及び六区)、それを取り囲むように外側が1~4丁目(緑苑及び県営)となっている。緑苑と県営の境目に乙部ヶ丘へと分岐する道路があり、団地内にある豊田市立東保見小学校を挟み乙部ヶ丘と隣接している。乙部ヶ丘とは中学校区は別になるが小学校区は同じである。団地内には小学校が2校あるが、入居した地区により校区が分けられており選択入学は不可。

4つの地区それぞれに独立した自治会が存在し、県営地区と公団地区は更に各棟毎に細分化されており、原則として入居した棟の自治会に強制加入となる。同じ団地内であっても他地区の自治会は別地区扱いとなり、団地内にある各自治区の集会所もそれぞれが分かれている他、豊田市の地域委員会(民生委員・民生児童委員)も各自治会からそれぞれ別個に委員を出す事になっている。積極的に活動を行っている自治会もあればそうでない自治会もあるなど地区による差が激しく、また近年では保見団地夏祭り以外、自治会が協力して行う行事等も少なくなって来ている。

県営住宅は全25棟で殆どが賃貸棟、公団住宅は全42棟で賃貸棟と分譲棟がほぼ半々で混在している。県営・公団両地区共に主に70年代~80年代にあったいわゆる「団地タイプ」の集合住宅が多く、公団地区のうちの数棟は中層マンションとなっており、近年におけるいわゆる高層マンションやタワーマンションはない。各建物は「棟」又は「号棟」と呼ばれ各棟に棟番号が割り振られているが県営地区と公団地区では番号が連番になっておらず、棟番号でどちらの地区か一目で分かる様になっている。各棟毎に棟長や組長がおりローテーション制で、日系人世帯でも日本語をある程度話せて日本人と通訳なしでコミュニケーションを取れる人はローテーションに組み込まれる為、年に依っては日系人が棟長や組長になる棟もある。嘗ては近隣に同様の大規模団地がなかった為、最盛期の人口は1万人を超えていたが、近年は浄水地区等、近隣の宅地開発が進んだ事で移住する者も出始め、人口は8500人程度に減っている。近年は他の団地と同様に急速な高齢化と人口減少に悩まされているが、1990年代の対立抗争以降、日本人の入居希望者は年々減り続けている一方で、依然として日系人の入居希望者は多い。特に日本人の入居希望者は主にリタイアした高齢者だが、日系人入居希望者は比較的若い世代のファミリー層が多くなり、1990年代以前は将来的な帰国を見据えて賃貸棟に入居する日系人が大半を占めたが、2000年代に入り永住を決め家族で分譲棟に入居する日系人も増えた事もあってか、とりわけ賃貸棟を中心に空室が目立つようになってきている。

自動車の保有率が高く、子供が成人し新たに免許を取得するなどした事で1世帯で複数の自動車を所有する世帯も出始めた。駐車場は棟毎に青空駐車場が用意され各戸に割り当てられているが、原則1世帯1台分の為、2台目以降の駐車場は自ら探さねばならず、1990年代から路上駐車が増えてバス等交通に支障を来す様になった。2000年代初頭にかけてほぼ全域の道路を駐車禁止区域とした事で路上駐車はなくなったが、これにより却って各棟で駐車場が慢性的に足りなくなる事態が頻発するようになり、隣接する公園等を潰して駐車場を増設する棟も出始めたが、車の所有台数に比して駐車場の用地が圧倒的に足りず、一部の棟を除き全く追い付いていないのが現状である。また用途地域の制約により団地内に大型の商業施設やコンビニエンスストアがなく、生活の殆どを浄水等の近隣地域に依存しており、コンビニへ買い物に行くだけでもバスか車を使用しなければならない。最寄り駅である愛知環状鉄道保見駅からも約1㎞超離れており、団地内から同駅や名鉄豊田線浄水駅、豊田市駅へのバスも団地内を通るが本数が少なく、時間に依っては電車と合わず不便である為、自動車は生活に必要不可欠である。また、県営・公団の各棟はバスが通る周回道路から枝分かれして建っており、各棟を繋ぐ道路は狭く複雑に入り組み、場所に依ってはすれ違いが不可能な事から一方通行や袋小路が多く、時として団地外からやって来る大型車の通行に度々支障を来すなどしている。その道路網の複雑さと道路幅の狭さから殆どの宅配サービス(主に宅配ピザやネットスーパー等)が配達区域外となっており、それが拍車をかけて高齢者でも益々車を手放せない状況が続いている。

近年では造成開始以来からの個人商店が後継者不足により引退したり死亡したりする等で店を畳む事もあるが、かといって新たに店を開業する者もほぼなく衰退の一途を辿る一方であり益々近接地域への依存度が高くなっている。また、1990年代の対立と2000年代の和解以降、共生を目指してきたが、結果として日本人と外国人のコミュニティは完全に分離してしまい、共生ではなく棲み分けに近い状態となってしまっている等、これらの要因も相俟って、特に日本人側のコミュニティに於いて急速な高齢化が進んでいる。

県営住宅・公団住宅共に入居・分譲開始から各棟45~50年が経過しつつあるが、未だ大規模な建て替えは行われていないままであり、各棟がそれぞれ耐震補強するに留まっている。その為、設備等も当時のままとなっており、リフォーム等を行っていなければ未だに浴室がバランス釜になっている部屋もある一方で用途地域の制約からか大型の商業施設等の制約も大きい為、再開発なども行われないまま高齢化と人口減少が進む一方となり地域の活性化が課題となっている。

2010年頃になり漸く団地内ほぼ全域に光ケーブルが通り中継局も作られたが、それまではADSL回線であった。豊田市のケーブルテレビ「ひまわりネットワーク」は回線が来ておらず視聴出来ない。

交通[編集]

とよたおいでんバスが団地内と愛環線保見駅名鉄豊田線浄水駅・名鉄三河線豊田市駅、隣接する乙部ヶ丘とを結んでいる。団地内にバス停は数ヶ所あり、周回する形で片方向回りとなっている。団地の入口にある「東保見町池下」交差点から保見駅までは徒歩10分程度である。

主な施設[編集]

公共施設[編集]

  • 豊田保見ヶ丘郵便局 - 保見団地内にある特定集配局。郵便番号は〒470-0353で豊田北郵便局の配達エリア内。ゆうちょ銀行ATMは1台のみ。団地外にある保見郵便局とは別。
  • 保見運動広場 - 団地内にある運動場で通称は「保見グランド」。毎年行われる保見ヶ丘夏祭りを始めとした地域内のイベント会場としても使われる。2010年頃照明が設置されナイター対応となった他、隣接のテニスコートも2000年頃にリニューアルされた。

学校・教育施設[編集]

  • 豊田市立東保見小学校
  • 豊田市立西保見小学校
  • 豊田市立保見中学校(団地外) - 団地内にある東保見小学校及び西保見小学校の両校の他、近隣(団地外)の伊保小学校と大畑小学校も保見中学校区となる。但し東保見小学校区のうち乙部ヶ丘に限り猿投中学校区となる。
  • 社会福祉法人清心会 東保見こども園
  • 大好学園 幼保連携型認定こども園保見ヶ丘幼稚園

医院等[編集]

  • 保見診療所
  • 保見団地歯科診療所
  • かとう歯科保見ヶ丘クリニック

商業施設・商店・喫茶店[編集]

  • FOXタウン保見店(フォックス・マートを中心とした小規模な複合施設。日系人向けのテナントが多く、1Fがピロティ式の駐車場、2Fにフォックス・マートが入り3Fはテナント街、屋上がフットサルコートになっている)
  • 巫女し
  • 杉山酒店 - 後継者不在により2021年6月頃閉店、これによりヤマト運輸の取扱も終了した。自販機と郵便ポスト及び公衆電話のみ店外に残されている。
  • 予約専用日本茶カフェ みるる - 2020年4月、保見ヶ丘2丁目に移転開業。移転前は梅坪にあり、当時から人気店だったとの事。
  • チコム保見 - 主にパナソニック製品を扱う電器店で嘗てはナショナル製品を取り扱っていた。後継者不在により一旦は閉店したがすぐに後継者が現れ再開した。隣にクリーニング店を併設。
  • ファミリーマート豊田保見ヶ丘店 - 店名は「保見ヶ丘店」となっているが団地外。2018年頃に改装を経てリニューアルした。フランチャイズではなく本部の直営店。
  • セブンイレブン豊田東保見町店 - 保見団地から最寄りのコンビニだが団地外。旧有限会社サントミ保見。当初はこの場所がファミリーマートだったが、後にセブンイレブンに鞍替えした。2013年頃に改装工事を経てリニューアル。

嘗ては名古屋銀行保見支店があったが浄水に新設移転し現在はATMのみFOXタウン内に設置されている他、団地内各地に遊具付の公園が点在している。1997年頃迄は個人商店の八百屋、2000年頃迄名鉄パレがあった。団地内にコンビニエンスストアはない。

美容室・理髪店等[編集]

  • 和田とこや
  • 保見ヘアーサロン
  • ビューティーサロンユミ
  • 美容室LOOP

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 棟番号が1 - 20番台は県営保見団地、100番台はUR(旧・公団)保見団地。
  2. ^ IKEA長久手は当団地から比較的近いゆえか、多くのブラジル人が買い物に来ている。
  3. ^ 南米系のみならず、フィリピン人なども多く住んでいる。

出典[編集]

  1. ^ 保見団地はこんなところ:豊田市在住外国人に関する各種データ<出所:豊田市 自治振興課>(NPO法人保見ヶ丘国際交流センター)
  2. ^ 豊田市外国人データ集 豊田市経営戦略部国際まちづくり推進課
  3. ^ 学校紹介 豊田市立西保見小学校
  4. ^ 「外国人と日本人の対立 団地緊張、愛知県警が出動 豊田 付近で車放火も」 1999.06.08 中日新聞朝刊社会面
  5. ^ NPO法人保見ヶ丘国際交流センターのページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度08分49.6秒 東経137度08分13.1秒 / 北緯35.147111度 東経137.136972度 / 35.147111; 137.136972