日本食糧新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本食糧新聞
種類 隔日刊
サイズ ブランケット判

本社 東京都中央区
代表者 代表取締役会長CEO 今野正義
代表取締役社長 松本講二
創刊 1943年1月1日
言語 日本語
価格 月極 半年30,882円・1年61,764円
発行数 94,500部
ウェブサイト http://info.nissyoku.co.jp/
株式会社日本食糧新聞社
JAPAN FOOD JOURNAL CO.,LTD.
本社所在地 日本の旗 日本
〒103-0028
東京都中央区八重洲1-9-9
東京建物ビル5F
事業内容 日本食糧新聞、日食外食レストラン新聞、百菜元気新聞、月刊食品工場長、食品新製品トレンドなどの定期刊行物をはじめ各種出版物の発行
設立 1946年12月28日
業種 情報・通信業
資本金 8,000万円
従業員数 130名(2012年9月末現在)
決算期 9月
主要子会社 株式会社日本出版制作センター
ニッショク映像株式会社
テンプレートを表示

日本食糧新聞(にほんしょくりょうしんぶん)は1943年1月に創刊した食品に関する業界の専門紙

概要[編集]

日本食糧新聞社が発行し、毎週の隔日刊で発行。ページは14ページ、ブランケット判の体裁をとる。購読料は半年30,882円(税別)、一年61,764円(税別)[1]

関連番組[編集]

日食サテライト『フードジャーナル21』(略称:FJ21)

日本食糧新聞社が独自の視点で食品に関する最新情報を伝える報道番組。毎月1回制作されている。同紙の関連会社「ニッショク映像」が制作し、CS放送食&健康バラエティ★フーディーズTVを通じて放映されているほか、この番組の公式サイトでも動画配信が実施されている。当初25分番組だったが、2008年1月号からは14分に短縮され、2008年3月号をもって終了。同年4月からは『フードジャーナル』としてリニューアルされ、インターネットのストリーミング放送のみに縮小された。

脚注[編集]

  1. ^ 日本食糧新聞:内容紹介”. 2014年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]