神社新報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神社新報
種類 週刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 神社新報社
本社 東京
代表者 高山亨
創刊 1946年昭和21年)7月8日
言語 日本語
発行数 5万部(平成21年)
ウェブサイト http://www.jinja.co.jp/
株式会社 神社新報社
本社所在地 日本の旗 日本
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-1-2
業種 情報・通信業
資本金 2,000万円
売上高 2億6,800万円(平成21年)
従業員数 15人
テンプレートを表示

神社新報(じんじゃしんぽう)とは、神社新報社が発行する神社業界に関する専門紙

概要[編集]

神社本庁機関紙の要素が強く、全国各地の神社で行われた祭礼行事、これに関連する記事を中心に扱っている。月4回、毎週月曜日に発行[1]1946年昭和21年)7月8日創刊[1]。同年8月15日第三種郵便物認可。

主な読者は、神社本庁に属している神社や神職であるが、一般の者も少なからず存在する。

現代仮名遣いを「文法的に考えて欠陥が多い」として反対しているため、記事の本文が歴史的仮名遣で記載されている[1]。なお、漢字新字体を用いている。

記事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 神社新報社>会社案内
  2. ^ 神社新報、2014年12月8日
  3. ^ 神社新報2010年4月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]