全国神職会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

全国神職会(ぜんこくしんしょくかい)は、1898年(明治31年)に設立された、国体を闡明して神社の興隆と神職の向上発展を図ることを目的とする団体である。のちに、大日本神祇会と改称し、1946年宗教法人神社本庁の成立ともに解散し、前身組織の一つとなる[1]

概要[編集]

会員は伊勢神宮をはじめ官国幣社以下全国の神社に奉仕する神官神職約15000名である。 ほかに神社行政に関係する官吏、学識経験者あるいは本会に功労のある者などを名誉会員または特別会員に推薦する。 事務所は皇典講究所(麹町区飯田町。大正12年から渋谷区若木町)にあったが、昭和7年、会長江木千之らの努力で東京市渋谷区若木町11番地に会館が建設され、そこに移った。 理事15名(うち会長1名、副会長2名)、監事3名の役員が置かれ、議決機関である評議員は庁府県、朝鮮台湾樺太および関東州を区域とする各地方の神社団体から選出される。 事業は神社に関して必要な事項の調査研究、国体観念、敬神思想の涵養に必要な教化施設、その他神職の養成、表彰、互助などであり、機関誌は『全国神職会会報』、のち改題して『皇国』、さらに改題して『皇国時報』(旬刊)がある。

歴史[編集]

1882年(明治15年)以後、明治政府による神社制度をめぐる改革機運のなかにその起源を持ち、1889年(明治22年)には神祇官復興の世論によって神職の連盟である「神官同志会」が結成され、一連の運動のなかで、1898年(明治31年)に全国神職会が組織された。 それ以来、主として神祇に関する特別官衙の設置を主張し、また皇典講究所の存置に努力が払われた。 その後地方神職団体ならびに有力神社の拠出金によって基金が積み立てられ、大正15年、財団法人が創立された。 昭和5年、会館建設の議が起こり、宮内省御料地である敷地の払い下げを受けて、篤志家の寄付金によって昭和6年、会館建設に着手したところこのことを天聴に達し、昭和7年2月11日、紀元節にあたって特別の思し召しで下賜金を拝受した。

1946年に宗教法人神社本庁の設立ともに解散し、皇典講究所神宮奉斎会とともに統合された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 松本久史 2011, pp. 80-81.
  2. ^ 神社本庁研修所 2005, pp. 252-253.

参考文献[編集]